カテゴリー別アーカイブ: ロッド

ロードランナーストラクチャーST670MH-Ftとバーサタイルロッドの必要性。

今年大活躍してくれているタックルが

ロードランナーストラクチャーST670MH-ft

元々スモラバのカバー撃ちの釣り用に導入したタックルなんですが色々やれるので重宝しています。

 

重めドロップショット(HPシャッドテール3.1の7gドロップショットなど)を使ったオフショアの釣り。

 

 

5〜7インチのネコリグ、スナッグレスネコリグの釣り。

 

ライトテキサスの釣り。

などなどライトワーミング全般で使用し、充分な使用感を得ています。

ソリッドティップなのでライトなものでもウェイトが乗って曲がり、キャストが出来ます。強めのソリッドティップなので7g+ロングストレートワームくらいのウェイトくらいまでは気持ちよく操作出来ます。

ソリッドティップが曲がった後、ベリーも曲がり、極端すぎないキレイなベンドカーブを描きます。ボート際の強烈な突っ込みにも曲がる事でラインブレイクを防いでくれます。

パワーの有るバットでスモラバの枝越しのフッキングも決まります。

と、ストラクチャーシリーズなので当然ワーミングにはバッチリなんですが、巻きの釣りにも使ってみて、こちらも上々な使用感が得られています。

 

昨日はハイピッチャー1/2ozに使ったのですが、ヌーッと入るソリッドティップでバイトを弾かない感覚。バットも強いのでフッキングもキまりました。

 

この前はクランクで使ってみて、シャロークランク(ワイルドハンチ)からミッドダイバー(ブリッツEX-DR)まで投げれて引く事が出来ました。この時は小バスアタックが多かったのですが笑、軽いバスは重みがノりきらず針が掛からない事が有るのですが、ソリッドティップがしなやかに入る感覚でフックアップしていました。

デメリットは、ソリッドティップ部はパワーが無いので6フィート7インチのロッドですが、6フィート5インチのパワーしか無いという点です。なので他の6フィート5インチのロッドと比較して竿が重くなります。2インチ伸びるので当然です。それからソリッドはチューブラより重いですので。

後はソリッドティップはキャストフィールが独特なので慣れが必要だと思います。逆に言えばグラスロッド→ワーミングロッドに持ち替えた時も同じ事が言える訳でして、ワーミングロッド→ワーミングロッドだとキャストは持ち替え直後でも決まります。巻きよりもワーミング主体でゲームを展開する場合はこういった事を重視するのも一つだと思うのです。全ては臨機応変。

理想は大きなボートに沢山のタックルを積んでおければ一番なんですが、あまり大きく無いアルミボートに乗っているのでこういうワーミングもリーリングベイトも出来るタックルは一本有れば、それぞれのスペシャルなタックルには劣るものの、イレギュラーに対応出来て便利です。釣り場に出てみて、状況のイレギュラーに対応するのがバスフィッシングというゲームなんだと思います。ワームミングもハードベイトも止めて喰わせる時間帯も有れば、泳がせて釣る時間帯も有ります。どちらが良いかはその時間帯でバスに聞くしか有りません。極端にふったタックルだとそういうイレギュラーなバイトに対応出来ません。

 

BFカバージグ(クオン)の釣り。カバーをスモラバで撃つ釣りについて。

今回の遠賀川下流戦でウイニングベイトとなった

BFカバージグ(クオン)

ホームである遠賀川上流のカバー撃ちや、リザーバーの立ち木攻めなどでも活躍する釣りです。スモラバの高いクワセ能力をもってカバー攻めが出来ます。

テキサスリグでは口を使わないプレッシャーのかかった状況などで強く、特にこの時期、夏〜秋にかけては釣り人も多くプレッシャーが蓄積されていますので特に出番が多くなります。

普段の釣りでは、テキサスリグでカバーを撃っていき、ここぞという場面でBFカバージグを投入する事が多いです。初めからスモラバだと釣りのスピードが遅くなりがちですので。逆に試合のようにあらかじめプラで居場所が掴めている状況や、バッティングでやれるスペースが狭い時などは初めからスモラバを投入する事が多いです。

ウェイトを軽くしてスローフォールもさせれるので、今までバックスライド系でアプローチしていた浮き気味の魚にも効果的です。ボトムに到達した後も手前の沈みものなどを釣っていけるのでこれを覚えてからバックスライド系の登板回数が減りました。(どちらが釣れるとかじゃなく操作する感じが楽しい)

 

使用するトレーラーは、

アバカスシャッド(フラッシュユニオン)

もっともコンフィデンスが有る組み合わせでして、BFカバージグ(Eコンフィデンス2)+アバカスシャッド2.8(グリパンブルー)は遠賀川下流で神ルアー。オールマイティに色々使えます。

アバカスシャッド過去インプレ

 

アントライオン2.7(エバーグリーン)

遠賀川下流戦で一番良い魚をキャッチしたのが、まだ使い始めて間もないこのアントライオン。この小さめトレーラーに少し重めのジグ(4.5g)で落ちた魚をテンポ良く釣っていくのに使いました。パワーはアバカスシャッドより少し弱め。フォールでもステイでもアクションしてくれます。ショートジャークでは玉がブルブルと生き物チックにアクションします。マテリアルは少し弱めなのでハードに使っていくのには向いてないかもしれません。

 

リトルレインズホッグ(reins)

最近お気に入りのセッティング。少し強めの組み合わせです。濁りや強風時でも魚にアピールします。4.5gと組み合わせる事が多いです。フォール、ステイ、シェイキング、スイミングどれもこなしてくれます。マテリアルが強くハードな使用にも耐えます。ツメが重いのでキャスタビリティにも優れます。

 

ドライブクロー3(OSP)

これも少し強めの組み合わせです。フォールでしっかりアピールさせたい時に使います。3.5gのウェイトでもフォールでちゃんと動いてくれます。ステイ、シェイク、スイミングもこなすオールラウンダー。流石は言わずと知れた釣れ釣れワームです。足は4本ともカットしてセット。

 

グラスミノーL(エコギア)

素材が硬いので強いアクションが出ます。ブリブリ泳ぎます。フォール速度も結構ゆっくりになります。ただ巻きでスコーン的にも使えますね。マテリアルが頑丈でハードに使えるのも良いです。ソルト用?な為良いカラーがあまり無いのが残念。カラーは写真の”アダルトハゼ”を良く使っています。

 

使用するジグのウェイトですが、ベースが3.5gです。強風で投げ難い場合や、トレーラーを大きくする時は4.5gにします。

投げ難い時はトレーラーに0.45gのネイルシンカーを入れる事も有ります。

 

ガードは2本カットして使っています。これでもスナッグレス性能に不満は有りません。真ん中を2本カットしています。

ラバーは3.5gがエグジグラバー仕様(写真左)、4.5gがノーマル仕様(写真右)をセレクト。エグジグラバー仕様はラバーが細いので、フォールスピードが早く、繊細なアクションが出ます。4.5gの場合はフォールスピードを抑えたいのと、太いラバーが岩の間に入り込むのを防いでくれる為ノーマル仕様を選んでいます。ノーマル仕様は太ラバーと細ラバーのMIXなので状況によって太ラバーをカットすればフォールスピードを早くも出来ます。よって迷った場合はこちらを買うのが良いかも。

 

この釣りははまって色々セッティングをやり込みました。

テキサスリグでの撃ちの釣りには無いメリットにもいくつか気づきました。

まず着水音。ラバーのおかげでナチュラルな着水音になります。

それからスキッピングがしやすいです。

意外だったのはカバーの奥に入れられるという事です。単純に小さいので他のルアーが入らないような狭い枝の隙間などにもアプローチしていけます。枝にひっかけてチョウチンで釣るのも得意です。

バイトの多くはフォールでラインが走ります。それで喰わなければシェイクしながら小刻みに(シェイクしながらズル引きに近いかも)リフト&フォールさせて誘います。回収でも良く喰ってくるので初めの1.5mくらいはシェイクしながら回収します。流行のジグストみたいな感じでしょうか。

 

タックルについて。

リールはハイギアで、軽めのものを投げれるベイトフィネス対応のモデルが良いです。ラインはフロロの12lb〜14lbをカバーの濃さや釣れる魚のサイズで選べば良いと思います。

ロッドは使用しているのがロードランナーストラクチャーST670MH-Ft(ノリーズ)で、ミディアムヘビーパワーにソリッドティップ(Finesse tip)を搭載しているモデルです。別にテキサスリグロッドでもやれなくは無いのですが(以前はキスラー・ヘリウム3 69MHでやっていた)、ティップにルアーウェイトが乗らないとやはり投げ難い。ロールキャストやピッチングはなんとかいけるが、サイドハンドなどは”よいしょ”という感じでゆっくりモーションで投げるのでリズムが出ないのです。かといってミディアムパワーのロッドだとカバー越しでフッキングがキまらない。なのでこの手の竿がやはり抜群に使い易いです。

ティップにルアーウェイトがノるし、コンパクトなモーションで投げ易い。フッキングもMHのバットでキめれる。掛けた後もバットパワーで有る程度のサイズであればリフトアップできます。繊細なティップはシェイクし易いし、バイトをきく時も魚に違和感を与え難いです。この釣りで一番ネックになるのがロッドかもしれません。でもやはり専用のモデルがすこぶる良いです。人が使っていないからこそ獲れる魚も増えるかもしれません。小野湖戦ではアノスト7のネコリグ5gで使ってウイニングロッドにもなりましたし、HPシャッドテール3.1のドロップショット7gは芹川ダムで活躍したり、ホームの遠賀川上流ではドライブカーリー4.5の2.2gスナッグレスネコ用としても多用したりと、意外と出番が多くて外せない1本となっています。流行のPE×パワースピン×スモラバよりも出番はかなり多いのでは?と思っています。

とにかく良く釣れるBFカバージグの釣りを今日は紹介してみました。良ければ参考にしてみて下さい。遠賀川ガイドでカバーを撃ちまくりコースも可能です!笑 体験したい方は是非来て下さい。

ST670MH-Ftの過去インプレ


遠賀川ボートガイドは3時間10000円、6時間16000円、1日20000円です。3日前までのご予約で3000円OFF(3H不可)!

朝マズメ、夕マズメのみのモーニングガイド、イブニングガイドも受付中です!3時間10000円のショートガイドです。二人で割り勘すれば5000円ずつです。

免許不要の遠賀川レンタルボートは1日10000円です。

ガイド&レンタル 初心者大歓迎♪

よろしくお願いします。

 

 

 

エスケープツインのロッド ロードランナーLTT680Hなど

ロッドについての質問なのですがエスケープツイン、7グラムテキサス使用時の一番使いやすい、多用しているロッドは何でしょうか?
ノリーズのltt680Hかストラクチャー680MHを購入しようと思いまして悩んでおります。

 

 

質問をいただきました。

一番多用するのはキスラーヘリウム3 69MHです。ラインはフロロの14〜16lbを入れて使っています。

 

(LTT680Hは〜1/2ozclassのカバージグにも使用)

カバーメインで、フロロ16lb以上を入れて、アベレージも大きめが想定される場合はLTT680Hを使っています。

 

(ペグ無しで地形やマンメイドを釣るテキサスリグには680MHをセレクト。でも今は巻きメインに使用していてそういった釣りにはキスラーヘリウム3 69MHを多用)

LTT680MHだと食い込ませ重視で使っています。

ストラクチャーST680MHは人のを投げさせてもらった事が有るだけで持っていないので分かりません。ちなみにストラクチャーST6100MHは少しだけ使っていましたが、スウィートはエスケープツイン+5gに感じました。

 

(LTT680Hはワーミング以外にもビッグベイト、スイムベイト、スプーンなど幅広く使えてとても重宝しています)

どういうシチュエーションで使われるのか分かりませんが、僕でだったら、おかっぱりならLTT680Hを選びます。もちろんボートでもイケてます。巻き〜撃ちまで使えます。ロッドとしてかなり気に入っています。使い易いので。でもオープンウォーターの近〜中距離戦なら他のロッドにします。(ST680MHは持っていないのでコメント出来ませんでしたすみません)

ロードランナーストラクチャーST670MH-Ft インプレ ソリッドベイトフィネス

IMG_5039

ノリーズ・ロードランナーストラクチャーST670MH-Ft”Cover BaitFinesse”

お気に入りの一本。MHパワーにソリッドティップを搭載したパワーベイトフィネスロッドです。

 

スペックはこんな感じ。(メーカーHPより)

 

IMG_4781

優勝した今年5月の小野湖戦(アノスト7インチネコリグで使用)や、

 

優勝した今年8月の遠賀川下流戦(BFカバージグで使用)など数々の大会でも活躍してくれている勝負タックルです!

 

このロッドで使用しているルアーは、、

IMG_4981

(画像の上から)

BFカバージグ3.5g〜4.5g(スモラバのカバー撃ち)

スナッグレスネコ1.8g〜2.2g

7gドロップショット(3インチ前後シャッドテールワーム)

です。画像には有りませんがアノスト7インチのネコリグ(シンカーは〜5gまで使用)にも使用します。

通常Mパワーのベイトフィネスロッドで使用するルアーにベストマッチ。ただバットはMHなのでパワーが有り、ビッグバスをカバーから出してくる事が出来ます。モノ周りでデカバスを掛けても安心感が段違いです。

ソリッドティップなので軽いルアーもティップに重みが乗ってくれて投げ易いです。表記は1/16oz(1.8g)〜となっていますが、個人的には、キャスティングでスモラバ3.5g+トレーラーからが気持ち良い感じです。2.2gは少し軽いかなと感じます。もちろん投げれない事は有りません。ピッチングなら1.8gスモラバもいけるはずです。ベイトフィネスのピッチングはリールで投げる感じだと思っています。

それらのルアーにラインはフロロの10lb〜14lbをセットして、オープンからカバーまで活躍してくれます。フックが〜2/0オフセットまでのリグがベストマッチです。

 

IMG_0896

元々この手のベイトフィネス?ライトワーミング?は、チュウブラロッドのキスラー・ヘリウム3 MH69でやっていたのですが、やはりティップが若干オーバーパワーでキャスティングがやり難い、もう少し繊細に操作したいとも思っていました。

ソリッドティップはライトウェイトのルアーが投げ易いです。軽いテイクバックでルアーの重みがのってくれます。ただ遠投には向かないと思います。くにゅっと曲がるソリッド以降チュウブラ部分のロッドレングスと考えた方が良いです。でも個人的には欲しい飛距離は充分に出してくれるので無問題です。

ステイからアクションさせる時に違和感バイトが有っても、竿できいてからヌッと入るティップの感覚が良いです。バイトを弾かない感じがします。

ソリッドティップの部分ではフッキングが効かないので、チューブラー部分のみのフッキングパワーしか有りません。なので6フィート7インチのロッドですが、6フィート5インチのロッドでのフッキングパワーしか無い、そんな感覚です。(個人の主観です)中〜近距離での使用がメインとなります。

リアグリップ長は230mm。若干長いかなとも思いましたが(基本長いグリップが苦手)、近距離のバンク撃ちのみならもう少し短くても良いですが、オープンウォーター(水中に立ち木が有る場合などはこのロッドの出番となる)でロッドを立てて釣りをするシーンではこれくらいが気持ち良いので全てはバランスなのでしょうね。

僕は手が小さく、リールはだいたい4フィーンガー?でパーミングしていまして、ニギリが決ってくるリールシートって苦手なのですが、このロッドのリールシートは意外と色んなニギリが出来て安心しました。リールはレボLTXをセットしています。ベイトフィネスは小さく握れる方が細かく操作し易くて良いです。

このロッドはロードランナーのワーミングロッドだと思ってたら痛い目にあいました笑 カラーはグリーンを取り入れていたりとここにしかない独特なデザイン。イケてます。”釣れる竿”です。

キスラー(Kistler)のロッドについて。

スクリーンショット 2016-02-15 23.46.19

愛用ロッドの一つ、キスラーのロッド(ヘリウム3シリーズ)。アメリカのロッドです。キスラー社の創業は1999年。創立者Trey Kistlerの父親はオールスターロッドとキャスタウェイロッドの創立者だそうで。アチラでは流行っているのかどうかは知りませんが、BASSやFLWを見ても使っているプロは多く有りませんね。

ネット上にもなかなか情報が有りませんので、少しだけ紹介してみようと思います。

スクリーンショット 2016-02-18 18.03.34

現在、色んなメーカーでも見られる、フォアグリップレスを生み出したのがキスラー社だと言われています。

■フォアグリップレスのメリット

軽量化。

ブランクに直接タッチ出来、感度を得られる。

グリップ分のブランクスを長く使えるので、シングルロッドの取り回しのままにロングロッドの利点を得る事が出来る。

(-キスラーHPより)

スクリーンショット 2016-02-18 18.11.11

キスラーのロッドは、マイクロガイドの元祖でも有ります。

 

スクリーンショット 2016-02-18 18.09.52

ノースフォークコンポジット社のブランクスを使用。

現在、

ヘリウム3シリーズの

LMH68/MH69/H69

という3本を愛用しています。

ヘリウム3は巻き〜撃ちまでバーサタイルに使えるシリーズです。

LMH68:3/8〜1/2ozのスピナーベイト、5g〜9gのテキサスリグなど

MH69:11gテキサスリグ、3/8〜3/4スピナーベイト、スイムジグ、小〜中型スイムベイト

H69:フロッグのバンク撃ち、ビッグスプーン、1/2oz〜1ozフットボールジグ、ビックベイト、カバーテキサスリグ、1/2oz前後のカバージグ

などに使っています。ノースフォーク社のIMブランクスを採用していて、パワーが有るけど曲がる・粘るといったフィーリングです。重さは国産ロッド並(もしくはそれ以上)に軽い。ブランクスは無塗装のフィニッシュがプロトモデルみたいな雰囲気でかっこいいです。

スピニングはML69というモデルを持っていましたが、自分の思っていた”ML”より柔らかかった事と、スピニングリールの前に4本指を掛けてグリッピングする自分にとっては、フォアグリップが有るスピニングロッドが良いと感じ、手放しました。

他、XH69というベイトロッドのモデルも所有していました。こちらは、カバージグやビックベイト用に購入しましたが、その用途ですと、7フィートが自分にとっての使い易いレングスだという答えになり、エバーグリーン社のヘラクレス7(70H)と、ディトネーター(70X)の方を使っています。ヘリウム3のXH69は、ジョイクロ=48g には少し硬く、ガンタレル=70g だと(投げるのには。ノセる事を考えるとヘラクレス7の70H)ジャストな硬さでした。カバージグなら1/2〜3/4ozが丁度良かったです。

アフターに関しては、一度トップガイドのガイドリングが外れてしまった時、購入店舗のハニースポットに修理に出しました。割とすぐに返ってきたと思います。ステッカーも送ってくれて、対応は悪く無かったと思います。

気になる点は、毎年、モデルが無くなっていたり(さっきHP見たらショートレングスのラインナップが減っていた)、極々微妙なマイナーチェンジ(コルクの形状が変わっていたり)が有ります。後、年々価格が高くなっています。

キスラー社のロッドは、バーサタイルに使えるヘリウム3以外にも、用途が細分化されていて少し価格を押さえたKLXシリーズ、ハイエンドのZ-bone、低弾性ハイパワーで価格を押さえたマグネシウムシリーズ、などが有ります。

スクリーンショット 2016-02-18 18.47.03

フォアグリップレス、マイクロガイドを始め、最近では↑写真のマイクロウェーブガイドをベイトロッドに搭載したり、

スクリーンショット 2016-02-18 18.50.37

でっかいEVAのリアグリップ(笑)など、新しい事を試そうとする姿勢が面白いブランドです。

興味の有る方は試してみてはいかがでしょうか。

良いモデルが有れば教えて下さいね。

ロッドもああしたい、こうしたいという理想が有り、自分で組む事も考えますが、そんな時間有るなら釣り行きたいし(笑)。星の数ほど有ると思われるロッドですが、自分の理想の1本と出会うのは本当に難しいものですね。

 

キスラー ヘリウム3 インプレ(続き)

はじめまして!寝ずにバス釣りの頃からブログ楽しみに読ましてもらってます。キスラーヘリウム3について教えて頂けないでしょうか?69Hと69MHの購入を考えてるんですが、インプレ教えてもらえないでしょうか?先重りするなど聞くのですがどうでしょうか?またアメロは初めて使うので色々教えて下さい!基本フットボールで使用しようとおもってます。メガバスの竿使っててアメロの知識がありません。よろしくお願いします。

image

前回からの続きです。

まず、質問に有りました、”先重りすると聞く”という点ですが、言われてみるまで気にした事も無かったので、そうなの?って感じです。例えば、しているのだとしたら、どういう風に気になってくるのでしょうか。リールを変えたり、グリップに板オモリ付けて収縮のラバーグリップでも付ければ解決するのでは。自分はバランサーなど付けておらずノーマルで使っています。

フットボールでの使用はどちらのロッドでも出来ると思います。実際僕は使っていますし。このヘリウム3というロッドは、表記こそX-Fastとなっていますが、日本のそれと比べてマイルドなテーパーです。あえて日本の言い方をするなら、エバーグリーン・ヘラクレス(自分が使っているので)でいうミディアムファーストといった感じでしょうか。質問された方はメガバスの竿を使っているとのことですが、自分も以前メガバスを使用していましたが、デストロイヤーのミディアムファーストと同じくらいです。要は何にでも使える(全てに100点では無い)ようなデザインです。そこが僕の気にいっている点です。

image

69MHで自分がフットボールをやる時は、合わせるラインは14lb。水深〜5mまで。ハンツ9〜14gまで。スゥイートスポットは11g(3/8oz)。

69Hであれば1/2oz(14g)〜3/4ozです。実際は、このウェイトレンジだと、70Hのヘラクレス7でやる方が自分的に気持ち良いので、そちらでやる事が多いです。この辺は好みでしょう。

アメロを初めて使うとの事で、注意して欲しい点について。それは情報が少ないので、購入後、イメージと違っていたという失敗が多いです。実際自分も購入後すぐに売却した番手が有ります。日本のロッドは高いですが、情報料と思ってそれにお金を出している部分も有ります。買う前の情報が多いので失敗が少ないですね。

image

キスラーヘリウム3に関してですが、基本的に、同じパワーなら、日本の規格より-1/2〜1ランク曲がる(柔らかい)という風に感じます。同じHパワーなら、日本の竿よりも曲がるという事です。曲がるからパワーが弱いでは無く、パワーは同じHですよ。この辺は勘違いしやすい点では無いでしょうか。それから竿が長い方が、例えば69と70なら同じパワーでも長い70の方が曲がると感じるでしょう。そういった部分をふまえて購入していただければ良いのではと思います。

後、嫌いな所は流通量が少ない為、欲しいロッドが買えないという点。それから、頻繁にマイナーチェンジがあっているようです。ですので、折れたから同じ竿を買おうと思っても、全く同じものを買う事が難しいかもしれません。微妙にどこかが改良されている(変わっている)事が多々。これが日本の竿なら、中古屋でもどこでも同じものが買えますからね。

まあ、でも、このロッドには魅力が有ります。使えば分かります(←嫌いなセリフですが、僕の拙い文章力ではそれを伝えきれませんので。。。)。
特にキスラーヘリウム3 69MH これはほんとに良いです。折れるまで使い続ける事でしょう。

聞きたい事に答えられたか分かりませんがこんな感じです。

是非、気に入った一本が見つかると良いですね☆

■キスラーヘリウム3 69MH使用用途

image

3/8フットボール・チェリーリグ/3.5g〜18gテキサスリグ/スピナーベイト〜3/4oz/ビッグトップウォータープラグ/チャター&スイミングジグetc… 何でも高次元に対応出来るロッドです!

■キスラーヘリウム3 69H使用用途

image

〜1/2カバージグ/フロッグ(バンク撃ち)/スイムジグ/タイフーン/ビッグスプーン/1/2〜1ozフットボールジグ/カバービッグベイティング(ジョイクロ〜ガンタレルclass)etc… 僕の好きなフロッグの釣りにはマストの一本

 

 

 

 

 

 

 

キスラー ヘリウム3のインプレ(ロッドの長さ)

image

続き更新しました。(2015.11.29)

キスラーヘリウム369Hと69MHについての質問をいただきましたので、インプレさせていただきます。

自分はキスラーを導入するにあたって、69MH、69H、69XHを使ってみました。シチュエーションはジョンボートでの釣り。本数を沢山積めない中で、出来るだけ沢山の事が出来る竿、いわゆるバーサタイルな性能を求めました。それから、おかっぱりで使う事も想定しました。

レングスについては、持ち替え後のキャストがしっかり決まる事を期待して、パワー違いの3本を”69″で統一しました。

image

例えば、バンク沿いを69MHのスピナーベイトで流していて、気になるブッシュが出てきた時に、69Hのカバージグで撃つと。この時に、同じリールの、同じニギリ(グリップ)の、同じレングスでキャストフィールを統一にデザインして、一発で完璧に決めるというのをやりたかったからです。失敗して二投目では、ボートが近づき過ぎて釣れないから。それはボートプレッシャーだったり、引いて追わせてのクワセの間だったり…この辺は話し出すと長くなるので割愛。

現在は思う所が有り、69MHを基準に、67MHや70H、70XHなどバラバラのレングスも使っています。でも極力69から離れすぎずといった感じでしょうか。

69というレングスですが、僕は小技が使える限界の長さが67〜68だと思っています、、はい、よって小技が出来ません!

自分の釣りは小技ってあまり使わないんですね。だって、ジャークやシェイキングって疲れないですか?(笑)もちろん必要な時は使いますが(アノスト5.5のシェイキング&スイミングなど)、基本、ただ巻き、ズル引き、ステイなどを愛しています。ラインの存在感も消せますし。

じゃあもっと長くても良いじゃないか。

後は理屈抜きで、色々使ってみて、バスロッドでは〜85のレングスまでやってみましたが、69というのが色んなフィールドで使う上で丁度良いと感じた長さだったんです。

ほんと、使うフィールドや、意外と見落とされがちですが”体格”(ちなみに自分の体格は175cm68kgの中肉中背です)これらによって、ベストな長さが変わってきますので、、、といっても誰もが釣りだけにお金をかけたり、沢山釣りに行ける訳では無いと思います(笑)なので、強いてオススメを上げるとするならばMHの68〜69。迷った時はこれにしてみて下さい。色々使えます。

っと、かなり話が逸れてしまいましたので、インプレはその2で(笑)

 

ジグロッド 長さから考える

 

image

サイドワインダー・スラップショットFE73XXを、ジグロッドとして使ってみました。

普段、カバーのジグロッドとして使っているのは、70Xのディトネーター、70Hのヘラクレス7、69Hのキスラー・ヘリウム3を使用しています。

元々69を使っていて、更に長い70を使うようになった感じです。

69は取り回しが良く、サイドハンドのスキッピングがし易いです。長い竿に比べて、ボート際のランディングもやり易く、軽いので疲れないです。

只、カバー奥で掛けた後、魚を確実にリフトする為と、枝越しにフッキングする時に打点を高くしたいと思い、70を使うようになりました。今は70を使う事が多いです。

長いとサイドハンドでのスキッピングがし難いので、ピッチングでのスキッピングへ投げ方が変わります。69の時より、ボートポジションは遠目になります。

書いていて思ったのですが、同じジグ撃ちをしていても、竿の長い人と短い人で、釣果が変わってくる事もあるかもしれませんね。長い竿を使っている人の方が、ボートポジションが遠いので魚が食ってきたとか、短い竿の人の方が、オーバーハングの奥に入れていけるから、より釣ってきたとか。

70での使い分けは、パワーで使い分けます。
image

メインが強めのディトネーター70Xです。

image

低水温期など、バイトを深くしたい時は70Hヘラクレス7を使います。ヘラクレスシリーズで、ジグロッドとされているヘラクレス・ヘラクレス69Hは使っていません。それは以前→ヘラクレスシリーズのインプレでも書きました。

んで、73のスラップショットを使って、

image

一本、800くらいの魚ですが、釣れました。

カバーの奥で掛けた魚でしたが、引きずり出せました。まあ、この竿では全然物足りないサイズでしたが。

竿が長いぶん、魚をリフトする感じ、フッキングの高い打点は魅力的でしたね。

只、自分みたいにジョンボートで釣りをする場合は、少し長いと感じました。

70くらいが、69ほどでは有りませんが、キャストもし易く、取り回しのバランスが良いと思います。この辺は、人によって体格差や、投げ方も違いますので、個人差が有るでしょう!

僕はロッドは、素材や仕様以前に、レングスがかなり大事な要素だと思っています。ロッドを選ぶ時に、そのロッドのデザイナーの体格も、自分とかけ離れて過ぎていないか、気になる部分ですね。

 

 

 

グロリアス ビワコバーサタイルのゆるいインプレ

ゆるいインプレ。
(適当に見て下さい)

image

ポイズングロリアス/173MHビワコバーサタイルX

image

バットエンドは比較的丈夫そうで良いです。愛用のヘラクレスはバットエンドにプレートが入ってるのと、EVAがエグレ易くて困ります(汗) ツララみたくゴムだったら最高(頑丈そうですよね)。

image

MHパワーで1/4~対応です。

image

シマノ×ジャッカル
このコラボ反対です(笑)

image

こんな感じのルアーを投げてみました。
3/4のスピナーベイト、1/2のスコーン、コンバットクランク400、バズジェット、1/2のチャター
少し重めの巻き系にグッドです。

ライト寄りの1/4チャター+デスアター5もいけました。

レギュラーテーパーかな?で、普段ミディアムファーストの竿ばっか使ってるから、キャストのタイミングを調節していき、慣れると、気持ちよく飛ばせる。

底ものは1/2テキサス、3/8フットボールも使えそうです。ハネさせる、ガッツリ掛ける釣りには向かないと思いますが。

予想外に?良いと感じた竿でした。

PS.ゆうちょダイレクトの使いにくさが半端無くて、発狂しそうです。