冬の遠賀川バス釣り大会プラ【詳細】

12月の遠賀川。

12/6の遠賀川ローカルボート大会に向けて数回プラに入りました。

秋〜晩秋にかけて、とても難しくなる印象の遠賀川上流。ただ、水温が10度前後まで落ちて初冬に入ると、釣れます。まあ、釣れるというか、狙いが付け易くなる。

しかし、2015年は、遠賀川上流はなかなか難しいデスリバーとなり、初冬に入って2回デコりました。

釣果の方は…

 

image

image

↑イヌナキのロックエリアwithフェイスfish

image

↑スロープ前withフェイスfish

image

↑新幹線橋脚からドライブクロー3の9gチェリーリグにて

image

↑下流の島の竹ヤブでエスケープツインの9gチェリーリグ

 

プラで使ったルアーは下の6つです。

1、ジャークベイト(フェイス)

メインルアー。ルアーが小さすぎるとかったるい。有る程度寄せたいのでオリジナルフェイスのサイズ。射程距離は半径〜3メートルのイメージ。

2、クランクベイト(ワイルドハンチなど)

根がかったり、ジャークベイトがダルい時はこれ。

3、シャッド(D-SHADなど)

小場所やピン用。

4、チェリーリグ

メインルアーその2。対マンメイドやライトカバー。ウェイトは9gがベース。

5、メタル&リアクションDS

チェリーリグより弱くしたい時にワサビー7gや、ドライブシュリンプ3の5〜7gDSを入れた。

6、アラバマリグ

水がクリアで、ゴミ等が無ければこれをメインにするつもりでいたが、雨で濁ってしまった。

これらのルアーで上流から下流までのポイントをランガン。ニアディープの石が入った所や、マンメイドを主に釣りました。

プラでは地形の再チェックや、本番で使うルアー決めの作業を主にやりました。