フロッグ おすすめ バス釣り

おすすめフロッグ。スピンテール、Dポッパー、スリザーク

フロッグ バス釣り おすすめ

 

大好きなフロッグの釣り。

色々なフロッグを使ってみた結果、

image

今のメインはこの3つ!

(左から)

OSP/スピンテールフロッグ

DAIWA/Dポッパーフロッグ

DEPS/スリザーク

です。

まず、この3つに共通して言える事は、コンパクトサイズであるという事です。

これは、フックUP率を重視してのセレクトです。

image

(左からバシリスキー/ビックバイトフロッグ/ワッカー/Dフロッグ/ブロンズアイ)

写真手前5つのレギュラー〜のサイズのフロッグも好きで使っていたのですが、コンパクトサイズの方が圧倒的に乗るというのが僕個人の感想です。

image

(6月の遠賀川でDフロッグに出たバス君)

フロッグで釣ったら嬉しいから、やっぱり、30センチとかでも乗って欲しいじゃないですか笑

アベレージがデカイ琵琶湖とかだったら違うのかもしれないけど、僕のホームの遠賀川や野池のアベレージを考えると、コンパクトサイズのフロッグという答えに行き着きました。

只、厚いゴミだまりの上を引いてしっかりアピールさせたい時や、デカイ魚が高活性でしっかり食ってくる時は、レギュラー〜のフロッグを使う事もあります。

■OSP/スピンテールフロッグ

image

実績No.1フロッグです。コンパクトで良く乗る印象があります。

コンパクトサイズながらも、ブレードのお陰でアピール力がしっかり有ります。

スピンテールフロッグのブレードは、ただ巻きでしっかり動く所が素晴らしいです。

一般的なフロッグ+ブレードチューン(キッカーフロッグ+EGのフロッグチューンブレードなど)だと、ただ巻きで引いて来た時に、上手く回らなかったり、ピラピラしてるだけだったりして、しっかりアピールしてくれないのですが、コイツのブレードは安定感のある回転をしてくれて、バシャバシャバシャと強めのグラビンバズのようなイメージで、しっかりした引き波&アピールが出ます。

止めた時は、ブレードの重みでケツ下がりになり、その反動でピランピランとブレードが揺れて、ボディも揺れながらアピールしてくれます。

使い方は先に説明した、

ただ巻きでブレードをバジングさせながら引いてきたり、

連続トゥイッチ、トゥイッチ&ポーズでブレードをキラキラさせながら、時折ブレードがパチッと水面を叩きながら首振りをさせたりします。

弥栄ダム バス釣り大会 フロッグ ガンタレル

昨日の、弥栄ダムで二位入賞したパターンは、インレットの最奥にスピンテールフロッグを入れて、ブレードをピラピラ揺らしながらドリフトさせると、ゴミ溜まりの下からバスがロケットバイトした、というものでした。

“水面でぴちゃぴちゃしているギル”をイメージして使う事が多いので、ラメカラーをセレクトする事が多いです。そうです。コイツはカエルじゃなくてベイトフィッシュイメージなのです。

ブレードがケツに付いている為か、意外なほど飛びます。スキッピングも普通にこなします。

良くない所は、コンパクトサイズに2.0のコロラドブレードを乗せているので、水が入り始めると、スライドシンカーコアユのように、シンペンになってしまいます。笑

とにかく、良く乗り、コンパクトなのにアピール力の高い、大好きなフロッグです。

 

■Dポッパーフロッグ

image

こちらも良く釣れるフロッグです。遠賀川のテトラや、アシなど、比較的ライトなカバーではこのフロッグがメイン。

ポッパータイプなので、アピール力を出せる(ポッピング)、移動距離を抑えれるというのが良い所です。アピール力が出せるので、すり抜けを考えなくて良いのであれば、これをメインにしたい。その方が早いですから。ポッパーフロッグでストレスに感じる場合に、先細りですり抜けの良い、スピンテールフロッグやスリザークを使うというパターンが最近多いです。

他の二つに比べて、少し大きめ(65mm=1/2oz)ですが、ボディはスリムで、乗りも良いと思います。

それから、理由は分からないのですが、コイツのステイはめちゃバスが出ます。胡散臭い話ですが、バスがこの物体を好んでいるような気がしてなりません。投げて放っておくだけで釣れたりします(汗)

image

ラバーはカットして使っています。短い部分と長い部分(10本)をつくっています。

ステイ時間が短い時でも、ショートラバーがパッと開いてアピールしてくれるようになっています。ロングステイさせてあげると、ロングラバーがゆた〜っと開いて時間差アピール。全部長いとショートステイの時に開いてくれません。(一部でもラバーが短いと首振りしやすいというメリットもありますね)逆に全部短いと、不細工。(笑)ステイ中のアピールも一辺倒になってしまします。
ステイで、風とかカレントでラインが引っ張られた時に、ゆらりとボディが動くのですが、後ろ髪をひかれる感じで、いい感じにラバーがゆらぎながらストッパー代わりになります。ロングラバー10本くらいというのがその丁度良い塩梅です。ラバーカットは二段構えが世界のこうへい流。これはラバージグのカットでも同じです。

使い方は、軽いスプラッシュを立てながらの首振り(ポップXをイメージ)か、ボコンボコンと強めのジャーク(威嚇)&ステイで使います。後は、カバーに入れてロングステイで浮かべておくだけというのもやります。

幅広く使えて、最近一番お気に入りのフロッグです。

■スリザーク

image

スピンテールフロッグとの使い分けで使用するフロッグです。

とにかく良く乗るのが特徴。

image

(スリザークとスピンテールフロッグ、ボディサイズはほぼ同一)

ボディを押してみた感じ、スリザークの方が若干肉薄で柔らかく凹んでくれます。

スピンテールフロッグのフックはややボディにタイトかつ、フックポイントが当たる部分のボディを盛り上がらせている事で、スナッグレス性が高められている、のに対して、スリザークはほんの少しだけ、ボディとフックが離れている為、少しフッキング性能を意識しているデザインに感じられます。かと言って、スリザークのスナッグレス性能も申し分有りませんので、ヘビーカバーに入れて使えます。

こちらのフロッグは、ラバーの代わりに、ウサギの毛(ラビットゾンカー)を乗せて有り、これが水を吸うと、その重さでとても投げ易くなります。サイズ感の割に飛びます。

使い方は、ポーズ無しの連続トゥイッチ。ハコふぐのような形状の横腹で、水をパチンパチン叩きながら、しっかりとアピールしてくれます。この辺の使い方は、制作者のキムケンの動画をみて貰えたら分かり易いと思います。結構早いです。

コンパクトながらアピールさせる事が出来、フッキング性能に長けているフロッグです。

ただ、アクションが疲れるので、スピンテールフロッグに手が伸びがちです笑

バイトがショボイ時のローテーション、確実に居ると思った場所で、確実に獲りたい(ノセたい)時などで登場する、一撃必釣・必殺仕事人って感じです。

■フロッグタックル

ROD:キスラーヘリウム3 69H

REEL:07メタニウム7

LINE:PE54lb

以上のフロッグ達は全てこのタックルで使っています。投げる事だけを考えると、MHの方が、コンパクトサイズのフロッグは自重もあまり有りませんし、やり易いかもしれません。
只、デカイバスの堅い口に、ぶっとい針をしっかり通す為にはロッドのパワーが必要ですね。もちろん、Hの方が、カバー周りでの安心感もあります。威嚇やリアクションバイトを取っていくので、MHの方が乗る、というより、激しく出させてHでガッツリ掛けるというイメージです。はい。
そうそう、キスラーはもっちり且つ曲がるイメージですので、一般的な国産モノ(例えばコンバットスティック)よりも、いわゆる”柔らかい目”のフィーリングかもしれません。無理矢理数値化するとすれば-0.1~0.4くらい。
レングスは69くらいが、やり続けられる軽快感、サイドハンドでウッドカバーの奥にスキッピングで入れ易い、カバー奥からリフトさせるのに最低限必要な長さ、というバランスが良いです。ピッチングメインで使う場合はディトネーター70Xを使う事もあります。一言でフロッグロッドと言っても、74Xでウェッピングで使うフロッギングから、小さいフロッグを63MHとかでバシバシライトカバーに入れ込んでいく釣りまで、使い方やシチュエーションで、タックルが全然変わってきますね。この辺は今後の研究課題の一つでもあります。常に、汎用性の高いセッティングを心掛けています。

 

そうそう、忘れていましたが、こちらもボックスから外せないのが…

image

テッケル/ホンカー

疲れてきたので、こちらは他のフロッグのインプレも併せて、またご紹介したいと思います。

image

I LOVE Frog Game!!

 

■追記(2017年8月7日)

こちらもおすすめ、DフロッグJr.のインプレもアップしました。今はフックと水抜き穴の位置が変わってスティーズフロッグJr.としてリリースされているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です