デカバスを釣る為に大切な事とは?ルアーなんて何でも良い?! part.2

前回の続きです。

「ルアー何て何でも良い」「針さえ付いてれば何でも良い?!」

多少?乱暴な表現かもしれません。

image

image

今まで他の記事を読んでくれた事のある方なら分かると思いますが、ジグトレーラー、スピナーベイト、フロッグなど、僕は強いコダワリを持ち、色んなモノを使っています。

「ルアー何て何でも良いって言ったやん」

そう思われるかもしれません。

うーん。偉そうに聞こえてしまうかもしれませんが、どのルアーが良いのかなんて、バスを釣る上で、そこまで重要じゃ無いと思うんです。重要では無いけど、無視は出来ない、と言えばいいのかな?無視は出来ないから手も抜けない=コダワる みたいな。

でも、釣れる時は何でも釣れる。じゃあ、どのルアーで、どのテクニックで、という前に、その釣れる場所とタイミングを探そうよ。という事です。ルアーやテクよりも、その事の方がず~っと大事!と言いたい訳です。

そこで、ベースとして選んだルアーがラバージグです。スピナーベイトとも迷ったのですが、スピナーベイトの方が今までに釣ってきたバスは多いのですが、ラバージグの方が今の気分。所詮ルアー何て何でも良いんですよ、好きなのを使えば!笑

で、何故ラバージグなのか?

①何処でも入れれて通せる

ラバージグは、表層~ボトムまで、ウッドカバーやベジテーション、ロックエリアなどのあらゆるカバー、色んな所に入れれて、通せます。どのフィールドでも使えます。故に、ベースのルアーと成りうるのです。
僕は根掛かりが嫌いです。だからトリプルフックの付いたプラグはあまり使わないのかも… 僕が釣りを覚えたフィールド(小学生・中学生の時に通った)は、野ダムみたいな所で、石がめちゃくちゃ多くて、とにかく根掛かりが凄い所でした。だからBOXに入っていたのはトップとスピナーベイトとハイパー常吉リグ(今で言う超軽いDSのミドスト)ばかりでした。その中でもスピナーベイトは上から下まで釣る事が出来、カバーにも入れれて、しかも根がからない(無くならない)!何処でもスピナーベイトばっか投げてました。おっきいの釣れるしね。あれ?ラバージグの話でしたよね?笑
で、スピナーベイトは飽きて、ブレードの無いスピナーベイトがラバージグです!(強引!!)

②魚に見つけてもらえる
ラバージグって、毛がモジャモジャしてて、トレーラーのボリュームもあって、着底したらブワッ!ユラユラ~って感じで、物凄い存在感が有ると思うんです。
小さいルアーだと、場所をチェックするのに時間がかかり過ぎます。
デカい魚がイージーに口を使う場所さえ探せば(毎日何処かに有る!!)、大きいルアーの方が効率が良い訳です。
それから、一つのスポットに沢山キャストしたく無い、というのが有ります。何度もラインでビシビシ水を切る事で、魚が逃げる、もしくは、入ってくるはずだった魚を逃がしてると思うんですね。特にデカいヤツほど!なので、大きいルアーで魚に一発で見つけてもらって、一撃で仕留める、というのが理想です。食わなかったら、ずっとそのスポットに置いて(放置)おけば”一投”ですからね。ラバージグは放置が効きますし。
ちなみに、ラバージグのアクションについてですが、ラバージグは”落ちてる時”と”放置”が一番釣れます。釣れるアクションのさせ方とか無いです。アクションさせるのは移動させる為だけですので、ズル引きか、ヌーッと動かして、なるべくラインで水を動かさないように注意します。

③掛けて獲れる
ルアーが何でも良いのであれは、掛かり易く、バレ難く、強いタックルを使える釣りをした方が得です。その方が獲れますから。ラバージグのタックルはH~のロッドに、16lb~の太いラインで、掛けたら、根に潜られる前にゴリ巻き抜き上げ(ランディングに戸惑ってバレるのは意外と多い)が基本。しっかり掛けれれば、フックとジグのブラシガードでバスをロックして、バレ難いのがジグ。ゴリ巻きでテンションを絶対に抜いてはダメです。このオラオラ感は味わうと癖になります。笑
ラバージグのタックルはディトネーター70X、ヘラクレス7 70H、キスラーヘリウム3 69Hの三本を、使い分けます。ハイシーズンであればパワー重視のディトネーター。低水温やタフな時は少しパワーを落としてヘラクレス7。サイドハンドスキッピングを多用(オーバーハングなど)するなら軽快さのヘリウム3 69Hというような使い分けです。

以上の三つがラバージグをベースとして使う主な理由です。何でも良いなら、根がからなくて、早くて、獲れるタックルを使える方が得だよねというお話です。

もっとアピールを上げたい場合はスピナーベイトになるし、弱くしたい場合はテキサスやノーシンカーにしたり、適材適所でルアーを使い分けるのは、効率を考えての事で、いかに早く場所を探すかという事が大事。どのルアーで、どんなテクニックで、というのは二の次の話です。何度も言いますが釣りは場所です。

image

image