遠賀川 バス釣り大会 TKC二位入賞【詳細】エスケープツイン。

2015.7.19@連休の遠賀川

遠賀川おかっぱりバス釣り大会TKCに参戦し、2位入賞しました。

競技時間は6:00〜11:30。

エリアは遠賀川全域で、車移動有りの大会です。

一尾の長さで競われます。魚はキープ制では無く、釣った魚の画像をLINEでUPする方式です。キープせずに済むのは良い事ですね。

本日は、11名のおかっぱりスペシャリストが集いました。

ノンプラで参戦しました。

スタート後、まず向かったのは遠賀川支流I。僕がおかっぱりをする時には良く行くホーム的エリアです。

遠賀川水系は各支流も含めると、エリアは広大で、自分自身、まだまだ行った事の無いエリアが沢山有ります。普段ボート釣行(上流スロープエリア)がメインという事もありますが。

まずは良く知る所からスタートという訳です。遠賀川支流Iの最上流エリアから釣り始めます。魚の有無を確認するには手っ取り早いガンタレルで広くサーチしていきます。魚が居ればチェイスなり、反応が有ると期待しましたが、無。

1回だけボイルが確認出来たので、シャワーブローズをセットし、ボイルシューティングを試みましたが、その後ボイルが起きる事は有りませんでした…。

橋脚、水門、流木などは、バックスライド系や、アノストを投入していくが、ギルバイトが一回のみ。

DSC_1191

(こんな所を藪漕ぎもしましたが…)

この支流を見切る事に。この時点で時間は9:00すぎくらい。

すでに何人か釣れている模様。

wpid-1437307560746.jpg

 

wpid-1437307635069.jpg

 

(数名が釣果をUP!48?に48.5?今日は良いサイズが良く釣れるなあと、この時は思っていた…)

釣れるとリアルタイムでLINEがピコンと鳴るので、こちらが釣れていない時は、これが結構焦らせてくれます。なお、同寸の場合は、早くUPした方が勝ちというルールになっていて、リアルタイム報告の動機付けになっています。

支流Iを見切って向かった先は、遠賀川本流の上流スロープエリア。いつもボートを出しているエリアですね。

某ショップのおかっぱり大会も開催されていて、スロープ周辺は、その参加者でいっぱいだったのでパス。

最近出来た橋の橋脚へ入りました。アノスト7の3.5gネコを橋脚の流れが当たる側、当たらない側、側面と刻みながら入れていきますが、無。2.5gにウェイトを変更し、同じように探るも無。

ここも早々に見切りを付け、移動。

残り時間も少なくなってきて(時間が短く感じます!)、ほぼほぼ、最後のポイントかなと思いながら選んだのは、旧堰跡(上流スロープエリアのドンツキBW)。ここは人気のスポットでして、連休中という事もあり、人が多いだろうなと敬遠していたのですが、

おかっぱりという条件で、他に50〜が出るスポットを持っていませんでしたので、ダメ元で行きました。

到着すると、先行者は2名のみ!これはラッキーです。邪魔にならない所へ入らせてもらいます。

スクリーンショット 2015-07-19 21.32.36

ちなみにこのポイントは、最近、菊元プロが取材で訪れていた場所です。

岸際のカバーにエスケープツインの7gチェリーリグを入れていく。しかし、反応は無し。

目標を沖目に変え、ライトテキサス(ブルフラット、エスケープツイン)をドリフトさせていく。こちらも反応が無い…。

移動を考えましたが、残り時間を考えるとそれも厳しい。

ここで心中するしか無い。場所を休ませる為に、一度離れて観察していると、カバーの中にバスを発見。サイズも悪くない!岸を見ているので激アツ物件です。

ただ、四方をカバーで囲まれているので、アプローチに困りました。まともにリグを入れると、バスを直撃してしまう。てゆうか、目が合ってるし(汗)

下がって一度視界から外れて、バスの10mほど下流にエントリー。バスは岸から1mも無い所に居ましたので、

エスケープツイン5gTXを、ラインがバスに被らないように、岸から5cmの所にピッチングで入れ(枝と枝を躱し!)、バスの目の前を早巻きで通すとバイト!!ゴリ巻き瞬殺で岸へ上げました。

wpid-dsc_1196.jpg

45.5cmのバスでした。ガリガリやけどウェイト関係無いのでね(笑)

更なるサイズUPを求めて、残り時間、近くのカバーを休み休み釣りましたが、そのままタイムアップ。

結果発表では二位のコール!

え?何で?5位とか6位とかだと思ってたのに!

「48とか48.5とか嘘だよ(笑)」

どうやら、小さいバスの尾っぽや頭だけを48とか48.5に合わせて撮影してUPしてた(勝ちは無いサイズと分かっていたので)みたいで。よく見たら明らかにサイズに対して魚体が小さい(汗)みんな気づいていたようなのですが、僕は気づきませんでした(笑)釣りに集中してたから良く見てなかった〜。

一位の方のバスは48cmでした。ルアーはウープスのNSだったそうです。

11人中、9人ウェインでした。

遠賀川支流Hでの釣果が多かったようです。

エスケープツイン タックル

 

キスラーヘリウム3 69MH/07メタニウム7/フロロ14lb

エスケープツイン(ウォーターメロンリアクション)5gTX

画像のリグっている方では無く、下のカラーで釣りました。

よく見てもらうと、エスケープツインは天地逆にセットしている事に気づくと思います。表(正しい方)がぼろぼろになったから裏返しただけです(笑)

「そんな事して釣れるの?」多分釣れます。

wpid-dsc_1207.jpg

↑このリグを着底させた状態です。よく見て欲しいのが、フックのシャンク側?が上を向いています。天地をひっくり返してセットしたエスケープツインが、元々の正しい向きでボトムに立っています。意味分かりますかね?

ボトムに落ちた時に、シャンク側が上を向いてしまう。これって意外と良く起るんです。

いや、むしろ、ちゃんとフックポイント側が上を向いてくれる(皆さんが想像しているであろう着底の姿)事の方が少ないと思います。水がクリアUPした冬の遠賀川で実験してました。特にオフセットフックのワイドゲイプのものをセットした時は顕著にそれが現れます。ワイドゲイプが下にきて真っすぐ立つのは難しいです。大体、傾くか、フックポイントを下にして着底するかという感じです。

これが気持ち悪いと感じ、ゲイプの浅い、ストレートタイプのオフセットをエスケープツインには合わせるようになりました。(ちなみにですがチェリーリグはワームが上を向き易い)いくつかのストレートタイプオフセットフックを使い比べてみて、

どれも大差を感じなかった(個人的にですよ!)ので、沢山持っていた、がまかつWORM34の2/0を現在メインで使用しています。こちらは他社の2/0より若干大きめです。

536ae464-s

 

d0578668-s

(↑ストレートタイプオフセットwithエスケープツインは奥に掛かるような気がする…)

df365cc8-s

 

(↑スタンダードオフセットwithエスケープツイン)

真冬の釣りを通して感じた事は、ストレートタイプのフックの方が、より奥に掛かるような気がします。使用したシチュエーションはボートでのミドル〜ショートレンジのピッチングで、橋脚を撃つというものです。答えを出すにはもう少し検証を重ねたいので、次の冬に試してみたいと思います。(バイトの少ない低水温期にフックの実験をするのは、なかなかしんどい笑)

色々言いましたが、実際は思った通りに着底してくれないという事が言いたかったのです。

今後も、余裕が有る時は、おかっぱり大会にも参加していきたいと思います。一度は勝ちたいな〜。

次は、ボートで、CAST杯@丸山ダム戦(今月5戦目…)です!

wpid-castbt-jackall2015_480x96.jpg

 

の前に、明日から名古屋だった。何も準備してない。THE無計画人間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です