今月はメタニウムMGL、15メタニウムDC、14ステラ、18ステラを導入してみました。

Pocket

昨日はボート作業をやりました。

この振動子カバーは去年交換して1年もたずに壊してしまいました笑

 

それからプラグのフック交換も。

 


 

今月は手持ちを少し処分してシマノのリールを5台導入してみました。

メタニウムMGL×2台、15メタニウムDC、14ステラ、18ステラです。

 

 

 

 

もちろん第三世代のレボも使っていきますよ。

 

レボLTX用のスーパーシャロースプールも追加しました。8lbが50m入るスプールです。YTフュージョンのベアリングに交換して使います。

レボLTXは他に8lb-100mのスプール(純正)、12lb-100mのスプールの3つを入れて使い分けています。

リールの自重が152gなのでライトよりのロッドにマッチしてくれます。

 

第四世代のレボも使ってみたのですが、思う所が有り導入に至らずでした。

それでメタニウムMGL×2台とメタニウムDCを導入してみました。

メタニウムMGLは自重が175gでスプール径が34mm、12lbが100m入ります。

15メタニウムDCは自重が190gでスプール径が34mm、14lbが100m入ります。

それぞれレボLTXより重いロッドに合わせて自重とラインキャパで使い分けしてみたいと思っています。

 

 

 

今の所の簡単な印象は、メタニウムMGLはピッチングが伸びるフィーリングが良いのと、中量級のルアーのキャスティングに良い感じです。15メタニウムDCは中量級以上のルアーのピッチングよりキャスティングに向いているという印象です。もう少し使い込んでみたいと思っています。リールは買ったばかりの時は何でも良く感じるものなので笑

元々メタニウムは1997年の銀メタから13メタニウムまで愛用していたリールなのですが、主にマイクロモジュールが好きになれなくてシマノ離れしました笑

 

ステラは単純に憧れです笑

結果安上がりになるというのを黒田さんのブログで見て導入しました。

 

シマノリールガード(スピニング用)というカバーはロッドに付けたまま使えるので便利です。サイズはSS〜Lまで有り、2000〜C3000番に対応するSをセレクトしました。

 

このカバーはスタコンハンドル付きのベイトリールもすっぽり収まります。

 

 

 


ビックバスの実績が高いタイミングです。是非遠賀川に遊びに来て下さい!

遠賀川ボートガイド&免許不要のレンタルボートご予約お待ちしております!

■免許不要のレンタルボートは1日10000円。

■遠賀川ボートガイド
3Hガイド 1名様10000円 / 2名様12000円
半日ガイド 1名様15000円 / 2名様18000円
1日ガイド 1名様23000円 / 2名様26000円

初心者大歓迎です!よろしくお願いします。

 

スポンサードリンク



 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です