カテゴリー別アーカイブ: タックル

6月遠賀川下流戦で使ったルアーとタックル。

この前のRB2@遠賀川下流戦で使ったルアーの話。

image

当日のメインパターンはバンク撃ち。

直前のプラではバックシートのいとうさんがUVSCの3.5g〜5gのテキサスリグ一本で2470gを頭に6キロ弱のスコアを出されており、

リズムも良いので初めはテキサスリグ(UVSC,カットテール10インチ,ジャンボグラブ)でやっていたのですが、

バックシートのいとうさん、僕共にショートバイトでノらない。

 

IMG_4911

見えバスもいるものの、プレッシャーが掛かっていてラインが頭上を通るだけで逃げるような状態でした。より繊細に撃っていきたかったのでBFカバージグ4.5g+グラスミノーLにシフトしました。

しかし、グラスミノーでは動きが強くて(それが好きで普段は良く使う)口を使わない感じ。。

トレーラーをアバカスシャッド2.8にチェンジし、

ジグはBFカバージグ3.5gにしてよりフワっと落ちるように、と思いましたが、プレッシャーでカバー奥に入ったバスにアプローチさせる事を考えて、少し重めのC-4ジグ3.8gをセレクト。カバー貫通力とキャスタビリティーが若干UP。

これが当たってくれて、流し直して2本キャッチしましたがどちらもキチンんと口の中にフックアップしてくれていました。

 

IMG_5743

使ったタックルは、ロッドがロードランナーストラクチャーST670MH-Ft。今年の試合で大活躍のロッドです。ラインはフロロ12lb。カバー撃ちのみであれば14lbをセレクトしますが、カバー手前の沈みモノもやる可能性があったので操作性を考えて12lbで組んでいました。2本目はカバー手前の沈みものでキャッチしました。リールはレボLTX。ベアリングはYTフュージョンのハイパーBBマグナム。ハンドルはスタコンのRC-SC XL24Knob.(プロト)ベイトフィネスであっても、カバーから引き離して巻き込んでいくという目的は変わりませんのでこのハンドルが調子良いです。リールを見ずにノブを握れるのでリズムも出来ます。

 

RB2プラクティス詳細はコチラ

RB2大会当日詳細はコチラ


連日グッドサイズが出ている遠賀川です!

遠賀川ボートガイドは3時間10000円、6時間16000円、1日20000円です。3日前までのご予約で3000円OFF(3H不可)!

免許不要の遠賀川レンタルボートは1日10000円。

ガイド&レンタル 初心者大歓迎です♪

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

トータルスキャン振動子→HDI振動子 不具合

ローランス魚探の話です。興味の無い方はスルーして下さい☆


 

サイドスキャンが可能なトータルスキャン振動子。

でも本来船尾に付けるもので、エレキに付けてしまうと操舵が重い汗

モーターガイドツアーの82lbでパワー70%以上出すと危険笑 カクってなったら船から落ちちゃいます。

 

IMG_4523

なので小野湖のエレキ戦を機にHDI振動子を導入しました。

遠賀川で取り付けしてテストしてみたのですが、

本体で、温度が正しく表示されず(10度くらい高く出る)、ダウンスキャンの画面が下半分出ない泣

“設定”から”振動子”で”HDI 83/200/455/800″を設定してるのにダメ。

 

購入したノースウェーブに電話して聞いてみるも新品なのでそんなはずは無いと。

でも実際にそうなっているので、と伝えるととりあえず送って下さい、とのことで返送。

すると後日電話がきて、結論から言うと振動子のセットと本体(エリート7ti)の組み合わせが悪さしていました。

エリートtiHDIモデルの振動子は9ピンのモノがついているのですが、

僕がやっていたのは、従来型の6ピンHDI振動子+9ピン変換アダプタという組み合わせ。んでこの9ピン変換アダプタは、僕の持っている初期のエリートtiと組み合わせた時に、先ほどの水温誤表示などの不具合が出るという事が、ノースウェーブで調べていただいた結果分かりました。

現バージョンのエリートtiは、その不具合が改善されているそうです。本体側の計算式が改善されたようです。

なので対策としては、本体を送ってバージョンアップするか、6ピンHDI振動子&9ピン変換アダプタを返品して、9ピンHDI振動子を送ってもらうかという事になり、後者にしてもらいました。

初めから9ピンHDI振動子を売ってくれ笑と思いましたが、まだやった事がなく値段が付いていないからとの事でした。結局値段は6ピンHDI振動子+9ピン変換アダプタと同じにしてもらいました。損したか得したかは分かりません笑 試合に間に合ったので良かったです。

 

IMG_4525

新品の振動子ガードは傷だらけで流石アメリカン。

 

IMG_4813

これ付いてなかったら、フロントエレキ(モータガイドツアー82lb)を引き上げてハイガー(24V100lbだったかな)のみで移動みたくなっていたので、2機がけ出来る状態で試合に臨めて良かったです。

ノースウェーブには迅速な対応をしていただけました。ありがとうございました!

 

image

ハニスポで購入した僕のローランスにもノースウェーブ印。

 

 

エスケープツインのセッティング シンカーなど

遠賀川バス釣りガイド2回連続で50アップ出ました!

スクリーンショット 2017-05-02 13.32.03

スクリーンショット 2017-05-08 7.17.33

どちらもエスケープツインでの釣果。

やっぱりこのベイトはイケてます。この時期のビッグ狙いスロー展開に欠かせません。

 

スクリーンショット 2017-05-01 0.20.57

この前の遠賀川上流の大会でもエスケープツインテキサスリグが活躍してくれました。

ゲスト様のセットアップはテキサスリグ、チェリーリグ、ビフテキなど様々ですが、

僕のフェイバリットはEGタングステンバレットシンカー7gのテキサスリグです。ペグ無しで、フックがWORM322 2/0のセッティング。エスケープツインのフックについては過去のエントリーでも書きました。

シンカーは5g、6g、3.5gなど色々試しましたがやっぱり7gが一番釣れる気がします。

 

IMG_3686

遠賀川で使うシチュエーションは水深20cm〜2mと浅い所が多いのですが、浅くても7gが素早くシンカーフリーになります。5gとかだと軽いので大きくシンカーが離れてくれません。シンカーが先に着底した後、遅れてワームが落ちてくる間(ロッド操作はステイですがワームは動いている)がクワセの間になります。この時動かし過ぎると釣れません。

 

スクリーンショット 2017-05-08 10.16.32

EGタングステンバレットシンカーはホールが大きいのでシンカーフリーになってくれやすいです。デメリットはその分シンカーが大きくなります。水深が有る所ではそこまで神経質にならなくても良いと思いますが(実際に別の形状の違ったシンカーを使う事も有ります)、浅い所ではフリーになるかならないかの差が、僕の中ではとても大きいのです。なのでペグも基本は無しです。”キャロ”に近いのかもしれません。アクションもスイミング&ステイを多用します

 

IMG_3991

7gだと重いので強風でも投げ易く、流れがあっても底がとり易いです。有る程度のカバーなら入っていきます。フォールも早いので釣りのスピードを落とさなくて良いです。リップラップなど根ガカリが激しい所では5g、6gに落とすか、最近は2.2gスナッグレスネコ(ブレーバー5.7やドライブカーリー4.5)にシフトします。

ラインは操作性重視でフロロ14lb、カバー絡みが多い時はフロロ16lbです。FCスナイパーやバニッシュレボリューションを愛用しています。これらは径の規格が太いので14lbの時は12lbをセレクト。16lbの時は14lbをセレクトします。(意味分かりますかね?)FCスナイパーの14lbならシーガーの16lbの太さとほとんど一緒です。

リールはハイギアリール(1:7.0以上)で、ロッドは6フィート8インチ前後でMH〜Hパワーです。

 

 

スクリーンショット 2017-04-07 20.57.01

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-10-16-38

カバーだけやる時はブラッシュホッグやUVSCのペグ有りテキサスリグが好き。テキサスリグとひと言に言っても色んな使い方や考え方が有ると思います。今日は僕なりのセッティングを紹介させていただきましたので良ければ参考にしてみて下さい。

エスケープツインのフック

今日は遠賀川下流の練習に行きたかったのですが、強い雨で断念。普段なら雨でも出ますが、そのまま大分県芹川ダムまで行くのでビショビショになるのはダルい、、という訳でタックルボックスの整理をしました。

VS3080の上段をプラグ→フック&シンカースペースに変更。下段をプラグ&ワイヤーベイトの空間にしました。あ、写真撮るの忘れた。

こちらはエスケープツイン用のフックケース

IMG_4285

メインはがまかつのワーム322の2/0。線径か細めで刺さりやすい。軽いのでワームの浮力を活かせます。シャンクが短いので動きが良くなりバイトが深くなります。〜MHのロッドで〜16lbのラインまでのタックルで使用します。ゲイプが深いのであらゆるワームに対応してくれるのも便利。スピニングでも使うフック。

Hパワーロッドで使うのがデコイのキロフック3/0、リューギのインフィニ2/0。

インフィニはフックポイントが外向きなので深く掛かる事を期待して。以前まではFPPオフセットの2/0を使用していましたが思うところが有り最近はインフィニを試してみている所でして、これがなかなか調子が良い。

キロフックは色んなソフトベイトに合うオールマイティフック。Hパワーロッドでガッツリ合わせてもOK。ハードに使用する場面でインフィニではフックポイントが出て根掛りが気になるような時に選んだりもします。

 

キスラーのおすすめロッド ヘリウム3 69MHのインプレ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-16-24-24キスラーやヘリウム3で結構検索流入いただいています。

今日はおすすめのキスラーロッド ヘリウム3 69MH のインプレ。キスラーヘリウム3のキャスティングモデルは68LMH、69H、69XHなども使いましたが69MHが個人的にはダントツお気に入りです。エバーグリーンのヘラクレスシリーズを使っていた時はヘラクレス7(70H)とエアレギウス(66ML)が好きだったなあ。ロッドはそのシリーズでも特に気に入ったモデルって有りますよね。ちなみにキスラーKLXシリーズはより専門的なロッドで、ヘリウム3はバーサタイルに使える設計のシリーズになっています。

 

キスラー・ヘリウム3 MH69はこんなルアーに使っています↓↓

5〜11gテキサスリグ(14gは使えるがHの方が気持ち良い)

5〜11gのフットボール、チェリーリグ

3/8oz〜3/4ozのスピナーベイト(スウィートは1/2oz)

3/8oz〜1/2ozのチャターベイト

夏はフロッグ(スピンテールフロッグ、スリザーク、Dポッパーフロッグなど)。使っているシチュエーションは川でアシやレイダウン、テトラなど。

4/0〜6/0オフセットフックを使った5〜6.5インチスイムベイト。(ヘッドシェイカーなど)

4/0オフセットフックを使ったバックスライド系。(TKツイスター)

シャワーブローズ、アベンタクローラーなどビックトップウォーター

ワンテンのジャーキング

3.5gスモラバ+3インチシャッドテールでライトカバーを釣ったり、沈みものを釣ったり、5〜7gのドロップショットにも。

 

と、すご〜く幅広く使えるロッドです!!僕の釣りのベースであるスピナーベイトやテキサスリグにはもってこいですので、おのずと使用頻度も上がります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-16-25-00

グリップが比較的短めなので、フロッグ、ジャークベイトなどの操作系や、スモラバをピッチングするのには取り回しが良い。フローターでも使い易かった。

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-16-24-46

ガイドはマイクロガイド(セミマイクロガイド?)。

マイクロガイドってどう?という部分ですが、感度が良いとか、飛距離が伸びないとか、正直、目をつぶって投げたら自分はあんまり気付かないと思います笑

思うのは、マイクロガイドの方がガイドフットが曲がったりなどが少ない気がします。PEでリーダーを組む時は、ノット部が出来てしまうので、デカいガイドの方がキャストの抜けは良いでしょう。

軽いマイクロガイドをのせる事でブランクの反発力を強くするとか、重量の有るガイドをのせる事でより曲がるブランクのセッティングになるなど、ガイドといえばそっちの方が気になります。ガイドリングが取れないガイドとか、曲がり難い(素材や形状)ガイドとかが有ればそれがベスト。壊れたら釣りに行けませんから。あくまで個人的な考えです。

ブランクは無塗装で、メリットとしては軽量化やブランクの反発力が活きる(ダルくない)などの効果が得られる点が挙げられます。ただ、一度、フックがブランク表面に刺さって薄皮一枚隙間が出来た事が有ります(さけるチーズみたい)。それから400日以上は釣りに行っていますが酷使してもまだ折れてはいません。

ガイドやブランクの話に少し逸れてしまいました。

 

フットボールなどの操作でも、曲がるのにもたれ過ぎずにハリが有る?ハリが有るのに曲がる?どっちともとれる不思議なフィーリング。

今はスピナーベイトなど巻き系はロードランナーLTT680MHにさせているので、ワーミング主体で使っていますが、巻きも撃ちもなんでも出来るのでおかっぱりやフローターではこれ一本で釣りに行く事が多かったです。

ホームの遠賀川では長さ、重量共に自己レコードをもたらしてくれた幸運のロッドでも有ります。夏、冬、とシーズン、シチュエーション問わず活躍してくれる右腕です。

2500g

7gビフテキ(ユニオンクロー3.2、がまワーム322・2/0)でキャッチした2500g

 

wp-image-219109186jpg

バックスライド系(TKツイスター、フッキングマスターヘビーワイド4/0)でキャッチした口閉じ尾開き56cm

 

と、ここまで書いてメーカーサイト(トライアド)の説明も貼っておきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-09-10-10-46

いつもお世話になっている福岡県のハニースポットにて購入しました。店頭在庫数は日本一!?

ダメな点も書いておきますね。

image

フォアグリップのスポンジが裂けます。今は収縮ラバーでラップしています。ロッドを握った時に人差し指が当たる所です。負荷がかかるとクニャっと曲がるのが嫌だなあと思っていたら案の定裂けました。後はルアーキーパーが付いていますが、最初は便利だな思いましたがラインが引っ掛かるので個人的にはいらないです。ルアーキーパーを付ける派で有れば、最初から付いているこのタイプの方がコンパクトでスマートですね。そんな所も有りますが、もう一本欲しいくらいお気に入りの一本です。


冬の遠賀川は、バイトが多いとは言いませんが、ビッグバスが期待できます!遠賀川ボートガイド&遠賀川レンタルボートご予約お待ちしております。

遠賀川ボートガイドは1日20000円、6時間16000円です。3日前までのご予約で3000円OFF!冬季限定(〜3/10まで)で4時間30分10000円のプランも設定しましたので是非。

免許不要の遠賀川レンタルボートは1日10000円→8000円(〜3/10まで)です。

ガイド&レンタル 初心者大歓迎!

よろしくお願いします。

 

スピニング×PEラインのシステム

img_0243

スピニングにはPEラインを組んでいます。

img_2356

使用しているのはデュエルアーマードフロロプラス

これの0.8号を入れています。0.6号でも良いかもしれませんが、知らないうちに傷が入っていたら(例えば車内など)という事も考えて。ほぼ気持ちの問題。

フロロ樹脂を浸透させているそうで、表面がつるつるしています。コシが出て、操作性が良いです。比重が高く(比重1.00)水に馴染む。通常のPEは浮く0.97。耐摩耗性も高いようです。

2シーズンほど使用しましたが、使用感は上々です。とはいえ、PEは一度巻くと1シーズンくらい余裕で使えますので、なかなか他のラインとの比較というのも難しい。他にも良いラインが有るかもしれませんね。

フロロのリーダーを組んで使います。長さはアバウトで大体5ヒロ(約8m)くらい。これで切りながら使っていくと3,4釣行くらいで無くなって組み直します。太さは遠賀川上流では7lb。スタックが多いのでリグを軽くしたい遠賀川下流では6lbです。強風や流れが強いと感じた時に稀に5lbを入れます。

接続は電車結び(ユニノット+ユニノット)です。PE側4〜6回のフロロ側3〜4回で結んでいます。現場で素早く出来ますので。先日、エレキでラインを巻いてしまった時に結び目から切れた?抜けた?というのは起きましたが、魚に切られたり、すっぽ抜けが起きたりは今の所有りません。

 

このシステムのメリットは、

ほぼ1シーズン使えるので(PEは劣化しにくい)、経済的だし、楽。

フィールドに合わせてリーダーを変える事が出来る。太さもそうですし、長さでも遊べる。長めに取ってボトムに寝かせたり、リザーバーの深い所なら短めでフッキング時のパワーロスを無くしたり。

結び目で水深が分かる。

色付きPEなら同船者にどこにラインが有るかをアピールできる。自分からも見え易い。

などです。

デメリットは、

接続部のすっぽ抜けのリスクが有る。これはキレイに結び目が出来るまでやり直したり、PEの先をライターであぶってコブにする事で対応します。

PEは伸びが無い特徴が有るので、シャッドプラグなどはバイトを弾く事が有ります。対策はナイロンのリーダーを長めに取るなどです。

風などに弱く、ラインがロッドティップに絡む事が有ります。イトさばきには練習が必要です。

dbv2250

(遠賀川上流の2250g.気難しいミッドスポーンの魚をアノストDBVのネコリグで攻略)

4lb以下のライトラインには試した事が無いので、これらは5lb以上での話になります。接続ノットの強度がしっかり出せるかなど不安ですが、今後ライトなタックルを導入する事が有れば試してみようと思います。僕の持っているスピニングロッドが6フィート3インチのMLパワーで、7lb前後のラインを使用という事で、どちらかというとベイトフィネスに近い釣りになるのかもしれません。ルアーが水に入った後の操作感やラインスラッグの作り易さはスピニングならではのメリットだと思うんですよね。今日は僕なりのスピニングのシステムを紹介させてもらいました。参考になれば幸いです。


年末年始も年中無休で営業します。冬の遠賀川はビッグバスが期待できます。痺れる一本を獲りに来て下さい!

遠賀川ボートガイドは1日20000円、6時間16000円です。3日前までのご予約で3000円OFF!冬季限定(〜3/10まで)で4時間30分10000円のプランも設定しましたので是非。

免許不要の遠賀川レンタルボートは1日10000円→8000円(〜3/10まで)です。

ガイド&レンタル 初心者大歓迎!

よろしくお願いします。

 

 

ベイトフィネス?パワースピニング?

10月26日 水曜日

@遠賀川上流

午後よりパトロールへ出撃。

ガイドでは触れていなかったスポットなどをチェック。

image

C-4シュリンプ3.5のDSにて。

image

SR-MINIにて。

image

2.2gTRY-jig+ミートヘッド3にて。タックルはスピニングのPE0.8号+Fluoro7lbリーダー(電車結び)のセッティングでやっています。パワースピンパワースピニング?よく分かりませんが、

この手の2g〜5gくらいで、ラインは6lb以上を使う場合、

遠賀川上流ならベイトフィネスでやっている人が多いような気がします?

水に入れるまではベイトフィネス、水に入ってからはスピニングの方が使い易いのかな。

ベイトフィネスは手返しがスムーズですし、キャストアキュラシーも良い。

でも、ルアーが水に入ってからは、ラインスラックが瞬時に作れたり、細かい操作がし易いので、今の所、スピニングタックルを使っています。ドラグや巻き取りスピードもスピニングの方が優れていると思います。ただ、ベイトタックルから持ち替え一発目のキャストの違和感は有るかな。

この辺のタックルセッティングはもっとやり込んで、煮詰めていきたい。

image

image

そして今日のビゲストはパワーベイトフィネス(笑)で!

・For EGU Jig HYPER 1/8oz+Vivid Tail3

Reel:07 Metanium Mg7

/Studiocomposite RC-DC PLUS 92mm XL25 proto Knob.

/YT-Fusion HYPER BB MUGNUM

Rod:Kistler Helium3 69MH

Line:Fluoro12lb

このバスはグッドコンディションで良く引きましたよ!

知り合いはジョイクロで1500gFishを筆頭に10本をキャッチしていましたね。今日のコンディションであれば、巻いてアグレッシブに展開していく方が良かったでしょうけど、チマチマ操作したり、新しいセッティングを試したりが最近オモロい。(笑)

image

Mリフ・UKリアクション

でも、次は、こんな気分!?


 

遠賀川ボートガイド料金は1日20000円、6時間16000円、3時間10000円です。3日前までのご予約で3000円OFF(3H不可)させていただきます。

免許不要の遠賀川レンタルボートは1日10000円です。

ガイド&レンタル 初心者大歓迎!

よろしくお願いします。

 

スタコンハンドルで巻き巻き

image

Studiocomposite XL25Knob.

新品と使い込んだやつ。

9月15日 木曜日

@遠賀川下流

所用を済ませ、

遠賀川下流パトロールへ。

image

久々なので、水、ベイトなどのチェックをメインに。3時間ほどで色々回りました。

image

image

チャター(Bカスタムチャター3/8+デスアダー5)にてナイスキーパーが2本。

2つほどミスバイトが有りましたが、魚影の濃いエリアでは横っ飛びバイトが見えたり、ボート際でひったくったりと、エキサイティング!

image

チャタータックルにはスーパーハイギア(8.1)を使用、でも、Studiocomposite RC-SC EX PLUS 96mm XL25Knob.(proto)でリーリングが快適です。力強くも、繊細にも扱えるハンドルです。”EX”は本来、10XDなど強抵抗のリーリングベイトなどに向いていますが、

スーパーハイギアリールでスピナベ、バズ、チャターなどを扱うとそこそこ強抵抗になりますので”EX”がいい感じでマッチングしてきます。元は巻きを7.0でやっていましたが、8.1に上げてもスタコンハンドルのおかげで快適にこなせるようになりました。力が入るし、指が抜けたり、疲れたりも無いですから。

なぜ巻物にスーパーハイギアなのか?は、ローギアだと困る場面が有る、からです。

フィールドは結構秋めいてきましたね。巻き巻きしに来て下さい。グッドコンディションのデカバスも狙えますよ!


 

Twitterにて釣果速報を更新中です。「今から行けますか?」など飛び込みガイドもお気軽にどうぞ☆

ガイド料金は1日20000円、6時間16000円、3時間10000円です。3日前までのご予約で3000円OFF(3H不可)させていただきます。

免許不要の遠賀川レンタルボートは1日10000円です。ボート初心者大歓迎です!

よろしくお願いします。

スタコンハンドルXL25

WJBTのウィニングタックル with スタコンハンドルXL25.

ノーシンカータックル

テキサスタックル

巻物タックル

バスが手前に走ってくるバイトに対応する為に、僕はハイギアリールを愛用しています。(ワーミングだけじゃなく巻物もそう)
ハイギアリールでの負荷の掛かる巻き取りでも、XL25 knob.は滑らず抜けず、力強いリーリングが可能。また、ノブを手で探す事無く、バイトと同時に瞬時に握る事が出来ます。

今回の試合でも手前に走ってくるバイトに瞬時に対応出来ました。そうじゃないとテンションが抜けるてバレてしまう。こうした事が安心感というアドバンテージになっています。

カッコいい道具は気分も上がります。

スタコン最強ハンドル RC-SC EX PLUS

スクリーンショット 2016-07-16 9.14.20

RC-SC EX PLUS 96mm XL25(proto)

スタコン最強パワーのハンドル、EX。

wp-image-219109186jpg.jpeg

先日は遠賀川本流の自己レコードとなる56cmのバスをキャッチ。

このサイズも全く不安の無いハンドリングで落ち着いたファイト&巻き取りでした。

16-06-21-11-02-24-076_deco.jpg

外観は1mmアップの5mm厚プレートと、ノブ根元のアルミチューブが強そうな感じを醸し出しています(笑)見た目は一番好きかも!?

デザイン性はもちろん、5mm厚プレートは強靭で、安心感が有ります。アルミチューブは軽量化に貢献。

根元の受け(新開発パワーソケット)もゴツくなっていて、破損や曲がりに対しての強度がアップ。でも巻き心地はシルキーです。

ゴツい見た目ですが、”普通”のバスフィッシングにも使えます。色んな釣りに試している所ですが、上記のバスのキャッチ時には高比重ノーシンカーのタックルにセットアップしていました。

スクリーンショット 2016-07-27 23.47.59

マグナムさんは10XDなどの強抵抗リーリングベイトにセットアップ。

ちなみにリール本体からハンドルまでの距離は、

SC(ショートクランク)とありますが、DC(ディープクランク)とほとんど同じくらい寄ってますのでリーリングの安定感はバッチリです。

プレート厚が1mmアップしている事と、アルミチューブの根元の分(1mmくらいかな)、ノブのエンド部が外にはみ出しています。ノブの長さ自体はDC PLUSなどと同じですが、ノブが長くなったような状態になっており、カバーから引きはがす場面などでもよりトルクフルな力強い巻き取り感が出てます。コレはおそらく副産物的な感じ?!(笑)

スクリーンショット 2016-07-28 0.05.01

使用しているプロトはXL25Knob.ですが、XL25Knob.との相性も調子良いです。これからも使い込んで行くのが楽しみなハンドルです。