フットボールジグ トレーラー キッカーバグ

一軍ジグトレーラー2(フットボール編) 

Pocket

一軍ジグトレーラー (カバージグ編)

前回の一軍ジグトレーラー(カバージグ編)の続きです。

ボトム・ディープ攻略やマンメイドの釣りに欠かせないフットボールジグ。

それに合わせるトレーラーは3/8oz〜1/2ozに合わせる小さめサイズ、1/2oz〜3/4ozに合わせるレギュラーサイズの二つに分かれます。

まずは小さめサイズの紹介。

ジグ トレーラー キッカーバグ

エバーグリーン/キッカーバグ3.5

このトレーラーは良く釣れます。相方も「おったなバグ3.5は良く釣れる」と二人して使っています。ボートに乗り始めたばかりの時に、真夏のリザーバーでディープから抜いた思い出深い50upの魚を釣った時のルアーが、フットボール+キッカーバグ3.5だった。もしかしたら、その時から好きになったのかもしれない。使う理由はズバリ、釣れるから。です。

 

ジグ トレーラー ドライブクロー

 

 

OSP/ドライブクロー3

言わずと知れた、釣れ筋ワームです。

 

遠賀川 テトラ フットボール

夏のCBACでリミットメイク&BF賞を、遠賀川のテトラで決めた時のルアーが、3/8ozフットボールとこのワームのコンビでした。フォール、ステイ、スイミング、何れにも高次元に対応するスーパーワームです。でも、とある理由から最近はあんまり使っていない。よく釣れるワームです。

 

以上2つが小さめ系のフェイバリット。

 

続いてレギュラーサイズのトレーラーを紹介。

ジグ トレーラー キッカーバグ

 

 

エバーグリーン/キッカーバグ4.5

こちらは大きい方の”おったなバグ”。カバージグ編でも登場しましたね。

 

キャスト杯 フットボール 春

 

春のキャスト杯@小野湖でBF賞次点の魚を釣ったのが1/2ozフットボール+キッカーバグ4.5。

ステイ時の”水流を掴んで動いてくれてるだろう”感は、コイツが一番。コンフィデンスを持ってロングステイさせる事が出来ます。フットボールはステイがちょ〜大事ですからね。カバーにぶち込む訳では無いので、パーツが壊れ易いというコイツの泣き所も無視出来ます。

 

フットボールジグ ブラッシュホッグ ジグ

 

■番外編1

カバージグではmy定番化したブラッシュホッグもフットボールとのセットでいけそうな予感です。昨日の丸山ダム釣行ではバイトをもらうがノセきれず。レギュラーサイズのキッカーバグ4.5との使い分けバリエーションとして、今後使用頻度が増えていくかも。

追記:こちらのコンビで山口県の丸山ダムで2200gのデカバスをGETしました!

 

 

ジグ トレーラー エスケープツイン

 

■番外編2

myコンフィデンスワームのエスケープツインは、今まではフットボールとの組み合わせで使う事を余りしていませんでしたが、このコンビネーションも釣れそうなニオイがプンプンしますね。エサケープツインと一部では呼ばれているくらい釣れ釣れワームです。 レギュラーと小さめの中間の強さって感じで使えそう。

 

カバージグのトレーラーに比べて、フットボールのトレーラーにはあまり拘っていないのかも。

何となくで付けたものが、よく釣れているので、そのまま使い続けているといった感じが多い。どのワームも、リズムを壊さないエサ持ちの強さ、付けっぱなしでも針が錆びない、という、個人的に絶対なラインはクリアしています。
また、フットボールはストンと落としてリアクションさせたいので、抵抗の大きすぎるワームはセレクトしていないというのが特徴でしょうか。それと、ステイ時にコンフィデンスが持てる動きが出る、という点はカバージグの時と同じ基準になっています。

以上、フットボールジグのトレーラーベスト3+αでした。

次はスイムジグです。

一軍ジグトレーラー (スイムジグ編)



Pocket

「一軍ジグトレーラー2(フットボール編) 」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です