カテゴリー別アーカイブ: リール

レンタルボート、遠賀川最上流エリアも可能です。

動画、今日アップする予定でしたが、車検だったり、リールのメンテに力入ってしまい、出来ませんでした。

image

このグリス。一昨年かな?タックルベリー小倉朝日ヶ丘でもらったやつ。リールグリス無いですかって聞いたら、無いからこれやるよとくれました。僕の名前すら知らないのに何て良い店なんだ…。

ドナドナするリールのありがとうメンテには、YTのグリスはもったいないのでコレ使いました(笑)

image

先が細くて曲がったピンセット買ってきて使ったんやけど、なんて便利なの!初めて使いました。そうです、今までリールはほぼノーメンテ(汗)

でも、今回をきっかけとして、
元々最近リールを勉強していたのも有り、
頑張って最後までバラしたりなんかしてみましたが、発見もあって良かった。めちゃめんどくさかったけど(笑)

リールは、大会のシーズンに入る前に色々試しておきたかったんです。おかげで今年戦う布陣は決まりました。

image

このリール、ジリオンSV TWは良さそうなのでもう一台追加。

これはいわゆる”普通のベイトリール”。ベイトリールど真ん中の14lb~16lbを入れて使う。このレンジを07メタニウムMg7との使い分けで。

20lbクラスはタトゥーラHLCを。34mm径スプールでピッチングからビックベイトまで対応可能。幅広スプールなので、ロングキャストしてもイトのカサが減らない。

7~12lbのライト系は、07メタニウムMg7と新顔のアルファスSVで。33mm径スプールでライトルアーを快適に飛ばせる。アルファスSV×YTフュージョンMAGNUMとの組合わせはバッチリです。

メインがジリオンSV TWで、少し心許ないレンジを他の二台で補うという感じです。
去年まで07メタニウムのみで組んでいた時(一機種のみでやるのが本当は理想だったりもするが)を考えると、超最先端システム!(笑)

後は釣るだけですな。練習あるのみ!

話は変わって、

ハチマルさんが今日、遠賀川最上流エリアにボート出艇していたようです。

遠賀川レンタルボートは免許不要の11ftジョンボート!最上流エリアはトレーラブルボートでは出せないですが、ジョンなら出せます。

image

このエリアは、おかっぱりのメッカ(最近は釣りのDVDでも良く登場)の浅い水域ですが、デカバスの実績多数。ロクマル(ロク絡みも数件)の情報も有ります。我らがCBACのBOSSハチマルさんもジョイクロで57cmを上げておられます!

でもおかっぱりからだとキツいブッシュなども沢山有り、その下には…(笑)

て、ボートに乗れば簡単に釣れるって訳でも有りません(汗)

でもおかっぱりからは見れない景色が見れます。

image

遠賀川最上流エリアでもレンタル可能ですので、是非ご予約お待ちしております。

───────────────────

2/27遠賀川バス釣りガイドご予約いただきました。プレオープン中につき1日ガイド10000円でご案内しています。この機会に是非。(~3/15まで)

GoPro:冬の遠賀川 スピナーベイトで50UPの動画を公開しました。

GoPro:2/15釣行の動画を公開しました。

スクリーンショット 2016-02-15 23.46.19

先にも紹介しましたが、ヒットルアーのスーパーVフラットはかなり実績の有るルアーです。カバー周りの短い距離をゆっくり引いてくわせる使い方が効果的です。普通に使うスピナーベイトはハイピッチャーが多い。

最近こそ、あまり使っていませんが、人生で一番釣ったルアーは多分スピナーベイトです。食わず嫌いの方が多いように感じますが、根がからないし、巻くだけで釣れますのでおすすめです。使い方は、とりあえずモノの周りをスピナーベイトが見えるか見えないかくらいの水深で巻いてみて下さい。スピードは浮かず沈まずくらいでやってみて下さい。

最近導入した、ジリオンSV TWは、巻き感がしっかりしていて集中力が保てます。キャスティングは、優秀なSVスプールのおかげも有り、飛ぶし安定感も有ります。TWという独自形状のレベルワインドは、スピナーベイトではあまり関係有りませんが、ワームのフォーリングなどさせる時に、ラインがスムーズに出ていくのが感じられます。使い込んでみてトラブルが出ないようで有れば良いシステムだと思います。


 

2/20(土)遠賀川バス釣りガイドキャンセルが出ました。ご予約お待ちしております。〜3/15までプレオープン中につき1日ガイド10000円です。

ベイトリールのボディー!

ちょっとスタイルを変えて、少ないボリュームでもブログをアップしていこうかな。

最近、外活動が少し増えてきたので、スマホからでも。ちなみにtwitterは、ちょいちょい更新してます。

image

YTから送っていただいたブツ (詳細紹介はまた) をマグナム九州さんのお店、プルーヴで受け取る。

色々なリールを自分で買っては試していますが、

リールのボディー!

結構大事だと思います。

ベアリング、スプール、ハンドルetc..この辺は、後からどうにでもなる。

けどボディーだけは、原則変えられない。

重いロッドなのか、軽いロッドなのか、でバランスの合うリールが変わってきます。

後は、ニギリ。自分の手に合うリールが良い。

ここはモデルチェンジやスペックの話題などに隠れて、見落とされがちな部分では無いでしょうか?

使うものなので、そのカタチを愛せるかどうか、も大事ですよね。

image

最近、使っているジリオンSV TWというリールがありますが、(今のところ)めちゃ良いです。某社のリールを愛用する、ヤバイの人も、試し投げしてもらった所「…良すぎるやろ」と言っていたとか、いなかったとか(笑)

image

でも、YTベアリングチューン(HYPER BB MAGNUM)された07メタニウムMgの方が良い訳です(ジリオンはノーマルなので当たり前ちゃ当たり前ですが)。8年前のリールですよ?

古くても、そのリールのボディが自分に合うなら、チューンして使うのは大有りだと思います。良いリールは最近機にも勝りますから。

新旧問わず、自分に合う、ベストなリールを見つけてみて下さい。僕も色々トライしてみます。

シマノ・ダイワ リールのインプレ

前回のつづきです。

昨年は、メインの07メタニウムmg7以外にも、色んなベイトリールを試したのでインプレします。

中には1回しか使っていない機種も有るということで、参考程度にしていただければと思います。初期性能がどのくらいもつかとかは、分からないものも有ります。

スクリーンショット 2016-02-04 23.57.24

タトゥーラHLC

現在、Hclassのロッドに乗せているリールです。適度な重さ(220g)もHロッドならniceバランスです。カバー撃ちやビックベイトに使っています。ビックベイトだけならジリオンTWにしますが、カバー撃ちも両方同じタックルでやる事を考えると、スプール径が34mmでピッチングレスポンスが良いタトゥーラHLCを選択しました。16lb以上の太めのラインを入れても、幅広のスプールがマッチします。沢山飛ばしても、糸巻きのかさが余り減らないです。幅の狭いスプールだとかさが減りすぎて気持ち悪い。おかげでボディはデカくなってしまいますが仕方有りません。このリールに関しては以前書きましたのでこちらも参考にして下さい。

dsc_3276.jpg

アルファスSV

最近導入しまして、MHパワーのロッド × 14lbという僕のベースのタックルに乗せています。スプール径は33mm。ピッチングでのレスポンスが良いです。アルデバランの32mmとメタニウムの34mmの中間、33mmってバス用リールではこれのみかな?遠投を多用する釣りの場合は34mmのリールの方が良いと思いますが、これでも出来ない事は無いというか全然出来そうな雰囲気出てました。(ほぼピッチングのシチュエーョンが最近多いので…)

手が大きく無い自分は、このコンパクトボディが握り易くてgood.クラッチが軽いのは、手がかじかむ冬には助かります(笑)後はタフさが気になりますが、そこは使い込んで試していきたいと思います。SS SVの150gより少し重い175gというのは、高い剛性を誇るスーパーメタルハウジング(ハンドル側サイドプレートは肉厚のZAION製)のボディを使っているからだそう。07メタも170gで、大体このくらいの重さだと、軽いイマドキロッドのM〜MHくらいと重量バランスが良いです。

wp-1454422683357.jpeg

ブレーキ調節硬いなあ、とか思ったら小石が詰まってました。これは僕が悪いのですが、こういう所のちょっとしたガタつきやパーツの質感は値段相応。というか元がコスパ良すぎですからね。デザインも、ボディの穴以外(笑)かっこいい。今のところお気に入りリールです。追加するかも。

 

スクリーンショット 2016-02-04 23.59.09

タトゥーラ

 

タトゥーラHLCと使い比べていましたが、使えて、タフさも有りそうで、コストパフォーマンスがとても高いリールという印象。これも詳しくはこちらを。

 

スクリーンショット 2016-02-04 23.59.51

 

ジリオンTW

(↓ジリオンTWとタトゥーラHLCボディを比較)

 

wpid-dsc_2824.jpg

 

ジリオンTWは、スパルタンな見た目が好きでした。特にドラグとキャスコンのアルミパーツがかっこいい。スプール径は36mmですので、重いルアーを飛ばしたい時などに良さそうです。自分はHパワーのロッドに付けて使っていました。ビックベイトには良いのですが、ジグのピッチングにはタトゥーラHLCの34mmスプールがレスポンスが良くしっくりきた為、今は使っていません。TWS(レベルワインドの特徴的な形状)は、ジグのフリーフォールさせる時にラインの抵抗が無くスムーズに落ちるように感じました。このリールが実売28000円前後はとても安いと思います。作りがしっかりしてるし、剛性感は良かったです。自重は215g。

 

wpid-dsc_1885.jpg

SS SV

34mm径スプールで14lbがちゃんと入る、”普通のベイトリール”です(←良い意味ですよ!)。まず軽い。150gだと。この子は1、2回しか使っていません。飛ぶし、使い易いし優等生という印象でした。ただ、ドラグがフルロックでもラインが出る所と、デザイン が気になり、というか、同じレンジである07メタニウムで良いやって感じで、手放しました。ですが知り合いの評価は高かったです。

 

dsc_2590.jpg

dsc_3185.jpg

スティーズLTD SV TN、スティーズリミテッドSV

良いです。普通に。でも高いので除外。スティーズリミテッド(黒光りしてるやつ)とかめちゃカッコいいですね。

シマノは、アンタレスDC12アンタレス13メタニウムクロナーク151(気に入って一時期3台まで増殖)、使いましたが、SVSインフィニティがしっくりこず。どれもそれが無ければ良かったですよ。でも昨日書いたNEW SVS インフィニティは気になりますね。カルカッタコンクエストおかっぱりの時は使っていましたが、凄く良かった。あれは別格の存在感が有りますね。

ダイワは、ブレーキの安定感と、外部調節ダイヤルが良いです。標準装備のハンドルがクランクタイプな点も良い。回し易いです。ハンドルノブはプラッチック的な質感で滑るかなと思ったけど、そうでも無かった。シマノのゴムのハンドルノブは、滑りにくいんだけど、ワームの成分が悪さしてネチャネチャに成る事が有る。

以上です。ベイトフィネスやスピニングはまだまだ経験不足なので、勉強します。たぶん。。


 

遠賀川バス釣りガイド 2/11と3/6ご予約いただきました。ありがとうございます。

〜3/15まで1日22000円10000円ですので、是非この機会にガイドに来てみて下さい。今年は魚の動き出しが早いようですので、冬の釣りが楽しめるのも後少しです!来年の冬に良いイメージで臨むためにも、是非、冬のガイドおすすめします。

2016の新作リール ジリオンSVとメタニウムMGL

2016年新作リールが気になります。

スクリーンショット 2016-02-04 20.13.21

2016 ジリオンSV TW

スペック↓

スクリーンショット 2016-02-04 20.13.45

スプール径は34mmに。いわゆる”普通のベイトリール”。ジリオンTWは36mmでしたし、ボディも小型化されており、全く別モノになっていると言って良いでしょう。(ジリオンHLCというモデルも出ますのでそちらが後継なのかも)

「しかし、新たなZILLION 1016 SV TWに関しては、奇跡的とも言えるノークレーム。清水と同様に、新たに全入れ替えを要求した。毎度泣かされ続けてきたエンジニア陣も胸を撫で下ろしたとのことだ。」と、注文の多い(と書かれている笑)大森さんもノークレームで、全入れ替えするとの事。使ってみたいです。

〜2014までシマノオンリーでしたが、ダイワのSVスプールを使ってみて、非常にトラブルが少ないですね。ピッチングの後半の伸びはシマノSVSの遠心が良い。ロングディスタンスのピッチング時にはそう感じます。ピッチング時に途中の枝に当たってバックラッシュしてしまう時などは、ダイワのマグが良いです。重傷になりにくい。

シマノの気になるリールはこちら↓

スクリーンショット 2016-02-04 20.10.34

2016 メタニウムMGL

ロゴが分からなくてMcLかと思ってましたすみません(笑)

スペック↓

スクリーンショット 2016-02-04 20.11.10

これは13メタニウム、あの賛否両論のSVSインフィニティを改善したビックマイナーチェンジでは無いかと思っています。カラーはシンプルになっていてこっちの方が好きです。

ずっと07メタニウムを愛用していた(今も)自分ですが、13メタニウムを使ってみた所、このSVSインフィニティには馴染めませんでした。なので07メタニウム(旧型のSVS搭載)を使っている訳です。※SVSはブレーキシステムの名前だぜ

こちらも34mmで14lbが90m入れれる”普通のベイトリール”という事で、気になりますが、新しくなった「NEW SVS インフィニティ」はドウナノカ。


 

昨年から色々なリールを使っていますので、簡単にインプレしたいと思います。

と思いましたが、書き始めると長くなってしまいましたので、別でアップします(汗)

■追記(2016年4月10日)

ジリオンSV TWのインプレとキャスト動画

シマノ・ダイワリールのインプレ

アップしましたのでよろしくお願いします。

 


 

遠賀川バス釣りガイド2/6ご予約いただきました。ありがとうございます。

今年は魚の動き出しが早いようですので、冬の釣りが楽しめるのも後少しです!来年の冬に良いイメージで臨むためにも、是非、冬のガイドおすすめします。〜3/15まで1日22000円10000円です。

 

 

 

タトゥーラHLC追加

image

タトゥーラHLC調子良いので、2台追加導入です!

image

やっぱり外せない07メタニウムmg7も一台追加。

~16lbは07メタニウム。
16~20lbにはタトゥーラHLC。
新しい布陣。とりあえずはこのフォーメーションでいってみます。

ギア比は全て7.0classで統一。ハンドルも全て左です。

リールには割と無頓着な自分でしたが、ここの所、色々と試す気になり、右巻き、ローギア〜ノーマルギア、も使ってみましたが、僕にはそれが合う。

リールは、他のタックルに比べると、割とどれでも良いとか思っているくらいですので、僕の意見をあまりアテにしない方が良いと思います(笑)悩むのが嫌なのでリールもなるべく統一したいというのが有ります。とりあえず、壊れない事が一番です!

あ、カバージグのタックルにだけは、タトゥーラHLCの8.1を乗せました。

こちらもよろしくお願いします↓↓

メインは07メタニウムmg

タトゥーラ&タトゥーラHLCゆるいインプレ

ダイワ、シマノリール 多数テストした結果…

アンタレスDC、13メタニウム、12アンタレス、クロナーク、09アルデバラン、カルカッタコンクエスト、07メタニウム

スティーズリミテッド、ジリオンTW、タトゥーラHLC、タトゥーラ、SS SV、

色々使ってみて、
どれも良いところ悪いところ、教えていただきました。

 

image

現段階の俺のベストはこれ。
07メタニウムmg。

もちろんダイワ、シマノどちらも良いと感じたリール有りましたし、いくつかは並行で使用していこうと思います。

でも、メインは07メタニウム。これはホント名機!!汎用性とトータルバランスが素晴らしい。

遠心ブレーキが外部調節出来ない所が最大のウィークポイント。後、ハンドルデザインと、ノブのねちゃねちゃする所はダメで、デザインも小ダサい(笑) ですが愛しています。

リバイバルを切に望みます。シマノさん。 もう、ホント、 新型SVSとかのせなくていいから(汗)飛ばないし、異音がし出す(飛ばなくなる)し

シマノvsダイワ ベイトリールのブレーキ

 

 

 

小学校の時のバスワンに始まり、ずっとシマノリール(シマノしか買った事が無い)を愛用しています。

 

wpid-dsc_2400.jpg

最近、ダイワのリールを使ってみていますが、

「タトゥーラHLC」こちらのリールを使っていてびっくりしたのが、

キャスト後に、糸がフワフワと膨らみ、「あ、バックラッシュする」と思ってそのまま見ていると、

キャスト後半で糸が落ち着いてきて、着水時には問題無い状態になっている。これはシマノの遠心ブレーキだとあまり経験の無い事。

遠心ブレーキとマグの違いって、ロングキャストの飛距離の差はあまり感じません。

一番違いを感じるのはピッチングの時です。

シマノはスーッと奥の奥まで伸びていく感じが凄い。

一方、ダイワはブレーキの効きが少し強いというか、安定している。

 

タトゥーラHLC & タトゥーラ ゆるいインプレ

image

image

タトゥーラHLCとタトゥーラ

MHの竿にセットし、山口県の小野湖のボート釣行にて、それぞれ
1/2チャターと9グラムTXを使ってみました。※どちらもフロロ14lbにて使用

結論から言うと、タトゥーラHLCがキャストし易い(飛ぶ)です。
価格が違いますので、比較対象にするべきか悩みますが、かなり体感出来るレベルで違いました。

主にHLCのスプールの仕事のおかげなのだと思いますが、今更ながらスプールって大事なんだという事を改めて実感しました。

タトゥーラは軽くバックラッシュしたりするんです。
飛距離が伸びない→ブレーキを緩める→たまにバックラッシュしてしまう
みたいな。

HLCはスプールの立ち上がりが良いので(結構体感出来るレベルです)、必要以上にブレーキを緩める必要が無く、結果、バックラッシュしにくいといった感じでしょうか。

テキサスのピッチング、チャターのキャスティングどちらも気持ちよく投げれました。

wpid-dsc_2405.jpg

当日は、HLCをセットしたタックルで、ドライブスティック6のNSにてバスをキャッチする事が出来たのですが、このリグも良く飛ばせました。もっと軽いリグでも扱えそうです。

どちらもボディは似たような造りになっていると思いますが、樹脂では無くメタルのボディが剛性感が感じられて、好印象です(一日の釣行ですので実際は分かりませんが)。

デザインはブランキングの無い、ノーマルのタトゥーラの方が好きです。考えてみると、黒いボディのリールを使うのが初めてで、カッコいいと思いました。

■追記(2015.11.12)

シマノオンリーでしたが、色々使い比べてみた結果、タトゥーラHLCを導入しました。

■追記(2016.9.6)

愛用のジリオンSV TWとタトゥーラHLC

左巻きに統一するとデッキの上で綺麗

手持ちのリールは全て左巻きです。

image

1台だけ右巻きが入っていると、デッキに並べた時に気になる笑

image

全て左の方がスッキリです。

更に言うならスピニングも入らない方がスッキリします。

ジョンボートのデッキ内は狭いのです(汗)

竿は大体6本積む事が多いです。初めてのフィールドで、絞れない場合は、予備で、リールを外したロッドだけをデッキに乗せる事は有ります。そうするとあんまり邪魔になりません。

全て左巻き統一した理由はもう一つあって、

07メタニウムを5台持っていて、替スプールも5個持っています。スプールチェンジする時に、右巻きで巻いたスプールは、左巻きのリールにセット出来ません。糸が逆方向に巻かれてあるからです。糸を全て出して巻き直すという作業が必要となります。これが面倒で統一しました。

昨日の小野湖釣行でメインロッドのディトネーターのガイドが破損しました(泣) 修理に出さなきゃ。

後、エレキも壊れて焦りました。
間違えて調子の悪い(急に切れる)バッテリーを持ってきてしまって、それを使っていたところ、やはり、エレキと魚探が同時に切れた。

そして、別の大丈夫な方のバッテリーに繋ぎ直したのですが電源が入りません。
バッテリーを見てみると、ナット(プラスチック製)が焦げてました。

少し置いていたら復活してくれたので良かったですが。もうこのバッテリーは廃棄ですね。