カテゴリー別アーカイブ: リール

09アルデバラン ゆるいインプレ 右ハンドル?左?

Pocket

ゆるいインプレ

アルデバランMg7

アルデバランMg7

これももう旧モデルとなりました。

aldebaran

シンプルでミニマルなデザインは中々良いですね。

aldebaran

SVSの開閉は07メタニウムMgより、こっちの方が、開けるときのクリッて回す感覚が良い。

wpid-dsc_2174.jpg

高級なハンドルが付いております。

ハンドルとは関係無いですが、シマノの純正グリップってずっと使ってるとネトネトしだして嫌です。

んで、ウォーリアーツアーに装着して、試投してみました。

ブリッツ、阿修羅、TDバイブ(11g?)、ハイピッチャーの9gと7gを投げました。全て良い感じに飛びます。

やはり、愛用の07メタニウム同様、旧SVSのフィーリングはキマった時は気持ちいいです。

キャスコンは、スプールがガタつくかどうか、より少し緩めた所に設定。SVSのブロックは二個オンにしました。少し重めのTDバイブを投げる時は一個にしてかっ飛びを味わいました。メタニウムより、ブロック二個→一個での変化が小さいような気がしました。たぶん。

コンパクトで軽い所も高評価。軽いロッドに合いそう。

コイツで投げるようなルアーをあまり使わないので、導入はしないと思いますが、良かリールだと思いました。

そうそう、こいつにはナイロンラインが乗せてあったんだけど、柔らかめのナイロンは久しぶりに使った(アルミーロは使ってる)んだけれども、スムーズにルアーが飛んでいく気がしました。

普段はフロロで統一しています。

右ハンドルのリールも普段使わない(右利きのオール左ハンドルです)のですが、オーバーヘッドキャストがやり易かったです。左ハンドルでオーバーヘッドキャストする時(あまり無いですが)は、ハンドルが横、スプールが上の”当たり前リールの向き”で投げます。左ハンドルの人はサイドハンドキャストや、スクリューウォーターだっけ?が多いのでは無いでしょうか。オーバーヘッドキャストがやり辛いから自然とそうなるのでしょうね。

巻きは、左ハンドルに慣れているので、右ハンドルの方が巻き易いとかは感じません。一時期右ハンドルも導入してみたのですが、フッキングミスが多発した為、やはり、利き手でロッドを持っていたいという事で、左ハンドルオンリーです。

それで、ずっと右腕でロッドを持っている事になるので、疲れるので、左手でのキャストをマスターするのが今年のテーマになっています。

 

Pocket

SS SV ゆるいインプレ

Pocket

ゆるいインプレです。
(適当に見て下さい)

シマノ歴18年の僕がダイワのリールを使ってみました。

image

SS SV 103HL

メインロッドの一つ、キスラー ヘリウム3 69MHにオン。
シマノ以外のリールは違和感有りまくりです(笑)

image

ブレーキのダイヤルが少しカタつく、のが気になりました。

image

握った感じはコンパクトで、手の小さい自分でもいい感じ。

チャター1/2+デスアター6をキャスト。問題有りません。

軽いめリグの
エスケープツイン3.5gTX
ビックエスケープツインNS
ピッチングも飛ばすのもなかなかイケる。

ピッチングは2.5、飛ばす時は3みたいな調節をしました。
この辺はシマノとは違い、0.5でもずいぶんブレーキフィールが変化するなと感じた。

最後はガンタレルも投げてみる。(ジョイクロより少し重い)

ピューン!普通に飛ばせますね。

ウェイトの守備範囲が広い。

ドラグはフルロックして、糸を引っ張ると ヌッ っと糸がでます。
ヘビーカバーとか、フルフッキングが必要な釣りには向かないかも。

image

簡易包装は大賛成です!
リール袋とか工具とかいらない(汗)

そんな感じです。
少し欲しくなりました(笑)

あ、
このリール関係無いですが、
久々に6.3とかのギア比のリールを使って、(普段は7か7.4です)
チャターとかクランクとか、巻くの楽ですね。3、4年前から7.0~に統一しているので、改めて、そんな事を感じました。

(僕の07メタニウムは外観がノーマルギアでも、中のギアだけハイギアモデルに変更しています)

Pocket