dsc_0160.jpg

底(ボトム)をとる事は大事です。

減水中の遠賀川を水中観察していて思った事。

石積みのストレッチでも釣れそうな所と、そうでない所が有る。

崩れていたり、ちょっとしたゴミなど絡んでいると釣れそう。単調な部分は魅力的じゃない。

バスってエサを獲る時に身を隠す場所と、エサを追い込む場所が決っていると思います。

 

より釣るためには、おいしそうな場所を釣らないといけません。そうでない所を釣っている時間をいかに減らすか?

例えば、テキサスリグでゴリゴリなど引っ掛かりが多い場所はよりスローに、ステイも入れて、おいしい場所から離したくない。

単調な部分はスイミング気味にスピーディに流す。

これで釣れる確率が上がります。

 

その為に大事なのが「底をとる」という事。底をとるって難しいです。岩を乗り越えた時にキワに落とせてますか?糸を張り過ぎて(糸がスーッと入っていったら竿を前に送り出してラインを送ってやって下さい)手前にきすぎてないですか?常に底をとるのって難しいです。でも大事です。底をとるのが苦手と思ったら、リグも少し重めにして(根ガカリが増えるので糸も太くして下さい)、よりゆっくり引いてみて下さい。自分もそうしています。

僕はテキサスリグはほとんどアクションを加えていません。ただ底をとっているだけです。これがびっくりするくらい釣れるんですね。

dsc_0160.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です