一軍ジグトレーラー (スイムジグ編)

Pocket

一軍ジグトレーラー(カバージグ編)

一軍ジグトレーラー(フットボール編)

一軍ジグトレーラーを紹介。カバージグ、フットボールジグに続き、今回はスイムジグ編です。

スイムジグ トレーラー デスアダーグラブ

 

 

デプス/デスアダーグラブツインテール

僕のスイムジグの釣りのメインベイトであり、基準ともなっているのが

フラットバックジグ3/8+デスアダーグラブツインテール

のコンビネーションです。

スイムジグ トレーラー デスアダーグラブツインテール

(バサーより)

この組合せは、デプスの奥村さんも”ゴールデンコンビ”と言うほど。

デスアダーグラブツインは、ソフトベイトの中でも最強レベルの波動を出し、強い引き抵抗(気持ちいいレベルで)を出してくれます。

肉厚のテールが強く水を搔き回しながらバスにアピールします。イメージとは、横着なギルがオラオラと挑発しながらシャローを横切っていく、みたいな。

自重のある扁平ボディが、トルクのある安定したスイム姿勢をキープ。カバーに当たった後の復元力、カバーを掻き分けて動くパワーが有ります。

スイムジグ トレーラー デスアダーグラブ

(@小野湖の2K fish)

すると、こういうバスが襲ってくるという寸法です。

デプス トレーラーキーパー

(デプストレーラーキーパー)

ワームに結構な自重があるので、トレーラーキーパーを装着してズレないようにしています。

似たようなアイテムで、フィナのフックに付けるタイプのものも使用していました(こちらの方が脱着が楽だったので、但し、自重のあるワームのホールド力はそこまで無いように思えた)が、デプスのトレーラーキーパーに戻ってきました。

デプス ジグ トレーラー

(奥村氏のブログより)

装着したらこんな感じです。この辺のジグのセッティング等については、また別の機会に書こうと思います。
 

 

 

スイムジグ トレーラー バルビュータ

デプス/バルビュータ

またしてもデプス社のワーム。デスアダーグラブツインに比べてシルエットは二回りくらい小さい。

こちらは、より浅い所を引きたい時や、よりスローに引きたい時に使用する1/4oz class のジグに合わせるトレーラーです。

または、デスアダーグラブツインテールより弱くしたい時や、サイズを問わずとにかく魚を釣りたい時に使ったりします。

このワームの2本の鎌テールと逆テーパーリブにより、コンパクトなボディでもしっかり水を掴んで動かしている感じがします。引き抵抗もしっかりあります。

スイムジグは引き抵抗があった方が、バイトも取り易いし、やり続けれますからね。

バルビュータ マツラバ スイムジグ

バルビュータ+マツラバ(ハニスポSP)丸飲みです。これは、春の遠賀川の大会の、プラで釣った2K弱の魚で、1m以浅のエリアを丁寧に引くイメージで使用し、ヒットさせました。

遠賀川 バス釣り 大会

そのまま翌日の大会も、ほとんどの時間を、バルビュータ+マツラバの釣りで通した所、良い魚が獲れ、優勝出来ました。ミッド〜アフターの状況で、強すぎず、弱すぎないバルビュータがマッチしていたように思います。

エサ持ちはなかなか良く、ワーム単体の重さもそんなに無い為、こちらはトレーラーキーパーは装着せずにそのまま使用している。こちらも扁平ボディが採用されています。

水を動かすトルクが欲しい➡ワームに自重を持たせる➡バルキーにするとフッキングに問題有り➡扁平ボディーになる
みたいな個人的推測でございます。

 

 

スイムジグのトレーラーは、以上の2つがメインとなります。

スイムジグ トレーラー ワンナップシャッド
 

バリエーションとして最近使用しているのがシャッドテール系のワンナップシャッドです。

ベイトフィッシュライクなモノに反応が良い時に使用しています。
スイムジグをフォールベイト的にも使っていく場合には、デスアダーグラブツインやバルビュータの方をセレクトします。

このシャッドテール系のスイムジグでのセッティングは今後研究していきたい課題の一つです。

ちなみにシャッドテール系単体使用の、NSスイミング、TXスイミングについては、一時期ハマって研究した事があり、結構使い込んだ経験があります。シャッドテール系は究極のナチュラルだと思っていて、こちらも是非マスターしたいジャンルです。

以上、一軍ジグトレーラー(スイムジグ編)の紹介でした。


・追記(2016年4月10日)

スイムジグについて&実釣動画をアップしましたのでこちらもよろしくお願いします。


 

・追記

スイムジグトレーラーについての良い水中映像動画が有るのでコチラで紹介させていただきました。


 

■おまけ

スイムジグ オメガジグ 自作

1/4oz class のスイムジグの、メインで使用しているのが、この「オメガジグ」。このヘッドにラバーを自分で巻いて使っています。別にこれじゃなきゃ、って感じでも無いんだけど、安いし、特に問題も無いので、これを使っています。3/8ozは、ポイントポイントで、普通のジグ的にも(カバーをフォール&ステイで誘ったりとか)使いたいので、フラットバックジグを使用しています。

 



Pocket

ニューマシン 導入… 釣り車etc

Pocket

image

ニューマシン導入から一ヶ月で3700キロ突破…。

ある人は言った。釣果はガソリン代に比例する、と。

してねえし!

これはもっと走れという事か。
二ヶ月目はもっと走るか…!
(誰か僕を止めて下さい)

image

(先代のマシン@松原ダム)
先代はお気に入りの釣り車でした。

今のは、ある意味最強かも?なお気に入りです。Hotel α do (笑)

Pocket

ジャバロンで川のおかっぱり

Pocket

28sun
夕練おかっぱり
@市街地小規模河川

wpid-dsc_0950.jpg

1fish,1miss.小さなバスくんが遊んでくれました。
ジャバロン140?の3/32TXのただ巻きで来ました。

wpid-dsc_0948.jpg

ブルーマイスター+フロロ14lb

ジャバロン、相方が使ってたのを見て、初めて使ったんだけど、コレいいね~。今更ですけど。びっくりするくらい針もち悪いけど。

wpid-dsc_0942.jpg

この市街地小規模河川は、高校の頃に行っていた川。

wpid-dsc_0952.jpg

自宅から一時間半かけて高校に通っていたのですが(よくもまあそんな遠い所選んだよな…)、この川は通学路沿いに有り、この看板のポールの中にロッド隠してまして、登校前に釣りしてから学校行ってました(笑)
朝も早かったのですが、+αで早起きして釣り行ってました。その当時から、寝ずにバス釣り、ですね。完全にバ○です。

そんな感じで懐かしい思いに駈られるこのフィールドなのですが、そこそこ良いサイズも居るらしいし、久しぶりに来てみるとなかなか面白い。

ラストはビック狙いでロイヤルフラッシュjrを投げていくと、でっかい影が追ってきて、ジュボッ!! ライギョでした。ノラなくて良かった…。ライギョ触りきらん。

ビックは次におあずけとなりましたが、楽しい夕練でした。

Pocket

一軍ジグトレーラー2(フットボール編) 

Pocket

一軍ジグトレーラー (カバージグ編)

前回の一軍ジグトレーラー(カバージグ編)の続きです。

ボトム・ディープ攻略やマンメイドの釣りに欠かせないフットボールジグ。

それに合わせるトレーラーは3/8oz〜1/2ozに合わせる小さめサイズ、1/2oz〜3/4ozに合わせるレギュラーサイズの二つに分かれます。

まずは小さめサイズの紹介。

ジグ トレーラー キッカーバグ

エバーグリーン/キッカーバグ3.5

このトレーラーは良く釣れます。相方も「おったなバグ3.5は良く釣れる」と二人して使っています。ボートに乗り始めたばかりの時に、真夏のリザーバーでディープから抜いた思い出深い50upの魚を釣った時のルアーが、フットボール+キッカーバグ3.5だった。もしかしたら、その時から好きになったのかもしれない。使う理由はズバリ、釣れるから。です。

 

ジグ トレーラー ドライブクロー

 

 

OSP/ドライブクロー3

言わずと知れた、釣れ筋ワームです。

 

遠賀川 テトラ フットボール

夏のCBACでリミットメイク&BF賞を、遠賀川のテトラで決めた時のルアーが、3/8ozフットボールとこのワームのコンビでした。フォール、ステイ、スイミング、何れにも高次元に対応するスーパーワームです。でも、とある理由から最近はあんまり使っていない。よく釣れるワームです。

 

以上2つが小さめ系のフェイバリット。

 

続いてレギュラーサイズのトレーラーを紹介。

ジグ トレーラー キッカーバグ

 

 

エバーグリーン/キッカーバグ4.5

こちらは大きい方の”おったなバグ”。カバージグ編でも登場しましたね。

 

キャスト杯 フットボール 春

 

春のキャスト杯@小野湖でBF賞次点の魚を釣ったのが1/2ozフットボール+キッカーバグ4.5。

ステイ時の”水流を掴んで動いてくれてるだろう”感は、コイツが一番。コンフィデンスを持ってロングステイさせる事が出来ます。フットボールはステイがちょ〜大事ですからね。カバーにぶち込む訳では無いので、パーツが壊れ易いというコイツの泣き所も無視出来ます。

 

フットボールジグ ブラッシュホッグ ジグ

 

■番外編1

カバージグではmy定番化したブラッシュホッグもフットボールとのセットでいけそうな予感です。昨日の丸山ダム釣行ではバイトをもらうがノセきれず。レギュラーサイズのキッカーバグ4.5との使い分けバリエーションとして、今後使用頻度が増えていくかも。

追記:こちらのコンビで山口県の丸山ダムで2200gのデカバスをGETしました!

 

 

ジグ トレーラー エスケープツイン

 

■番外編2

myコンフィデンスワームのエスケープツインは、今まではフットボールとの組み合わせで使う事を余りしていませんでしたが、このコンビネーションも釣れそうなニオイがプンプンしますね。エサケープツインと一部では呼ばれているくらい釣れ釣れワームです。 レギュラーと小さめの中間の強さって感じで使えそう。

 

カバージグのトレーラーに比べて、フットボールのトレーラーにはあまり拘っていないのかも。

何となくで付けたものが、よく釣れているので、そのまま使い続けているといった感じが多い。どのワームも、リズムを壊さないエサ持ちの強さ、付けっぱなしでも針が錆びない、という、個人的に絶対なラインはクリアしています。
また、フットボールはストンと落としてリアクションさせたいので、抵抗の大きすぎるワームはセレクトしていないというのが特徴でしょうか。それと、ステイ時にコンフィデンスが持てる動きが出る、という点はカバージグの時と同じ基準になっています。

以上、フットボールジグのトレーラーベスト3+αでした。

次はスイムジグです。

一軍ジグトレーラー (スイムジグ編)



Pocket