【お試し】OSP・ドライブビーバー3.5

先日購入したOSPの新しいワーム、

OSP ドライブビーバー

 

早速遠賀川釣行にて投入してみました。大きくは有りませんが2本のバスを釣れてきてくれました。

使用してみて思った事は、、

ボディに自重が有り、二つのボリューミーな爪のお陰で後方重心になっていてよく飛ぶ。シンカーの軽いライトテキサスなどでも狙ったスポットに投げ易かったです。

マテリアルはやや柔らかめ、ドライブクローより気持ちソフト?で、良く動きます。マテリアルが柔らかいといえばフッキングにも良いはずです。トレードオフで針持ちは良いとは言えません。ヘビーカバーをガンガンというよりは、ライトカバー〜オープンな場所での使用がおすすめかもしれません。

 

(ボディ裏面です フックはワーム322の2/0)

こういったマテリアルの時はフックはツルツルのもの(フッ素加工?)ではなく、昔ならではのオーソドックスな加工のフックをセレクトしたいですね。ワームがズレすぎてしまいますので。ちなみにフックはがまのワーム322の2/0を使用しました。エスケープツインにも使用しているフックです。

シンカーは4g前後がバランス良さげでした。4gをベースに、スローフォールなら3.5gで、カバー貫通力を上げたい時は5g。オプション的に冬のシャローカバーで7〜9gの重めシンカーを使ってストンと落としてリアクションで喰わせる釣りにも良さそうと思いました。おかっぱりなら根がかるので2.7gくらいかなあ。それくらいでも自重が有るので飛距離は充分に稼げそうです。

アクションは、ボディと爪の間が細い”くびれ”になっていて、く の字で折れながらバサロでフォールします。横方向にスイミングさせても同様にアクションするので回収や巻きでもバイトを誘発出来そうです。

テキサスリグのマイフェイバリット、エスケープツインの新たなローテーションとして今後登板が増えそうです。例えば7gだとひっかかりすぎるようなテトラや石積みで4gを使いたい時などはドライブビーバーの方がよりスピードが出ますしバランスも良さそうです。一回り以上小さい3.5インチなのでプレッシャーがかかった場所を攻める時にも良いでしょうね。

 

(左:エスケープツイン / 右:ドライブビーバー)

エスケープツインもドライブビーバーも逆手になるパーツが付いておらず水を受け流す(水をぬく)特徴を持つワームです。落ちるのも速いですし、ピュッと動かせます。引き重りがしないので違和感バイトも分かり易いです。それにあんまりバタバタとアピールして逃げ隠れるエビは居ないんじゃないのかと思ってこのタイプを好んで使っています。臨機応変で逆手の有るワーム(UVSCやドライブクローなど)と使い分けてテキサスリグにセットしています。

 

(左:UVSC / 右:ドライブビーバー)

ビックベイトに例えるとホッグ系がスライドスイマーやタイニークラッシュのようなリップ付きのビックベイトで、エスケープツインなどはジョイクロ(S字系)。水を受け流すアクションです。ドライブビーバーははっきり目に動くのでS字系でもガンタレルかな?って分かり難いですかね?笑


遠賀川ボートガイド&免許不要のレンタルボートご予約お待ちしております! 初心者大歓迎です☆

遠賀川ボートガイドは3時間10000円、6時間16000円、1日20000円です。3日前までのご予約で3000円OFF(3H不可)!

朝マズメ、夕マズメのみのモーニングガイド、イブニングガイドも受付中です!3時間10000円のショートガイドです。二人で割り勘すれば5000円ずつです。

免許不要の遠賀川レンタルボートは1日10000円です。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です