フック と 根がかりと KVD

KVDの凄い所。

 

スクリーンショット 2015-11-30 10.40.39

 

バスをキャッチして、検量。

 

スクリーンショット 2015-11-30 10.40.53

 

即リリースし…

 

スクリーンショット 2015-11-30 10.41.18

 

すぐさまキャスト。バス触った手はふかない洗わない。

それくらい1秒すらも大事にしているという事でしょう。

書いた後に思いましたが、バスタックルに対する価値観が違うのかもしれませんね。日本でいうサビキの竿をエサ触った手で扱うとか、そういう類い。ゲーリーの新作ロッドEDGEに採用されているカーボンのグリップも、アメリカのサーモンフィッシングの竿に採用されているものだそうな。エサ触った手で扱っても大丈夫なようにつくられているもの。KVDのタックルもどうみても安物にしか見えないし笑

 

sudden deathと有りますので、大事な場面なのかな。

結局、この動画内で5本のバスを釣りましたが、一度も手をふかず洗わず、ずっとリール巻いていた。

きっとKVDのロッド&リールのにおいは凄いんだろうな笑

一流の人って色々凄いですね!

低水温期の話。

image

寒くなるとプラグの使用率が上がる。ハイシーズンではそんなに使わないんだけど。なので、トレブルフックケースを持ち込みます。

バイトが貴重な時期ですので、少ないチャンスをものにする為にも、フックはキンキンに研いでおき、ダメになったらフックチェンジです。

image

TREBLE RB ミディアムのショートシャンクは5番が、フェイスにマッチ。

image

ルアー回収機とエイリアンペンチも忘れずに。

ダイワのルアー回収機はお気に入りです。チェーンは少し増やしています。

タマネギのネットに引っかかった場合はエイリアンペンチの出番。フックとスプリットリングを伸ばして回収できます。

ラーやズーが釣れた時にも出番が有ります。

流れの有る川で根がかりした時はスティックイットでステイしてからやると、エレキを操作しなくて良いので外し易いです。

遠賀川は根がかりが多いので、要注意です。

そうそう、同船釣行の際に思いましたが、プラグやルアーがスタックした時は、竿が曲がるような引っ張り方をすると竿が折れますから注意です。ロッドとラインが一直線になるようにして引っ張るか、タオルなどに糸を巻き付けて、グイッと身体をねじるようにして引っ張って下さい。

根がからない努力も大事です。浅い場所はテキサスのシンカーを3.5g(ワーム重いものにすれば投げ易い)に軽くしてみるとか。

引っかかったら、まず、竿で効いてみて下さい。バスだったらアワせて下さい(笑)。根ガカリだと判断したら、ラインをつまんで竿を高く構えてパンッとラインを弾いて外してやればOKです。引っ張っても更に食い込むだけですよ。

出来る限り水中にモノを残さない方がスマートでかっこいいですからね。

 

 

キスラー ヘリウム3 インプレ(続き)

はじめまして!寝ずにバス釣りの頃からブログ楽しみに読ましてもらってます。キスラーヘリウム3について教えて頂けないでしょうか?69Hと69MHの購入を考えてるんですが、インプレ教えてもらえないでしょうか?先重りするなど聞くのですがどうでしょうか?またアメロは初めて使うので色々教えて下さい!基本フットボールで使用しようとおもってます。メガバスの竿使っててアメロの知識がありません。よろしくお願いします。

image

前回からの続きです。

まず、質問に有りました、”先重りすると聞く”という点ですが、言われてみるまで気にした事も無かったので、そうなの?って感じです。例えば、しているのだとしたら、どういう風に気になってくるのでしょうか。リールを変えたり、グリップに板オモリ付けて収縮のラバーグリップでも付ければ解決するのでは。自分はバランサーなど付けておらずノーマルで使っています。

フットボールでの使用はどちらのロッドでも出来ると思います。実際僕は使っていますし。このヘリウム3というロッドは、表記こそX-Fastとなっていますが、日本のそれと比べてマイルドなテーパーです。あえて日本の言い方をするなら、エバーグリーン・ヘラクレス(自分が使っているので)でいうミディアムファーストといった感じでしょうか。質問された方はメガバスの竿を使っているとのことですが、自分も以前メガバスを使用していましたが、デストロイヤーのミディアムファーストと同じくらいです。要は何にでも使える(全てに100点では無い)ようなデザインです。そこが僕の気にいっている点です。

image

69MHで自分がフットボールをやる時は、合わせるラインは14lb。水深〜5mまで。ハンツ9〜14gまで。スゥイートスポットは11g(3/8oz)。

69Hであれば1/2oz(14g)〜3/4ozです。実際は、このウェイトレンジだと、70Hのヘラクレス7でやる方が自分的に気持ち良いので、そちらでやる事が多いです。この辺は好みでしょう。

アメロを初めて使うとの事で、注意して欲しい点について。それは情報が少ないので、購入後、イメージと違っていたという失敗が多いです。実際自分も購入後すぐに売却した番手が有ります。日本のロッドは高いですが、情報料と思ってそれにお金を出している部分も有ります。買う前の情報が多いので失敗が少ないですね。

image

キスラーヘリウム3に関してですが、基本的に、同じパワーなら、日本の規格より-1/2〜1ランク曲がる(柔らかい)という風に感じます。同じHパワーなら、日本の竿よりも曲がるという事です。曲がるからパワーが弱いでは無く、パワーは同じHですよ。この辺は勘違いしやすい点では無いでしょうか。それから竿が長い方が、例えば69と70なら同じパワーでも長い70の方が曲がると感じるでしょう。そういった部分をふまえて購入していただければ良いのではと思います。

後、嫌いな所は流通量が少ない為、欲しいロッドが買えないという点。それから、頻繁にマイナーチェンジがあっているようです。ですので、折れたから同じ竿を買おうと思っても、全く同じものを買う事が難しいかもしれません。微妙にどこかが改良されている(変わっている)事が多々。これが日本の竿なら、中古屋でもどこでも同じものが買えますからね。

まあ、でも、このロッドには魅力が有ります。使えば分かります(←嫌いなセリフですが、僕の拙い文章力ではそれを伝えきれませんので。。。)。
特にキスラーヘリウム3 69MH これはほんとに良いです。折れるまで使い続ける事でしょう。

聞きたい事に答えられたか分かりませんがこんな感じです。

是非、気に入った一本が見つかると良いですね☆

■キスラーヘリウム3 69MH使用用途

image

3/8フットボール・チェリーリグ/3.5g〜18gテキサスリグ/スピナーベイト〜3/4oz/ビッグトップウォータープラグ/チャター&スイミングジグetc… 何でも高次元に対応出来るロッドです!

■キスラーヘリウム3 69H使用用途

image

〜1/2カバージグ/フロッグ(バンク撃ち)/スイムジグ/タイフーン/ビッグスプーン/1/2〜1ozフットボールジグ/カバービッグベイティング(ジョイクロ〜ガンタレルclass)etc… 僕の好きなフロッグの釣りにはマストの一本

 

 

 

 

 

 

 

寒波到来のタイミング2

28 sat

11.2度〜

@遠賀川上流

サウザージョンボートで出撃。

13時すぎスタート。

寒波の三日目。先週より6度下がっています。

image

ベイトが死んで浮かんでいました。

可哀想ですが、バスも浮いていました。

シャドキルウェザーです。

ピンチはチャンス、と考えているバスも居るかもしれません。

死にかけのベイトを補食しようという、強く太い個体。

そんなバスと共に、鳥もテンションUP!?ホワイトバードがいつも居ない場所にも散って、補食モード。

ボトムに這うような魚では無く、浮いている魚を、短い移動距離で、止めてクワせるイメージでチョイスしたのがフェイス。

ビックベイトのスロー引きでも良いのですが、大会に向けて、少しでもバラさないようにスリーフックのルアーでやりたい。ジャークはしんどいからほんとは嫌い(笑)

image

本日も1タックルで臨みました。

ニアディープのエサ喰い場をランガンするイメージで駒を進めていく。

4時間の実釣で、スロープ前からイヌナキ〜最下流支流のドンツキまでサーチ。遠賀川上流をやる人なら、結構なハイペースで釣っている事が分かると思います。本当に良いと思える場所の良い所だけを、時間をかけて釣ります。他はバッサリ。

テトラのワンスポット、最下流支流のワンスポットでボトムに魚が溜る場所を見つけましたが、狙う魚では無いのでパス。

実は後ろ髪を引かれながらでしたが(笑)フェイスしか持ち込んでいないので、スパッと切り捨てれました。

リズムが大事。

そして待望の瞬間。

image

チャッ!チャッ!チャッ!で止めた瞬間にグッと押さえるようなバイトでした。

狙い通りの魚で嬉しい!

 

スクリーンショット 2015-11-28 22.57.24

 

トッパーのおじも、本日いい魚をトップで釣っていましたよ。

さあ、寒いですが、アナタは家でゆっくりしますか?釣りに行きますか?

 

 

キスラー ヘリウム3のインプレ(ロッドの長さ)

image

続き更新しました。(2015.11.29)

キスラーヘリウム369Hと69MHについての質問をいただきましたので、インプレさせていただきます。

自分はキスラーを導入するにあたって、69MH、69H、69XHを使ってみました。シチュエーションはジョンボートでの釣り。本数を沢山積めない中で、出来るだけ沢山の事が出来る竿、いわゆるバーサタイルな性能を求めました。それから、おかっぱりで使う事も想定しました。

レングスについては、持ち替え後のキャストがしっかり決まる事を期待して、パワー違いの3本を”69″で統一しました。

image

例えば、バンク沿いを69MHのスピナーベイトで流していて、気になるブッシュが出てきた時に、69Hのカバージグで撃つと。この時に、同じリールの、同じニギリ(グリップ)の、同じレングスでキャストフィールを統一にデザインして、一発で完璧に決めるというのをやりたかったからです。失敗して二投目では、ボートが近づき過ぎて釣れないから。それはボートプレッシャーだったり、引いて追わせてのクワセの間だったり…この辺は話し出すと長くなるので割愛。

現在は思う所が有り、69MHを基準に、67MHや70H、70XHなどバラバラのレングスも使っています。でも極力69から離れすぎずといった感じでしょうか。

69というレングスですが、僕は小技が使える限界の長さが67〜68だと思っています、、はい、よって小技が出来ません!

自分の釣りは小技ってあまり使わないんですね。だって、ジャークやシェイキングって疲れないですか?(笑)もちろん必要な時は使いますが(アノスト5.5のシェイキング&スイミングなど)、基本、ただ巻き、ズル引き、ステイなどを愛しています。ラインの存在感も消せますし。

じゃあもっと長くても良いじゃないか。

後は理屈抜きで、色々使ってみて、バスロッドでは〜85のレングスまでやってみましたが、69というのが色んなフィールドで使う上で丁度良いと感じた長さだったんです。

ほんと、使うフィールドや、意外と見落とされがちですが”体格”(ちなみに自分の体格は175cm68kgの中肉中背です)これらによって、ベストな長さが変わってきますので、、、といっても誰もが釣りだけにお金をかけたり、沢山釣りに行ける訳では無いと思います(笑)なので、強いてオススメを上げるとするならばMHの68〜69。迷った時はこれにしてみて下さい。色々使えます。

っと、かなり話が逸れてしまいましたので、インプレはその2で(笑)

 

寒波到来のタイミング

27 fri

@遠賀川上流釣行

11.5度〜

サウザージョンボートで出撃。

待っていた寒波!

本当は昨日出たかったのですが、出れず。

今日、昼すぎから時間が出来たので出撃してきました。

image

冷え込みの影響?貸し切りの遠賀川上流です。

楽しい季節になってきたな(笑)

image

ボートに持ち込んだのは1タックルのみ。

image

フェイス×タクティクス・ウォーリアーツアー。

image

ルアーはフェイス2個とルドラ3個だけをボックスにイン。結局、フェイスだけでやりました。

フェイスでロックエリアを狙い撃ち。

チャッ!チャッ!ポーズ。

スーっと走るライン。

image

開始早々、エサを喰っている個体が来ました。

休ませる為、他を周り、ポイントへ入り直す。

チャッ!チャッ!ポーズ。

スーっとラインが走る。

image

追加フィッシュ。何故かサイズダウン。

釣れたのは嬉しいです、、でもデカいのがくる予定だった。

サイズUPが見込めないので、上流方向へ似たようなエリアをやっていくも無反応。

暗くなり、タイムアップ。

暗くなるのが早いから、見えかけたと思っても時間が足りん。ちょっとだけ消化不良です。まあ、釣りに行けるだけ感謝しなければいけません。

 

 

 

 

テキサスリグ リギングに注意

隙間時間を見つけて1時間だけおかっぱりへ。

水温13.5〜

image

ワンバイトもらえましたが、ノラずにワームがずれて帰ってきました。

この動画興味深いです。
撮るの大変そうだなあ〜。

image

自分の失敗談です。

テキサスのリギングについて。普段は、フックに結んで余ったラインをわざと長めに残しています。シンカーがノットにぶつかって痛むのを防ぐ為です。

image

でも、この前の釣行の時に気づいたのですが、ジャンボグラブが安定して泳いでくれなくて、もしかしてと思い、余ったラインを↑上の画像の通りキレイにカットしてみたんです。すると、バレットシンカーの下の凹にノットがおさまってくれて、泳ぎが安定しました。ドヤリグの時は余ったラインはカットしてあげなくてはと思いました。

釣りは細かい所も意外とバカにできなかったりします。

■ボウズは、釣れないパターンを一つ知れたという事です。

 

 

クランクでサルベージ

25 wed

16度~

@遠賀川下流

image

本日もジョンDE下流。

image

クランクで湖底調査です。
ウィードなどのゴミが多い遠賀川上流に比べて、遠賀川下流はプラグが巻きやすい。

■下流について簡単に感じた事
上流と比べて…
濁っている、
ホワイトバードが少ない、
目視出来る魚系のベイトが少ない、
なんとなくスピナーベイトが効きにくい気がする(上流では良く使う)、
アベレージはやはり小さめ、
流れが無い、
水の中が魅惑的☆

そんな印象!

本日使ったクランクは、
メインでブリッツEXDR。
ノー感じだったらMAX-DRへシフト。
こすりすぎるようであればワイルドハンチへローテ。使用頻度は4:2:4くらいでした。

ポイントが分かりませんので、とにかく早く広く巻いていきました。

グリグリ~

ゴリゴリ…

ゴン!

image

ブリッツEXDRにて。

次はバンク寄りをグリグリ~ゴン

image

ちょいサイズUP!ワイルドハンチfish。

ワイルドハンチは相性が良いです。

その後は、しばらく無の時間が続く。

やはり簡単じゃない下流。

でも、大まかな地形が分かってきた。
スロープから上だけ。(下はほとんど手をつけていない汗)

テキトーに流している釣りから、少しずつ精度を上げていこう。

最後はそのまま終わるかと思われましたが、

image

凪ぎの水面をピチャッと小魚が。
そこへ入り、ワイルドハンチを投げるとコバッチーが遊んでくれました。

後から魚探かけると、瀬になってた。
使えるポイントが増えた。こういう積み重ねが結果に繋がると信じて地道にやっていこう。
Step by step.

遠賀川下流でもドヤリグ

24 tue

17度~

@遠賀川下流

サウザージョンボートで出撃。

image

上流の住人のはずである ヤバイの人 が下流に浮いていました。
スキーター良いですね~
僕もボート欲しい…

下流に出るのは今回で四回目。
遠賀川下流は水の中がとても魅力的ですので、ハイバイパスでクランクゴリゴリしながら湖底調査に勤しみます。

image

image

小さいですが二匹のバスが遊んでくれました。

少し目線を変えます。

image

ジャンボグラブTXでマンメイドを打つと少しサイズUP。

image

風が強くて、ジョンな僕には辛かったので、シャローに避難。
気になったカバーをジャンボグラブTXで、角度を変えながら何度かアプローチしていくと、今日イチのキロ。
ドヤリグ、下流でも頼りになります。

以上で終了でした。

image

一本、キロくらいのをバラシたのと、キロくらいのをクワセ損ねました。

-2K。

こういう、
バラシとかラインブレイク、掛け損ね獲り損ねというのは、自分的に一番やってはいけないミスだと考えています。

僕が極力、強い竿、太いライン(そうするとルアーも大きくなる)を使いたいのは、そういう想いがあるからです。

下手くそなら、折角バスがくれたチャンスを無駄にしてはいけません。

触った魚は掛ける。掛けた魚は獲る。

釣りをやっている限り追求していきます。

秋の遠賀川 キテます ドヤリグ(笑)

23 mon
17.3~

@遠賀川上流

本日もtyoさんのバックシートにお邪魔させていただき、ボート釣行スタート。

二人で魚探とにらめっこしながら、新たなポイントを探していきました。

川はホントに良く地形が変わります。

その為か、バスの着き場の傾向も変わっていくように感じます。

image

おやつに焼き芋をほおばる。
tyoさんは芋食いよるん?とウケていました(笑)

調査、休憩も終わると、もちろん魚も触りにいきました。

image

image

image

マンメイド絡みでポロポロと。

リグは全て同じもの、、釣れるのでシークレットとさせて下さい!(写真はあまり見ないで下さいね)

“ドヤリグ”としておきます(笑)

一方tyoさんは、

image

1760gをGET!そしてこのドヤ顔である。
やはり、大きいの釣るお方でした。参りましたm(__)m

リグはドヤリグ(笑)

image

「二匹目のドジョウおった!」
とドヤリグで追加フィッシュです。
そして、この笑顔である。

tyoさんフロントで釣ります。
大人げないです(笑)

しかし、tyoさんもですが、ドヤリグきてます。二人で5K。他のルアーも投げていたのですが…。

実は釣行前に、釣具屋に要る時にtyoさんから電話が。「○○買ってきて~」「OKです」といった感じで、ワームとシンカーとフックを、僕が使っているものを買って行ったんですね。それであの釣果です。

ブログを見てくださって、使ってくれたのは嬉しいですが、僕よりいきなり使いこなしてるって…

tyoさん、大人げないっす(笑)

小物 アノスト

image

釣りビジョンで映ってたみたい。キムケンに会った日のやつ。

image

見慣れた方も(笑)

image

ピンオンリール。ゴールデンミーンです。

無くしてからしばらくハサミでやっていたけど、やっぱりあると便利です。

image

バッテリーを二発追加しました。

image

07メタニウムがシャカシャカ言い出したのでバラしてみると、軸のボディ側の受けベアリングから茶色い水が…錆(汗)

6−66で吹き飛ばして、なんとか大丈夫そうかな。

image

中も濡れて汚れていたので、メンテしておきました。まだまだ頑張ってくれよ。

んで、今日は小規模リザーバーにおかっぱりにいきました。

image

image

こんなのを投げてきました。NFで終了。だが、リグのセッティング出し等が出来たので良かったです。

ネコリグワームに関しては、愛用のアノストの不満だった点、ロングステイに弱い、を克服する他のワームをちょくちょく探してきましたが、結局アノストに帰ってきました。良いワーム。アノストシンカーもボトムを感じれる部分が良くてマストです。