BFカバージグ+グラスミノーにネイルシンカーインサート

去年活躍したBFカバージグ(クオン)の釣り。これからの季節は、

普通にカバー撃ちしたり、ちょうちんで使ったり、流木に絡めながらドリフトさせたりすると意外とデカいのが釣れます。

テトラにも相性良し。撃ったり、落としたり、泳がせたり、置いとくなり色々使えて便利なルアーです。

 

IMG_2290

セッティングは、写真以外にも色々試してみて、、、

 

IMG_4911

3.5gBFカバージググラスミノーL

が現在メインです。ジグのガードは2本程度カットして使っています。カットする場合はフック側では無く上(ヘッド側)をカットした方が根ガカリが減らせると思います。

 

ちょっとした小技で、、

IMG_4984

0.45〜0.9gのネイルシンカーをインサートして使う事も有ります。ウェイトアップするので投げ易くて操作性もアップします。強風やカレントが強い時には便利なチューンです。フォール姿勢も若干水平気味になって良い感じです。

 

IMG_5009

(上が3.5gのヘッド、下が4.5gのヘッド)

4.5gのジグにウェイトアップするよりもヘッドが小さく出来るので根ガカリも減らせます。トレーラーをソルトインの高比重タイプにするよりもノンソルトタイプのワームだと破損し難いのでカバーをリズム良く攻めれます。ワームが硬いと動きが強くなりますので状況によってはソルトインタイプにチェンジする事も有ります。臨機応変ですね。

フラッシュユニオンのアバカスシャッド2.8でこういったチューンが有り(アバカスシャッドにはネイルやラトルを入れるホールが有る)、真似してみたのが始まり。アバカスシャッド2.8も良いルアーなんですけどこのジグに合わせるにはもう少しパワーが欲しいんですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です