カテゴリー別アーカイブ: ルアー

ジグのラバーカット。

2 Wed

@遠賀川上流

dsc_0036.jpg

昼すぎよりジョンボートでパトロール開始。

月曜日にガイドに来ていただいたコブラ様が45のプリプリをゲットされていました。ガイドに来てポイントが分かったら、マイボートでも是非遠賀川に来てみて下さいね。

色々なものを試して、ユウガッタチャンスは一発狙い。何も起きなかったけど、今月は、スロープ工事で大会も中止になった事だし、”一ヶ月その一本で良い”を狙ってみます。(もちろんガイドパトロールもやります)

image

ジグのラバーカット

基本的にジグはトリミングして使います。

image

タイイングしてある上は全て短くカット。

フォールからの着底で、短いのがパッ、長いのがフゥワー、で二段構えです。ステイ時も短いのはピリピリ、長いのはゆらゆらの両方の波動が出せる。

スイムジグは逆で、タイイングしてある下を全て短くカットします(6〜8mmに)。

image

今日も遠賀川へ。気になったワームとフックのセッティングを試そう。

その前に遠賀川のitoエンジニアリングへ(笑)


 

遠賀川レンタルボート4件のご予約いただきました。

レンタルボートは免許不要の11フィートジョンボートです。初めての方も、乗り方等説明させていただきますので、是非乗ってみて下さい。ボートは楽しいです。料金は10000円ですので2人でワリカンすれば5000円ずつです。

遠賀川バス釣りガイド3/5,3/8ご予約いただきました。

ガイド日以外でも遠賀川に居ますので、「今からいけますか〜?」当日予約OKです。お待ちしてます。

 

 

 

 

2月27日遠賀川バス釣りガイド・ジグのメリット

27 Sun

@遠賀川上流

スクリーンショット 2016-02-28 23.24.14

二名様の上流ガイドでした。水は8.5度。

スクリーンショット 2016-02-28 23.21.58

アニキ、ドライブクロー4の7gジカリグにて1100gゲットです。遠くで掛けたのですが、フルフッキングからのファイトは流石手慣れた様子でした。アニキはNEWボート&船舶免許ゲットしたという事で、今年は遠賀川にも出るのかな?今後に繋がるようにポイント説明もさせていただきました。

1100gの直前には、水色ちゃんのワームをググッと持って行くバイトがきたのですが、フックアップせず。

この日は7バイトも有りました。僕は2バイトもらうも掛けれず。

強風時折雨の中、二人同時ゲットとは成りませんでしたが、水色ちゃんの最後まで諦めずにキャストする姿勢はかっこ良かったです。

ありがとうございました。

28 Mon

@遠賀川最上流エリア

1.27m

スクリーンショット 2016-02-28 23.25.55

今日は13時より最上流エリアのパトロールへ

dsc_3517.jpg

久々にサウザージョンボートに乗りました。何故か落ち着く(笑)良い天気が気持ちいい。

減水気味で、上の方までは行っていませんが、大体のエリアは周りました。最上流エリアは、エレキのみでも半日も有れば充分に回れます。

image

(MyスタンダードJigのフラットバックジグ1/2oz)

ジグのお話。

image

遠賀川はジグが効くような気がします。去年はテキサスリグを勉強中でしたので余り使いませんでしたが、今年はまたジグを勉強してみようかな。エスケープツインテキサスの代わりに7gジグと9gジグを作ってみました。

例えば、テキサスリグだけで良いならジグは発明されなかったと思うんです。昔の人はどうしてジグをつくったんだろう?

ジグのメリットは、基本、ジグの方がウェイトを上げれるので投げ易く、カバーに入れ易い。9gのジグでも7gのテキサスよりフォールスピードを抑えれたりするから。 枝にひっかけて誘いやすい。 それから、カバーに差し込んだり、引っこ抜いたり、ハードに使ってもトラブルレス=使い易い。後はステイにて、寄せれて喰わせる力が強いと思い込んでいる。ステイ時でも、川は、流れでラバーを揺らしてくれるので相性が良い。

などなど、個人的には色々と他にも思う所が有るのですが、今年再び検証してみたいと思います。


 

3/1遠賀川レンタルボートご予約いただきました。

遠賀川下流、上流、最上流どのエリアでも運搬・設置させていただきます。ボートは免許不要のジョンボートです。1日1艇10000円でレンタルできます。よろしくお願いします。

GoPro:2月21日遠賀川 Jig×ワンナップシャッド5水中動画公開しました。

2月21日遠賀川バス釣りガイド釣行の動画を公開しました。

ゲストのshokuninさんが開発されているというJigとワンナップシャッドの水中動画も入っています。横、後ろ、前、下からと色んなアングルから撮ってみました。

個人的には、カメラの後ろに来た時に、JIGが抜ける動きが興味深かった。

こちらのリグにて、45クラスの真っ黒ヘルシーバスがヒットしたのですがフックオフしてしまいました。

遠賀川バス釣りガイドではこのように、ルアーの水中動画も撮影可能です。もちろん無料ですのでお気軽にお申し付け下さい。

 

 

GoPro:早春の遠賀川シャローゲーム 2本で3kg! 動画公開しました。

当日の遠賀川は、雨による濁りが入った状況でした。

ヒットルアーであるスピナーベイトは、効率良く魚を引っ張れるし、リアクションも狙える。浅い所をゆっくりひけるスーパーVフラット1/2を使用しました。

17度の温排水が出る水と、本流の10度の水が交わるマッドラインを引くと1600gがヒット。水深は80cm。

二本目はアシのシャローカバーのジグ。ミスバイトが有り、入れ直すと1430gがヒット。その後もう一つバイトが有りました。30分ほどの出来事です。この川は時合にとても左右されます。

16-02-20-23-48-09-203_deco.jpg

ジグはフラットバックジグ1/2(deps)を使用。

このジグはアシやゴミに強く、遠賀川には最適です。

dsc_3482.jpg

ジグのヘッド形状にも色々有るんです。アシやウィードをすり抜けるモノ、適度なスタック感を持たせたモノ、岩系ストラクチャーに強いetc..

遠賀川のおかっぱりで好んで使っていたのはOSPのゼロワンジグ。ロックエリアでも生還率高かったです。

他にもフックの形状、アイの位置など、全てに意味が有るので、みなさんもお気に入りのジグを探してみてはどうでしょうか。合わないジグを使っていて、苦手意識が有るなんて勿体ないです。

ジグのトレーラーはUVSCを使用。通常はブラッシュホッグがお気に入りですが、低水温期なので一口で口の中に入るようにコンパクトにしました。

強いタックルでカバーから引きずり出す、カバージグの釣りはとても楽しいですよ。ジグタックルは強いものを使って下さいね。針が貫通しませんので。

ジグFishには口にライトラインとマス針が付いていました。外してあげてリリースしてあげました。

GoPro:冬の遠賀川 スピナーベイトで50UPの動画を公開しました。

GoPro:2/15釣行の動画を公開しました。

スクリーンショット 2016-02-15 23.46.19

先にも紹介しましたが、ヒットルアーのスーパーVフラットはかなり実績の有るルアーです。カバー周りの短い距離をゆっくり引いてくわせる使い方が効果的です。普通に使うスピナーベイトはハイピッチャーが多い。

最近こそ、あまり使っていませんが、人生で一番釣ったルアーは多分スピナーベイトです。食わず嫌いの方が多いように感じますが、根がからないし、巻くだけで釣れますのでおすすめです。使い方は、とりあえずモノの周りをスピナーベイトが見えるか見えないかくらいの水深で巻いてみて下さい。スピードは浮かず沈まずくらいでやってみて下さい。

最近導入した、ジリオンSV TWは、巻き感がしっかりしていて集中力が保てます。キャスティングは、優秀なSVスプールのおかげも有り、飛ぶし安定感も有ります。TWという独自形状のレベルワインドは、スピナーベイトではあまり関係有りませんが、ワームのフォーリングなどさせる時に、ラインがスムーズに出ていくのが感じられます。使い込んでみてトラブルが出ないようで有れば良いシステムだと思います。


 

2/20(土)遠賀川バス釣りガイドキャンセルが出ました。ご予約お待ちしております。〜3/15までプレオープン中につき1日ガイド10000円です。

メタルはリトルマックスとワサビーを良く使います。

image

(去年の初バス2100g@遠賀川はリトルマックスで)

冬のかかせない武器、メタルの釣りに関して少し。

僕が遠賀川で使うのはリトルマックス1/4ozとワサビー8g、ほぼコレ。特に、他のメーカーのものと使い比べてたりはした事無いです。

使用頻度、去年の冬は50:50くらい。

image

リトルマックスを使っていて、

リフト後のフォールで、壁から大きく外れていくスライドフォールが気持ち悪かった(これが効く事も有ると思う)。

image

ワサビーの方が、程よいスライドで、外れ過ぎないのが良い。(ハンマードタイプがフォールがゆっくりで好き)。

どちらを使うかは、今は気分です。

メタルのアクションは、

リトルマックスは、ブルブル〜ブルブル、っと、二回リフト。ティップを30cm+30cmリフトするイメージ。

ワサビーは、ピラピラっ、と、一回リフト。ティップを50cmくらいリフトするイメージで使ってます。

落とす為にリフトするといった感じです。ほぼ落ちる時に喰いますので。強くシャクリ上げる必要は無いですし、根がかった時に強く食い込んでしまいますよ。根がかったら、竿ではなく、イトを手で持ってゆすると取れます。強くシャクったり、ひっぱってしまってたら外れません。

image

それでも外れなかったら、ダイワのルアー回収機(チェーンプラスチューン)で結構取れます。

リアクションチェリーリグや、リアクションDSで出なかった後にフォローでメタルを投げると釣れる事も有りました。やっぱりメタルにしか反応しない魚が居ると思っています。

タックルは62〜66のMLベイトロッドに、ラインは7〜10lbです。遠賀川だと3m以浅で使いますので、スピニングで無くても大丈夫です。キャストの精度重視。

メタルのカラーは、色々投げてみてますが、まだコレといったものは掴めてません。冬はそんなにポイントが多く有りませんので、一周目を流して、二周目に入る時はカラーを変えています。一応、実績が有るのが、

リトルマックスは、クラウン、ビックバイトチャート、ブルーバックチャート。

ワサビーは、シルバー、ゴールドの基本色。

ブラックは何かを感じるカラーで、アクセント的に投げます。

image

友人は去年、シャモジングを遠賀水系でかましてましたので、こういうのも有りかもしれませんね(笑)

 

 

秋のバズベイト

4 wed

@遠賀川
水温は少し上昇の16度~

サウザージョンボートで出撃。

image

(今日もtyoさん出てます(笑))

今日は相方と昼から。

image

ずーっとNFで、ラスト15分でバズに出たブラックバス。
めちゃ嬉しかったです。

image

三分後にはバズでもう一本追加!

ルアーはバブルトルネード1/2。こいつは四月の遠賀川でも活躍した大好きなルアー。

image

良く飛び(ツインプロップで羽が小さい)、やかましいバズベイトです。使ったロッドはNFC PCR71MH でしたが、調子良かったです。投げれて、ノセれて、バラさない。リールはもちのろんハイギア。

■追記

秋のこの時期、バズが効く理由が、自分の中でこの動画の内容とリンクしたので、UPしておきます。

自分のオジは、その昔(現在トッパー)、バッグにバズと常吉リグだけを入れて釣りをしていたそう。氏曰く、他がダメな時に効く何かをバズは持っていると。

image

この魚までは、スイムジグにワンバイトあったのみ。
上流に見えバス多数で、翻弄され、時間を浪費。
最後は巻きまくって、あの魚にたどり着きました。場所はイヌナキです。ビックベイトを巻いてダメで、バズに変えて三投目の出来事でした。

他に分かった事は、大会の時間帯に合わせて朝に出るようにしていますが、昼からの方が釣れるだろう(←個人的実績から)と思っていましたが、全然そんな楽じゃ無かった(汗)

さて、遠賀川バス釣り大会CBACまで一週間となりました。
プラに行っておりますが、週末から三日間雨の予報ですので、またガラッと変わるんだろうなあ。温かい雨ですので、水温が下がってくれる事はほとんど期待出来ません。
プラの意味無くなったりして(汗)まあ、そんなものですよね。

どっちみち大会中も、プラするしない関係ないような釣りばかりしてますし。
遠賀はドSだし…
“逃げ”に行こうかなあ~(笑)

ギル系ビックベイト

image

ガンタレル/ブルシューター160/ブルドーズ

こうやって見るとガンタレルって結構小さいですよね。
(ちなみにですが、ジョイクロより重いです。ジョイクロ→H/ガンタレル→H~XHがマッチ的な)

image

チビタレルなるものも出るらしい。

きっと買いませんが(笑)
大きいという事が大事な訳で、小さいならスピナーベイトで良い。

一年くらいガンタレルを投げ続けてみて、色々気づいた部分もあります。

ジョイクロ的なベイトライクシルエットと、ガンタレル的なフラットサイドシルエット、結構フィールドによって、バスが選り好みしている気がします。

意外と遠賀川はギル系が効く。
ギルと思って使ってはいませんので、ギルが居るか居ないかはあんまり関係ない。

釣れないな、と思う場面でも敢えて投げ続けて(辛い!)いるのにも、意味が有るんです。

もう少し使い込んでみて、2016の春までには武器として形にしたいかなあ。。

おすすめスピナーベイトとインプレ Part.1

image

 

V-3ミッジ

10代の頃はこれと、ダイワのスピナーベイト(廃盤で名前忘れた)、ヒルデブランドのこちらもモデル名を忘れましたが、よく釣りました。昔使っていたMLの竿だとちょうど良いのですが、現在ボートに積む竿では軽すぎるので使っていません。でも昔からある良いスピナーベイトだと思います。

imageresize

SRミニ

言わずと知れた名作。これもめちゃ釣れです。でも一時期、売り場で見かけなくなりませんでした?その内にハイピッチャーにポジションを奪われ、今ではあまり買わなくなりました…。

10004844-color

V-3フラットシャッド

これはバカ釣れです。野池でこれで52頭に40UPを15本くらい釣った事があります。相方と山口県のダムで単日59と55が出た時に、相方が59を仕留めたルアーでもあります。こんなに良いルアーを廃盤にしたメガバスは○カです。

BULLET_M1

V-3バレットシャッド

フラットシャッドがやたら釣れるので、買ってみたバレットシャッドですがこちらは…(笑)僕にはイマイチでした。でもこれは廃盤になっていないんですよね。メガバス様の考える事は良く分かりません。

????????????????????????????????????

 

V9

メガバスのワイヤーベイトは良いものが多いので、とても期待した最新作のV9。しかし結果は…。パッとしませんでした(笑)あ、あくまで個人的に、ですので!

super_vflat

スーパーVフラット

これはとても良いスピナーベイトです。胡散臭い表現で申し訳無いのですが魚が湧くルアーです。こいつも最近売っているのをあまり見かけないので、どうかメガバスは廃盤にしないでいただきたいものです。ゆっくり引けるスピナーベイトです。特徴的な曲がったアームはウッドカバーをきれいに躱してくれます。まあ、能書き云々の前に、こいつの持つ魚が湧いてくる魔力のようなものを感じずにはいられない、そんなルアーです。この話を信じるか信じないかはあなた次第!欠点は遠投に向きません。

61056158

基本ハイピッチャーで、波動の強さを求める時に使うのがスーパーVフラットという使い分けが主ですが、より強さを求める時に使うのがタイフーン。カバーにぶち込めるビックベイトというイメージ。濁った遠賀川でも活躍してくれます。3/4ozを使う事が多いです。ロッドは70Hのヘラクレス7がマッチします。

 

そろそろ疲れてきました(笑)前回記事のスピナーベイトはダブルウィローのホワイト系から続けて書いたので。

Part.2へ続く

 

スピナーベイトはダブルウィローのホワイト系

今までに一番バスを釣ったルアーは何かと聞かれたらその答えは間違いなくスピナーベイトです。

wpid-1440915255920.jpg

先日の小野湖の大会では、ハイピッチャー5/8をメインに魚を探していきました。

最近はスイムジグやチャターに活躍の機会を奪われがちでしたが、スピナーベイトはやっぱり僕の中で最強のルアーです。

僕のルアー選定はスピナーベイトが基準となっており、以下の通りです。

・基準→スピナーベイト

・ちょっと弱く→スイムジグ、チャター(音で誘うSB)

・強く→ビックベイト

・カバーに入れる→ラバージグ(ブレードの無いSB)。ラバージグは更に派生される。弱いラバージグ→テキサスリグ。カバーを横に引くラバージグ→フロッグ。

ちょっと変かもしれませんが、僕の頭の中ではこんな感じです。普段、スピナーベイトをあまり使わないのは、僕の中で、もう、あまり面白く無いというか、ただ釣るだけの為のルアーという感じで、本当に困った時や、釣らなきゃならない大会で出番が有るという風になっています。それくらい釣れるルアーだという事です。

ただ、久々にスピナーベイトメインで釣りを組み立てた所、面白かったので、今回、書くモチベーションが出た次第です(笑)

■スピナーベイトの選び方

僕流のスピナーベイトの選び方を紹介します。

僕が使用するスピナーベイトは

  • ダブルウィロー
  • ホワイト系のカラー

でほぼ統一しています。

何故そうしているかというと、例えば、スピナーベイトのタイプやウェイトをチェンジして釣れた時に、ブレードのタイプやスカートのカラーが違っていたら、何が良くて釣れだしたのか分からなくなるのが嫌だからです。

で、それ以上の微妙な調節はブレードのカラーで行います。ほぼ8割がシルバー+ゴールドのブレード

img_st21

↑こんなやつですね。

この画像のやつは青ビーズなので3/8ですが、この、シルバー+ゴールドのダブルウィロー・ホワイトチャート(OSPの正式カラー名はスパークホワイトチャートだそう)・1/2ozのハイピッチャーというのがマイフェイバリットです。一番使います。

ブレードの話に戻り、水質がクリアだったり、弱くしたい場合にはシルバー+シルバーに変えたりします。ゴールド+ゴールドというのはあまりしませんね。昔は使ったりしてましたが、今は、強くしたいならタイフーンを使うか、波動の強いVフラットに変えます(ブレードタイプはシルバー+ゴールド)。

オプションでクロームのブレードというのは好きで、クリア〜ステインの遠賀川では良く使います。スレた魚にとても効く気がします。

img_s51

 

↑これです。OSPのスティールシャッドというカラーだそうです。遠賀川で実績多数です。

ダブルウィローを選ぶ理由は、弱めの引き抵抗が好きだからです。それから、どんなスピナーベイトのラインナップにも組み込まれているという点も大事です。フラッシングがどうとか、波動がどうとかよりも、自分が使っていて気持ちいいか という事を重用視しています。その方が続けれますからね。

ホワイト系のカラーを選ぶ理由は、どんなフィールドや水質でも通用するからです。クリアでも悪目立ちしないし、濁っていてもバスが見つけてくれる色。迷いを無くす為にも、ほぼこれのみでOKだと考えます。

トレーラーフックは付けない派です。昔は全部に付けていました。確かに、トレーラーフックにのみフッキングしているというのは結構多いです。でも、なぜ付けないのかというと、それはズバリ面倒臭いからです(笑)針はゴム管の所とか錆びるし、トレーラー付けたい時に外さないといけないし、3年前くらいにえいやっと全て外しました。面倒臭いというのはふざけているようで真面目な理由です。面倒くさく無いというのはとても大事な事だと思いますよ。だって、僕はやっぱり針が錆びるのが嫌。ラバージグの記事でも同じ事書いたような気がします…。

先にも書きましたが、ウェイトは1/2がメインです。浅い所は竿を立てて対応します。それでストレスを感じるようであれば3/8に変えます。リザーバーなど水深が有る所では5/8がメインとなります。

おすすめのスピナーベイトはずばりハイピッチャーです。それとスーパーVフラットは魚が湧いてくる魔法のスピナーベイトと勝手に呼んでいまして、こちらも実績抜群。

長くなりましたので、次でそれらのインプレと、他のスピナーベイトについても書いていきたいと思います。