【2018年1月の冬の遠賀川】どんな釣りが有効なのか去年を振り返る

2018年1月の冬の遠賀川はどんな釣りが有効なのか?

去年を振り返ってみました。

 

これは1月では有りませんが、去年の12月29日に釣れた50アップ2キロオーバーで、ヒットルアーはワンテンでした。

去年、年末年始の遠賀川は2キロオーバーが3本出ています。いづれもローライト(くもりや雨、雪)コンディションでした。

 

サスペンドプラグは冬の釣りの定番で、やはり去年も釣れていました。この時のヒットルアーはレイダウンミノーディープR。

使い方はただ巻きで、何かに当たったらゆっくり巻いて、岩や木をなめるように引いていきました。たまにポーズ(ストップ)も入れたり、その日の当たりアクションを探していくイメージです。

サスペンドプラグのように巻き続ける釣りに反応が無ければ、ワンテンのようなジャークベイトにシフトします。

 

ビックベイトのクランキングでも50アップがきました。この時のヒットルアーはタイニークラッシュ。使い方はゆっくりただ巻きです。

 

テキサスリグのシャローカバー撃ちでも良いバスがきました。この時のヒットルアーはウルトラバイブスピードクロー。

一見、丸見えで何も居なさそうなドシャローのカバーが意外とアツかったりします。シェルターとして鳥(鵜)や冷たい北風をブロック出来るポイントだからです。

 

この時は2016年ですが、冬の遠賀川のシャローカバーで4バイト3フィッシュ(30分で!)。この時のヒットルアーはエスケープツインのテキサスリグでした。

 

こちらのグッドサイズはユニオンクローでキャッチでした。

 

この釣りではビックも出ています!

遠賀川本流の自己記録の魚もユニオンクローでキャッチ!

冬は口に入り易いコンパクトなワームを使いたかったのでセレクトしました。ユニオンクローはコンパクトながらもボリュームの有るツメでしっかりビックバスにアピールしてくれます。テキサスリグでおすすめのワームです。

ユニオンクローインプレ

 

1月の遠賀川は冬バスを狙うというよりは、どちらかというと晩秋っぽい補食している魚をターゲットにするイメージです。そういう魚はグッドコンディションのデカバスだからです。川バスは冬でも動いていると思います。

バイトが多いとは言いませんが、痺れる一匹を釣りにきて下さい。遠賀川バス釣りガイド&レンタルボートご予約お待ちしております!年末年始も営業しますのでよろしくお願いします。


■免許不要のレンタルボートは1日10000円です。

■遠賀川ボートガイド
只今、冬季割引料金でのご案内となっております。(2017年12月11日〜2018年3月9日)
3Hガイド 1名様10000円 / 2名様12000円
6Hガイド 1名様12000円 / 2名様15000円
1日ガイド    1名様20000円 / 2名様23000円

初心者大歓迎です☆よろしくお願いします。