スクリーンショット 2017-05-08 10.16.32

エスケープツインのセッティング シンカーなど

遠賀川バス釣りガイド2回連続で50アップ出ました!

スクリーンショット 2017-05-02 13.32.03

スクリーンショット 2017-05-08 7.17.33

どちらもエスケープツインでの釣果。

やっぱりこのベイトはイケてます。この時期のビッグ狙いスロー展開に欠かせません。

 

スクリーンショット 2017-05-01 0.20.57

この前の遠賀川上流の大会でもエスケープツインテキサスリグが活躍してくれました。

ゲスト様のセットアップはテキサスリグ、チェリーリグ、ビフテキなど様々ですが、

僕のフェイバリットはEGタングステンバレットシンカー7gのテキサスリグです。ペグ無しで、フックがWORM322 2/0のセッティング。エスケープツインのフックについては過去のエントリーでも書きました。

シンカーは5g、6g、3.5gなど色々試しましたがやっぱり7gが一番釣れる気がします。

 

IMG_3686

遠賀川で使うシチュエーションは水深20cm〜2mと浅い所が多いのですが、浅くても7gが素早くシンカーフリーになります。5gとかだと軽いので大きくシンカーが離れてくれません。シンカーが先に着底した後、遅れてワームが落ちてくる間(ロッド操作はステイですがワームは動いている)がクワセの間になります。この時動かし過ぎると釣れません。

 

スクリーンショット 2017-05-08 10.16.32

EGタングステンバレットシンカーはホールが大きいのでシンカーフリーになってくれやすいです。デメリットはその分シンカーが大きくなります。水深が有る所ではそこまで神経質にならなくても良いと思いますが(実際に別の形状の違ったシンカーを使う事も有ります)、浅い所ではフリーになるかならないかの差が、僕の中ではとても大きいのです。なのでペグも基本は無しです。”キャロ”に近いのかもしれません。アクションもスイミング&ステイを多用します

 

IMG_3991

7gだと重いので強風でも投げ易く、流れがあっても底がとり易いです。有る程度のカバーなら入っていきます。フォールも早いので釣りのスピードを落とさなくて良いです。リップラップなど根ガカリが激しい所では5g、6gに落とすか、最近は2.2gスナッグレスネコ(ブレーバー5.7やドライブカーリー4.5)にシフトします。

ラインは操作性重視でフロロ14lb、カバー絡みが多い時はフロロ16lbです。FCスナイパーやバニッシュレボリューションを愛用しています。これらは径の規格が太いので14lbの時は12lbをセレクト。16lbの時は14lbをセレクトします。(意味分かりますかね?)FCスナイパーの14lbならシーガーの16lbの太さとほとんど一緒です。

リールはハイギアリール(1:7.0以上)で、ロッドは6フィート8インチ前後でMH〜Hパワーです。

 

 

スクリーンショット 2017-04-07 20.57.01

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-10-16-38

カバーだけやる時はブラッシュホッグやUVSCのペグ有りテキサスリグが好き。テキサスリグとひと言に言っても色んな使い方や考え方が有ると思います。今日は僕なりのセッティングを紹介させていただきましたので良ければ参考にしてみて下さい。

「エスケープツインのセッティング シンカーなど」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です