おすすめのワームのカラーはグリパン(グリーンパンプキン)

image

グリパン(グリーンパンプキン)

がおすすめです。

水質がクリアでも悪目立ちせず、濁ってもある程度存在感が出る色。

何処のフィールドに行っても対応出来るのもそうですが、

一つのフィールドでも、クリアな場所、濁っているスポットが混在している場合もあります(ホームの遠賀川など)。そんな時でもこれ一つでどこでも対応するのは便利。

どんなワームのラインナップにも有るし、買い易いのも良い所です。

んで、濁ったりして少し目立たせたい時は、

image

グリパンブルーフレークや、

image

グリパンチャートなどでアクセントを加えます。グリパンチャートはワームがロールした時の明滅が好きですね。ちなみにレッドフレークじゃないのは、単純に青色が好きだからという理由です笑

image

Max濁りの時などはブラックブルーを一番強い色(見える)として入れる事もあります。ジュンバグ(パープルにグリーンラメ)も好きですね。

image

クリアな水で、より水に馴染ませたい・弱くしたい時は、薄いカラーを入れる事もあります。テナガ、リバーシュリンプなど。

 

基本は、バスから見えてればカラーは何でも良いと思うんですけどね。色で悩むのも嫌だし、グリパンで統一してやろうとか思うけど、良い色が有ったら釣られちゃうんですよね。自分が‥笑

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です