@丸山ダム2015cast杯プラ【詳細】

6 sat
@丸山ダム 2015cast杯前日プラ
サウザージョンで出撃。

image

午前は犬を病院に(定期検診)連れて行き(笑)

image

丸山に浮いたのは14:30。本日で二回目の丸山です。

翌日の大会に向けてのプラクティスです。

先月、初めて浮いた時、シャローは無だったので、時間もありませんので、ミドル~ に絞り、エリアを広く早く見ていく。そこまで大きなフィールドでは無いので、エレキのみでも、半日あればほぼ全域を周れると思います。

image

 

サーチリグのオーバルヘッドジグ1/2+ブラッシュホッグで1700g

本湖と西湖を分ける一番大きな岬の7mで。

なんとなく、雰囲気で西湖を切り捨て、本湖をまわる。

 

image

 

本湖の、本番で船団が出来ていた取水塔で50くらいの1570g

水深12mの取水塔の際にパルスコッドを入れ、ジャーク&ステイさせると、ステイで水面炸裂。

image

 

パルスコッド丸のみです。楽しいです。

image

 

プラどうのこうのの前に満足しました(笑)

二ヶ月前くらいに導入したウォーリアーツアーの入魂フィッシュとなりました。プラグ用に買った竿だけど、あんまりプラグ使わないので遅くなりました。

次の日、一応、パルスコッドの釣りも入れてみて、他の人が獲っていないであろう魚も狙う事にする。

image

 

後はアノストのネコでバイトがあり、一瞬重みが乗るが、フックUPせず。

アノストのフックは、ガード付きのキャプテンフックを使用していましたが、先月の丸山も同じようにバラしが2回ほどありましたので、今まであまり気になる事は無かったのですが(キャプテンフックが良くないのかは分からないが、ガード無しにしたかった)、

image

 

急遽、地元のショップ(キャスト宇部店)にてリューギのタリズマンを購入し、本番ではこちらを使う事に。これが良い結果を生む事になる。

アノスト5.5にはタリズマン1/0、アノスト7にはタリズマン2/0をセットしました。写真は実際に本番で使用したリグで、5.5にアノストシンカーの3.5g、7に5gを入れています。

image

(グリーンパンプキン/オキチョビークロー)
後は、フットボールのトレーラー用に、ブラッシュホッグのグリパンとオキチョビークローを確保しました。
グリパンはモチモチ気味で、下に塩が集中して入っています。ブラッシュホッグは上下対照ではなく、カーリーが下側に付いています。オキチョビークローはやや張りが有り、塩があまり入っていないです。カラーによって違いがあります。グリパンの方が、やや粘りが有り、ジグトレーラーにした時に裂けにくいような気がしています。

ショップで、丸山ダムの情報も仕入れた。

あまり数が出ないフィールドらしく、5本揃えれば優勝に絡めるとの事で、上位でも2,3本という事がザラ?であるという事が分かった。アベレージは45cm前後で良いらしい。基準が分かった。

短時間のプラで2本出て3270gだった(翌日大会で3位のウェイトが3140gだった)ので、狙い方としては大きく外していないと判断し、プラの通り、

ボディの岬をフットボールとアノストネコでランガン

していく事にした。フットーボールとアノストを選んだのは好きだからという理由です。釣りが早い事も利点。ピンとか、水中の地形とか詳しく分からないので、ネチネチより、早く・広くと考えた。これは基本的にホームの遠賀川と同じ考えです。

キャスト杯 丸山ダム バス釣り

 

本番へ続く