ジグロッド 長さから考える

 

image

サイドワインダー・スラップショットFE73XXを、ジグロッドとして使ってみました。

普段、カバーのジグロッドとして使っているのは、70Xのディトネーター、70Hのヘラクレス7、69Hのキスラー・ヘリウム3を使用しています。

元々69を使っていて、更に長い70を使うようになった感じです。

69は取り回しが良く、サイドハンドのスキッピングがし易いです。長い竿に比べて、ボート際のランディングもやり易く、軽いので疲れないです。

只、カバー奥で掛けた後、魚を確実にリフトする為と、枝越しにフッキングする時に打点を高くしたいと思い、70を使うようになりました。今は70を使う事が多いです。

長いとサイドハンドでのスキッピングがし難いので、ピッチングでのスキッピングへ投げ方が変わります。69の時より、ボートポジションは遠目になります。

書いていて思ったのですが、同じジグ撃ちをしていても、竿の長い人と短い人で、釣果が変わってくる事もあるかもしれませんね。長い竿を使っている人の方が、ボートポジションが遠いので魚が食ってきたとか、短い竿の人の方が、オーバーハングの奥に入れていけるから、より釣ってきたとか。

70での使い分けは、パワーで使い分けます。
image

メインが強めのディトネーター70Xです。

image

低水温期など、バイトを深くしたい時は70Hヘラクレス7を使います。ヘラクレスシリーズで、ジグロッドとされているヘラクレス・ヘラクレス69Hは使っていません。それは以前→ヘラクレスシリーズのインプレでも書きました。

んで、73のスラップショットを使って、

image

一本、800くらいの魚ですが、釣れました。

カバーの奥で掛けた魚でしたが、引きずり出せました。まあ、この竿では全然物足りないサイズでしたが。

竿が長いぶん、魚をリフトする感じ、フッキングの高い打点は魅力的でしたね。

只、自分みたいにジョンボートで釣りをする場合は、少し長いと感じました。

70くらいが、69ほどでは有りませんが、キャストもし易く、取り回しのバランスが良いと思います。この辺は、人によって体格差や、投げ方も違いますので、個人差が有るでしょう!

僕はロッドは、素材や仕様以前に、レングスがかなり大事な要素だと思っています。ロッドを選ぶ時に、そのロッドのデザイナーの体格も、自分とかけ離れて過ぎていないか、気になる部分ですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です