カテゴリー別アーカイブ: タックル

2本キャッチしたのはZOOM/UVSC・9gテキサスリグ

2016年冬の遠賀川戦優勝時のルアーとタックルのお話。

勝ったやつの話なんて聞きたくない!と思われる方も、一生懸命書いたので見て欲しいです(笑)

image

前日に組んだのは5セット。
メインとして11gチェリーリグ。フォローの5gリアクションDS。横を引く駒はソウルシャッド。カバー絡みは9gTX。くわせのスイムベイトです。

朝一のマンメイドでリアクションDS(とワサビー)を15分投げて、エレキで移動時にソウルシャッドを投げました。スイムベイトとチェリーリグは触っていません。

image

残りの95%の時間は9gのテキサスリグ(ペグ有2.5cm)。ワームはZOOM/UVSC。
予想以上に強い濁りに加えて、増水傾向でしたのでシャローカバーをやりました。

9gテキサスの使い方は、ストンと落とすリアクションです。狙っている事は、11gチェリーリグと同じ。単純にカバーの中=重いテキサス、マンメイド=チェリーリグという使い分けです。

(冬に)何故リアクションにこだわるのか?

理由は、釣りが早いというのが一つ。

もう一つは、バイトが強く出易い。というもの。クワセの釣りで「バイトは有るんだけど…」というのを良く聞きますが、リアクションだとフックアップ率が抜群に上がる。バイト数=フックアップ数となります。

低水温期で、バイト数に大きく差が出ないのであれば、僕はクワセよりリアクションを選びます。キャッチ数が上がるからです。

image

3日前、2日前と半日ずつプラに入りましたが、新たなスポット探しの魚探がけをしつつ、3.5gのドロップショットと5gのエスケープツインをずっと投げてました。クワセの釣りでどのくらいバイトが出るかを知りたかったのです。結果はNB。それで当日やる釣りが絞れました。
NBだったのは下手だからでは無いと信じたいです(笑)

image

9gのテキサスにUVSCをチョイスした理由は、コンパクトでいてしっかり波動が出るからです。
これを、例えばストレートワームで同じパワーを出すとなれば、5〜6インチの長さになります。
コンパクトであれば、バスがくわえた時にフックポイントがちゃんと口に入ってくれる。

ボディ目一杯に大きなフックを背負える事もこのワームのメリット。(4/0でも良いかもしれませんが、基本小針志向)

image

使用したフックはFINAのFPPオフセット3/0(左)です。この試合で2bites2fishノーミスで獲れたのは、このストレートタイプのオフセットによる所が大きい。

ウェイトは7gより、カバーに入り易く、ボートディスタンスをとっても投げ易い9g。※当日は風速8m

image

(↑これはオキチョビークロー)

注意点は、UVSC(他のZOOMワームも)はカラーによって全然マテリアルが違う事です。ものによっては水温が低いと動かないカラーも有ります。ZOOMのオキチョビークローは好きなカラーですがボディが硬い為冬は使わない。画像のグリパンブルーフレーク(←これもまた似たカラーが何種類か有るんです)はモチッとしたマテリアルでしっかり動きます。それでいて針モチも良い。困った事に同じグリパン系でもカラーによって全然マテリアルが違う(オキチョビークローのグリパン部分のようにツルッとしたものは硬い)ので、購入時にはチェックが必要です。まあ、豊富なカラーラインナップがZOOMの良さでも有るんですけど。

スクリーンショット 2016-01-20 11.25.45

オオツカの通販がUVSCのカラー在庫半端ないです!見てると楽しい。

とまあ、かなりエラそうに語りましたが、UVSCをまともに投入したの初めてです(笑)あくまで参考程度にお願いします。

image

このリグに使用した、溺愛のキスラー・ヘリウム3/69MH×07メタニウムMg7×FCスナイパーBMS14lbは2戦連続のウイニングタックルとなりました。前回はカバーでは無く、マンメイドのチェリーリグで使用。これでスイムジグやスピナーベイトもやるし、1年中常にデッキに積んでいるセットです。

実は、獲れた2本中、1本は掛けた後、アシに引っかかっていたんです。でも針とライン(前日に全て新品に巻き替え)を信用して、落ち着いてボートで近寄り、キャッチ出来ました。本当にタックルバランスというのは大切です。特に1バイトが貴重なこの時期はなおさら。

触った魚は掛ける、掛けた魚は獲る。とても大事な事です。もっと練習していこうと思います。

 

 

 

 

ジョンボート タックルボックス

image

雨釣行後なのでタックル乾かし中です。

image

VS-7078に入れていたものをエバーグリーンバッカンMに移しました。雨対策の意味も有ります。

エバーグリーンバッカンMには、フック、シンカーなどの小物類の他に、はさみやペンチ、それからよく使うルアーを入れた小さなボックスを一つINしました。

Mバッカンのサイズだとジョンボートの前部分に置けるので、出し入れがしやすい。頻繁に使うものはそこに入れているという感じです。

フック、小物類はジップロックに入れています。

ジップロックは”大”のサイズがおすすめです。釣行時にいちいちジップを閉じなくても、半分に折り畳んで雨水が入らないように出来ます。

僕はなんでもジップロックに入れていて、財布もジップロックです←ほんとかよっ!

昔、海に行った時に、海の家のにーちゃんがジップロックに入れると良いよと教えてくれて、それからずっとそうしています。

財布って本当に必要なのかなって思います(笑)

image

その他のルアーは今まで通り、バケットマウス7000に収納。ルアーをジャンル別に小分けしてボックスに収納。フィールドによって必要の無いものは外せるようにしたいからです。

その二つ以外にも、エバーグリーンバッカンLもボートに持ち込み、ソフトベイトはそこに入れています。食べ物やレインウェア、替リール、ラインも入れています。

フック タックルバランス カルティバとがまを

大会前になると”フック”について考える機会が多くなります。

image

スライドスイマー用に
カルティバ/スティンガートレブルST46
がま/TREBLE RB HM
を準備しました。

今は沢山の種類のフックが出ています。

よく、カルティバは曲がると言われますが、実際曲がると思います。

反対にかたくて曲がらないフックも有りますが、折れる危険性は曲がるフックの方が低い訳です。
どちらを選ぶかは、その人のタックルやライン、釣るシチュエーション、フッキングの流派によって選べば良いと思います。ただ、曲がらない=正義とは限らないという点は知っておかなくてはなりませんね。

image

昨日のキハママヤさん同船釣行でも、フックとタックルバランスについて考えさせられるシーンが有りました。

彼は初め、メガバスのV9というスピナーベイトをキャストしていました。トレーラーフックを使わなくても良いように割りと大きめのフックが搭載されてあるスピナーベイトです。
トレーラーフックは付けない派の私好みのフックです。線径も比較的しっかりしたフックなので、カケれるロッドがベストです。

ところが、彼の使っていたロッドは割りとノセ重視のものでした。一応、メーカーはスピナーベイト用と謳っているアイテムです。で、デザインしたプロのDVDを観たことが有るのですが、、、、

字ばかりですかついてこれてますか?もう少しお付き合い下さい(笑)

そのロッドは恐らく(間違っていたらスミマセン)、霞のリーズフロントやジャカゴ的な所をボートからショートディスタンスで撃つみたいなシチュエーション(そのDVDのシーン)で使われているのでは無いのかなと思いました。それだとある程度のしなやかさがあっても良いからです。(感度もスピナーベイトだったら、操作感や前アタリが欲しくてある程度必要)

image

実は、そんな話をする前に一本ナイスバスがバレてしまっていたのです。ハートテールのNSで結構距離の有るところでのバイトだったのですが、フッキングが届かなかったのでしょう。ジャンプ二発目でバレてしまいました。

そこで見かねて、小さな親切大きなお世話で、
青木プロが使っているように、その竿に合うように、コンパクトなハイピッチャーにトレーラーフックを付けてやってみては?と提案させていただきました。

すると、見事にバスをキャッチ!

image

トレーラーフックへのフッキングでしたが掛かってくれていた。ちなみに、トレーラーフックは持っていなかったようでしたので僕のものを使ってもらいました。

皆さん、リールの知識はとても詳しかったりするのに、フックやタックルバランスなどは軽視されがちだと感じます。とても大切な事であるにもかかわらずです。

触って掛けれない、掛けても獲れないじゃ、投げる意味が無いようなもの。

触った魚は掛ける、掛けた魚は獲る

釣りの基本で有り、僕も目標にしているところです。

まあ、なかなか、一個一個のルアーに合わせてタックルを持ち込むのが困難な時も有りますよね。僕もジグタックルのフロロでフロッグ投げる時も有りますし…。

まずは好きなルアーを一つ決めて、それにバッチリなタックルを組む練習をするのは良い方法かもしれません。(僕の場合はスピナーベイトがそれでした。いや、その前の常吉リグか)

好きなプロの真似から始めてみて下さい。それから、自分なりにトライ&エラーすると良いと思います。

是非タックルバランスをもっと研究してみて下さい。僕も日々勉強中です。もっと獲れる魚を増やしていきましょう。

image

(↑↑どちらも番手は”1″)

かなり話がそれましたが…
ST46(左)はワイドでシャンクが短い。
MH(右)はシャンクが長くてスリム。
線径はST46の方が若干ですが太いような気がします。

ビックベイトの針は黒よりシルバーが好みです。

image

ティンセルを巻いて替えフックをStandby.
(ごっちゃごちゃ笑)

image

CBACまで後二日…。

CBAC参加者募集中です☆

スティックイット インプレ

image

image

image

↑↑ホントはこっちを付けたいが、ジョンに付けたら沈むな(笑)

image

こんなに曲げても折れません。
物干し竿的なもので自作できるのでは?という声も聞きますが、折れると思います。船体重量+人+流れで結構な負荷がかかるものです。

有効な使い方としては、遠賀川など、川で、沖のブレイクにステイしたい時。
周りに何も無いと、気づいたらポイントから外れてたりするものです。川なので流される(風が強い事もある)わけですね。そういう時に釣りに集中できます。

image

image

そんな使い方で、スティックイットデビュー戦@遠賀川ではコロンコロンのキロ後半を連発出来ました。

スティックイットが無かったら、一本目をルアーから外したりしているうちに流されてしまっていたはずです。そうすると一瞬のフィーディングを逃し、連発は無かったかもしれません(狙っていたのは沖のピン)。

エレキを踏まなくて良い事も大きいです。魚が入り続ける。

image

根掛かりを外す時にも、エレキを踏まなくて良いので便利です。

後は、離岸する時にスティックのみを使って、岸を蹴ったりするのにも使いますし、僕はやった事無いですが、マットに穴をあけるという使い方をする方もおられます。

CBACの仲間内でも装着している船が複数居ます。川ではやはり便利ですね。かさばりますので、止水域では持っていかないです。一度、小野湖の大会で、BWで使おうと持ち込みましたが、肝心の魚が居なくて使えず(笑)

長さは8フィートくらいかな?
11フィートのジョンボートに積んで、後ろギリギリに付けて寝かせて(ロッドを並べる風に)、頭がフットコンの横くらいまできます。注意点は8フィートが車に積めるかです。僕は裏技を使っていますが(笑)

結論を言うと、僕は付けて良かったです。無かったら無くても良いかもしれませんが、有ると使えます。下手なロッド一本買うより戦力アップになるかなという感覚で買いました。
おすすめです☆

■追記
Q.どんなに風が吹いても抜けないのか?
A.キチンと刺していれば、二人乗っていてもなかなか抜けません。

Q.簡単にささるものなのか?
A. スティックを上から体重をかけるようにしてやれば、結構簡単にささります。刺す場所は、砂地や、粘土を探して刺します。それっぽい所を目視やスティックでつついて探します。ロックエリアだと、岩と岩の間に刺して止めます。

丸山ダム戦に向けてVS3078とPE巻き替えを…

今日は今からウィンタートレイル@山口県・丸山ダムなのですが、早く目が覚めすぎました。なので更新。

image

昨日はボックスの整理をしました。
そのシーズン良く使うルアーは
VS3078の上段にIN(使い終わったらそのまま入れるシステム)。そのためぐちゃぐちゃでしたので。

メインボックスはVS3078に最近落ち着いてる。
色々理想の収納方を模索しましたが、
最終的には手頃サイズで、何となく見た目も好きなコレを選びました。釣りのスタイルは11フィートジョンボートです。
フィールドや、季節に合わせて、ボックス変えてたりしてたけど、キリが無いので、ボックスをコレ!と決めて、それに収まるように収納するようになりました。

まあ、収まってないけど…(笑)

image

愛用のツール達。
右から三番目のスコーピオンのプライヤーは何と15年選手!多分一番長持ちしてる釣り道具です。特にコレじゃないとって訳でも無いんだけど、生き残ってる

その左のニードルは有ると何気に使えます。ワーム針のカエシに残った塩をこさぐ(削り取るの意)時とかね!(笑)そのままボックスに戻したら錆びるやん

image

ラインも巻き替え!
スピニングにはコイツをインストール。
半年以上使って、悪いところも有るけど、気に入ったので再びコレ。 号数はディープでの操作性を高める為に0.8号に落としました。 PEって中々巻き替え無いから、色んなやつ試すの時間かかります。だから少し手抜きした意味も有る?かな(汗)
PEはホント経済的です。だって半年以上使って、裏返してベイトに巻きましたので、また半年使っても2000円程度のラインが1年以上使える!更に大きいメリットが、巻き替えの手間が取られ無いという点ですね。フィールドによってリーダーの太さを変えるだけで良いので。そういった訳でスピニングはPEにしています。一時期ベイトもオールPEにした事もあるんですけどね。今はベイトにはフロロが多いです。こちらについては、また、別で詳しく書かせていただきます。今回はメタルのベイトタックルにのみPEをインストールしてみました。

さて、二日前のプラでは中々のデスっぷりを発揮していた丸山ダムですが、
今日は釣って、10月の三連戦全ウェインの目標を達成したいです。

ではいってきます!

VS-3078の下段の中身

腰痛が悪化したので、今日は朝練中止にしました(泣)

image

というわけでBOX整理をします。ついでにVS-3078の中身を紹介。

まずは左のスペースの一番下。

image

小物類と小野湖戦の時の”永松ノート”(笑)

後は、写真には無いですがシンカーBOXが入ります。

image

その上のスペースはフック類。
~3/0と、4/0~に分けてジップロックへイン。

image

お気に入りのフックを紹介。
バルキー系には、ずっと使ってて信頼の「フッキングマスター ヘビーワイド」

ストレートタイプのオフセットはフィナの「FPP」
こちらはエスケープツイン(2/0)、デスアダーホッグ4やブラッシュホッグ(3/0)などに使っています。
このてのフックの中では、ゲイプが広め(フック自体も少し大きめ)で、幅広いワームに対応。艶消し加工もフックの存在感を消してくれる。

冬のショートバイトでも口の奥に掛かってくれるし、ワームをセットした時の見た目がスマートなので、ストレートオフセットは好きです。

image

上から二段目は
スナップケース、ウェイトケース、ラトルケースetc
よく使うフックや、お試しの小物もここに入れたりします。

以上が左スペースの紹介です。
続きはまた。

左巻きに統一するとデッキの上で綺麗

手持ちのリールは全て左巻きです。

image

1台だけ右巻きが入っていると、デッキに並べた時に気になる笑

image

全て左の方がスッキリです。

更に言うならスピニングも入らない方がスッキリします。

ジョンボートのデッキ内は狭いのです(汗)

竿は大体6本積む事が多いです。初めてのフィールドで、絞れない場合は、予備で、リールを外したロッドだけをデッキに乗せる事は有ります。そうするとあんまり邪魔になりません。

全て左巻き統一した理由はもう一つあって、

07メタニウムを5台持っていて、替スプールも5個持っています。スプールチェンジする時に、右巻きで巻いたスプールは、左巻きのリールにセット出来ません。糸が逆方向に巻かれてあるからです。糸を全て出して巻き直すという作業が必要となります。これが面倒で統一しました。

昨日の小野湖釣行でメインロッドのディトネーターのガイドが破損しました(泣) 修理に出さなきゃ。

後、エレキも壊れて焦りました。
間違えて調子の悪い(急に切れる)バッテリーを持ってきてしまって、それを使っていたところ、やはり、エレキと魚探が同時に切れた。

そして、別の大丈夫な方のバッテリーに繋ぎ直したのですが電源が入りません。
バッテリーを見てみると、ナット(プラスチック製)が焦げてました。

少し置いていたら復活してくれたので良かったですが。もうこのバッテリーは廃棄ですね。

シマノリール

product4

これも、、

image

これも使ったけど、、

やっぱりこれの方が良い。

image

名作07メタニウム。これももう、8年前のリールですね。

image

クロナークは良いって思ってたけど、ロッド持ち変えて、あれっ?なぜこんなに飛ぶ?と思ったら07メタニウム載せたタックルだった、てな具合。

そりゃそうだよね、新型のブレーキシステム(SVSインフィニティ)は、物理的に言って、あのブレーキユニット分、モノがスプールに乗っている訳ですから…ねえ?別に飛距離信者では無いですよ。キャストフィールの話です。

初期15メタニウムの6ブロックでは無く、4ブロックのクロナークは、初め、良いなと思って使っていました。 一年くらい使って、最近、新型SVS(外部調整タイプ)特有の軽い異音、もしくは、こすれているような違和感出てきた(汗)
断然、07メタニウムには及びません。只、外部調整はやっぱり便利ですが。遠心の限界がここなのか?

飛距離、巻き心地、剛性、デザイン…
リールに求める性能って色々あると思いますが、
本当に大事なのは”使っていて気持ちいいか”これにつきます。スペックだけでは語れない部分です。

珍しくリールの話でした。
道具の中でリールの優先順位は低いので、普段考えないようにしているのですよ。

サンライン FCスナイパー インプレ

image

ニューBMS

FCスナイパーBMS AZAYAKAがストアに並び始めたようです。

旧BMSより伸びが少なく、視認性もアップしているとの事。

僕は

カバージグやバックスライド系のカバー撃ち

マンメイドのフットボール

などにBMSを使用しています。
アドバンテージはかなり有ります。

ラインの違和感(アタリ)、特に、
フォールスピードが少し早くなったりする変化は、単色のライン(色付き単色でもダメ)では取れません。BMSなら、急に早く水中に引き込まれるような変化が 赤、黄、オレンジマーカーが有る事で明確に分かるようになります。

バイトが増えるラインです。

後、釣りしてて、特に川では良くありますが(ドリフトの釣りとか)、
「あれ?ラインどこいった?」
みたいな時に、竿でライン引っ張って、ラインの位置を確認したりすると、余計な水切り音で魚をスプークさせたりしてしまいます。
BMSだと、マーカーでラインの位置が分かるので、そんな事をせずに済みます。

水中のどこにラインが有るか?が分かる事で、それに合わせてアワせる角度をシミュレーションし、ロッドの構えかたを変えていきます。

獲れる魚が増えます。

安いなら全部このラインにしたいくらいです。

マーカーのせいでバイト減るんじゃないの?

image

 

こちら、ブラックストリームマジック。同じくサンラインのグレ用のハリスです。

黒と薄い黒の交互の組み合わせにより、
線でなく、点に見せる事で、魚に喰わせる
というコンセプトらしい。

これを見て、BMSも同じような解釈をしてみようと。そんな感じで、冬の遠賀川、低水温のシビアなコンディション&クリアアップの状況でワンシーズンテストしてみました。結果、問題なく喰ってくるし(予想通り)、むしろ取れるバイトが増えたという結論に。

15年ほど前ですが、村上晴彦が東レの黄色のフロロをスピニングに巻いて爆釣しているのを見て、私も真似して釣っていた時期があり、普通に釣れていたので、元々カラードラインに抵抗が有りません。

image

色付きラインでおしゃれ度もUP。

あ、色付きなので、タンデムの時、おまつりしにくくなります。

本当、良いラインなので、皆さん使ってみて下さい。
そして、みんなが使って、買いやすくお求めやすくなれば良いなと思っております(笑)

最後にプロデューサー?の下野さんの言葉↓

「ラインはクリアやないと喰わないって言ってるやつ。ラインの前にお前の頭をクリアにした方が良い」

…!!(笑)

バケットマウス、E.Gバッカン、VS3078

image

入れ物が大好きです。
なんか、入れ物が気持ちよくないとダメなんです。(でも中身はまあまあぐちゃぐちゃ!)

今回は、

image

バケットマウスとE.Gバッカン(L)

僕なりのインプレを。シチュエーションはサウザージョンボート(11ft)での釣行で、一人釣行と二人釣行半々くらいです。

まず、バッカンタイプの収納は軽いという点がメリット。ボート上で移動させ易かったり、ボート→車→自宅と運搬時にも煩わしさがハードタイプの収納に比べて少ないです。

バケットマウスなどハードタイプの収納のメリットはイスになる所。
サウザージョンボートに付属しているキャスティングシートは邪魔になるから僕は使わないです。んで、エンジン使う遠賀川とかだったら、エンジン移動の時に座って休むタイミングがあるから問題無いけど、エレキレイクだと移動時とかイスが欲しくなるので、バケットマウスのイスが有ると便利。

現時点で僕が採用しているのが、VS3078+バケットマウス7000という組み合わせ。これに食べ物、着替え、替えラインなどを入れたバッグをプラスしています。

もし、キャスティングシートを使うとか、エンジンOKのフィールドしか行かないとなれば、バッカンタイプをチョイスすると思います。やっぱり軽いから。

収納力は、
バケットマウス7000が90
E.Gバッカン(L)が100
バケットマウス9000が115
って感じでしょうか。
バッカンは、柔らかい分、少し詰め込めば+5くらい入ってフタも閉まるという感覚です。

バケットマウスは初めは9000を使っていたのですが、ジョンボートとか小さい船には7000が合っている気がします。9000でも全然いけますけど。大きいと車の中でも意外と邪魔になったりするものです。モノも減らせるし、7000が今の気分。

VS3080もVS3078へ小さくしました。入れ物をコレと決めたら、それに入る分だけを積むようにしました。それで案外大丈夫です。(んー、これでも多いですかね?)

本当はもっと減らせるけど、フィールドが変わる毎に、中身を大きく入れ換えてたら大変です(汗)これくらいが必要最小限。

また収納システムは変わるかもしれません。収納の道は終わらない…。

image