ロードランナーストラクチャーST670MH-Ftとバーサタイルロッドの必要性。

今年大活躍してくれているタックルが

ロードランナーストラクチャーST670MH-ft

元々スモラバのカバー撃ちの釣り用に導入したタックルなんですが色々やれるので重宝しています。

 

重めドロップショット(HPシャッドテール3.1の7gドロップショットなど)を使ったオフショアの釣り。

 

 

5〜7インチのネコリグ、スナッグレスネコリグの釣り。

 

ライトテキサスの釣り。

などなどライトワーミング全般で使用し、充分な使用感を得ています。

ソリッドティップなのでライトなものでもウェイトが乗って曲がり、キャストが出来ます。強めのソリッドティップなので7g+ロングストレートワームくらいのウェイトくらいまでは気持ちよく操作出来ます。

ソリッドティップが曲がった後、ベリーも曲がり、極端すぎないキレイなベンドカーブを描きます。ボート際の強烈な突っ込みにも曲がる事でラインブレイクを防いでくれます。

パワーの有るバットでスモラバの枝越しのフッキングも決まります。

と、ストラクチャーシリーズなので当然ワーミングにはバッチリなんですが、巻きの釣りにも使ってみて、こちらも上々な使用感が得られています。

 

昨日はハイピッチャー1/2ozに使ったのですが、ヌーッと入るソリッドティップでバイトを弾かない感覚。バットも強いのでフッキングもキまりました。

 

この前はクランクで使ってみて、シャロークランク(ワイルドハンチ)からミッドダイバー(ブリッツEX-DR)まで投げれて引く事が出来ました。この時は小バスアタックが多かったのですが笑、軽いバスは重みがノりきらず針が掛からない事が有るのですが、ソリッドティップがしなやかに入る感覚でフックアップしていました。

デメリットは、ソリッドティップ部はパワーが無いので6フィート7インチのロッドですが、6フィート5インチのパワーしか無いという点です。なので他の6フィート5インチのロッドと比較して竿が重くなります。2インチ伸びるので当然です。それからソリッドはチューブラより重いですので。

後はソリッドティップはキャストフィールが独特なので慣れが必要だと思います。逆に言えばグラスロッド→ワーミングロッドに持ち替えた時も同じ事が言える訳でして、ワーミングロッド→ワーミングロッドだとキャストは持ち替え直後でも決まります。巻きよりもワーミング主体でゲームを展開する場合はこういった事を重視するのも一つだと思うのです。全ては臨機応変。

理想は大きなボートに沢山のタックルを積んでおければ一番なんですが、あまり大きく無いアルミボートに乗っているのでこういうワーミングもリーリングベイトも出来るタックルは一本有れば、それぞれのスペシャルなタックルには劣るものの、イレギュラーに対応出来て便利です。釣り場に出てみて、状況のイレギュラーに対応するのがバスフィッシングというゲームなんだと思います。ワームミングもハードベイトも止めて喰わせる時間帯も有れば、泳がせて釣る時間帯も有ります。どちらが良いかはその時間帯でバスに聞くしか有りません。極端にふったタックルだとそういうイレギュラーなバイトに対応出来ません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です