2015 GFFO @小野湖【詳細】テキサスリグの有効性

2015年9月13日に行なわれた小野湖バス釣り大会GFFO(PBT主催)の釣行詳細です。

wpid-dsc_2179.jpg

wpid-dsc_2182.jpg

↑前日にリグったルアーです。

大会の4日前にプラに入り、厚東、大田、中流全てをチェック(かなりテンポ早いです)した結果、橋脚から、キーパーサイズではありますが、ポロポロとバスの反応が得られました。

8月のキャスト杯で、自分含め、上位入賞者も、橋脚から魚が獲れていましたので、キーパー場として比較的安定感があるかなと。魚は散っているとの予想の元、コンタクトポイントとしても橋脚が有望だろう。ホームの遠賀川でも橋脚LOVEですので、これを期待して本番にのぞみました。

プラで反応が合ったディーパーレンジ3/4を使い、フォローでハンツ3/8+キッカーバグ3.5のフォール&ステイといった釣りを準備。

 

蛇足ですが、フットボールは3/8クラスはOSPのハンツかFINAのシューティングボールを使う事が多いです。

1/2クラスだと、ハンツかオーバルヘッドのどちらか。オーバルヘッドの方がフットボールらしい形をしています。ハンツはコンパクトなシルエットになります。

5/8〜はオーバルヘッドを使っています。オーバルヘッドは新しいタイプが出ていますが、旧タイプしか使った事が有りません。新タイプ(針が違う)を大会の前に買おうとしましたが、怖くて買えませんでした(笑)本番ではいつもと違う事をしたくないからです。

ハンツとシューティングボールは針が大きめな所が気に入っています。ハンツはヘッド塗装が溶けてグズグズになってくる所が嫌ですが、安くてどこでも売っているが良いです。ワームキーパー部分は、どちらも良い所悪い所が有り、まあ、使うトレーラーによって変えれば良いと思います。

オーバルヘッドは安いから使ってみましたが、普通に釣れるので信頼感も有り、そのまま使っています。

 

話はGFFOに戻ります。

当日、スタートしてすぐに向かったのは、スロープ前の橋です。

先のディーパーレンジ、フットボールを入れますが反応無し。

いれば一発で食ってくるはずですので、移動を決めます。

10分でプラン崩壊(笑)

僅かな期待を持ちつつ、消去の為に、厚東の橋脚に向かう。

厚東の橋脚には船団が出来ていました。

水も止まっていて悪かったし、生命感が感じられませんでしたので、橋脚の手前で引き返しました。
image

大田と中流どちらに向かうか迷いましたが、川以外を見たいという事で中流を選択。そして、そのまま最後まで中流で釣りをしました。

中流へ向かう道中はデスアダーホッグ4の21gテキサスを撃ちながら進みました。今回、このリグで魚を釣る事は出来なかったのですが、厚めのゴミ破れるし、深めの場所でもスピーディに入れ込めるし、ハイバイパスで動きながらサーチする時には、このリグは使えるなあと思いました。

wpid-dsc_1674.jpg

デスアダーホッグにはこだわりが有り、マテリアルが硬いものを使います。カラーによって硬さが全然違います。写真の下の二つは柔らかいカラー、上の二つが硬いカラーです。

■追記
image
10ナチュラルプロブルーも硬いマテリアル

硬いのを使う理由は針持ちが良いからです。テンポ良く撃っていく時に針先がワームを突き破って、交換なんてしてるとリズムが悪くなります。それから、重めのシンカーを使う時は硬いやつの方が動きが良いです。柔らかいとくるくる回ってしまう事が有ります。

 

釣れていないルアーでも語りますよ〜(笑)釣れたルアーでないと語ってはいけないなんて事は無いのです。

 

んで、そのまま中流域を釣りしていると、三連ワンドの岬で他の船がヒットしているのを目撃。

付近の岬やストレッチを、手を変え品を変え釣っていきますが、こちらには反応無し。

三連ワンドの終わりくらいで折り返し、流れの効いていた大田に戻るか、このまま中流を釣るか、相方と相談しながら撃ち直していくと、

先ほどのヒット目撃岬にてエスケープツインの9gテキサスでヒット!

image

Photo by hachimaru san

これが今回唯一の魚で1200ちょいのナイスサイズでした。

目撃した魚も、橋脚で釣れていたようなキーパーサイズでは無かった為、ここは良い魚が回ってくると確信し、そこで粘る事に。

隣で釣りをしていた船にもバスがヒット。

やっぱり魚入ってきてる。

そして最後までその岬で粘るも、その後はまさかのノーバイト(泣)早い時間だけの祭りだったのでしょうか。

小野湖 GFFO PBT

1本でウェインで、34位でした。

今回多用したテキサスリグですが、実は去年まではあまり好きでは無く、使っていませんでした。

相方が良くテキサスで釣るので、影響されて使い始めたのが去年の暮れあたり。今ではマイブーム的な、かなり使用頻度の高いリグになっています。

いや、なんとなく、テキサスは数釣りのリグというか、デカいの釣るならやっぱりジグでしょ(笑)みたいなのがあったんですね。

でも、テキサス使ってみると、当然の事ながら数も釣れるし、大きいのも釣れる。ジグより微調整がし易いという所が凄く良い。

同じワームを使いながら、シンカーでレンジも変えれるし、フックも変えれる。シンカーもストッパー付きかフリーかで釣る魚を変えていける。

何を今更という感じも有りますが、テキサスリグって使い易くてやっぱり王道ですよね。

知らないフィールドに行く事が増えて、テキサスリグの有効性に気づいた今日この頃です。

それから、テキサスリグで釣ったら、小細工無しというか、何かエラい気分になるのは僕だけでしょうか?(笑)image

tyoさんハチマルさん

遠賀川のデカバス有名人と、CBAC主催者のお二人。小野湖初挑戦で3本掛けて2本ウェイン流石です!

 

 

image

78さんはデカバスGETされていました!

九州から参戦の皆さんお疲れさまでした。

image

GFFO来年もまた参加したいです。結果が…悔しすぎる(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です