カテゴリー別アーカイブ: ロッド

マイクロガイドの利点。キスラーロッドと国内メーカーのロッド

先日の、丸山ダムバス釣り大会(キャスト杯)のプラの時の事。

image

気づいたらヘラクレスのガイドが曲がっていました。(ちょっと分かりにくい写真ですが)

シングルフットのガイドが、本来はブランクスに対して、垂直に付いているはずなのに、車内かボート上かで何かに当たってしまったのでしょう(狭いジョンボートでは、気づかないうちに竿を踏んでしまっている事もあるかもしれません。特にファイト中とか必死だし)、角度が付いて曲がってしまっています。シングルフットのガイドが曲がる、これは過去に何度も経験しています。

では、シングルフットのガイドじゃなければ良いのか?

image

これはヘラクレスのダブルフットのガイドですが、これも実は曲がる事があります。曲がり方は二種類経験した事があります。

一つは、横からの力が加わり、ひねりが入るような形で曲がるパターン。シングルフットの場合は比較的横からの力には強く?、曲がる時は前後に曲がります。ダブルフットは足が三本もあり、見た目には頑丈そうですが、力が加わると左右にねじれるような形に曲がるのです。意外と簡単に。

もう一つは、足だけが曲がるパターン。この場合、ガイド本体(ガイドリング)は前後にも左右にも動きません。三本の足のうち、手前の長い2本の足のどちらか1本だけが曲がってしまっていたという事が過去2回ありました。

このパターンの場合、実釣には大して影響が出ないのですが、やはり使っていて気持ち悪いのでガイド交換の修理に出しました。その竿はヘラクレス7だったのですが、某キャスティングに出して、メーカー(エバーグリーン)で修理して返ってくるという対応をしていただきました。修理代(ガイド代+工賃)2000円と、送料(梱包料?)1500円がかかったと記憶しています。二、三週間で返ってきたと思います。記憶が曖昧なので、細かい所、間違っていたらごめんなさい。

もう1回は、NFC Jcustom2.0 TCR610MLを売却する時に気づいたのですが(気づかないまま使っていた)、店員さんに「ガイド(トップガイドのフットだった)が曲がっているのでちょっとマイナスですね」と言われました。何だか使っていたのに気づかなかったというのが、ちょっとショックだったのと、この頃、今より沢山の竿を持っていたのですが、使いこなせる(管理できる)だけの最低限の本数を所有しようという今の考えになっていったきっかけの出来事かもしれません。

まあ、見た目は強そうなダブルフットだけど意外と曲がっちゃうという事です。

前振りが長くなりましたが、ガイドの耐久性という面において、現状、僕がベストだと思うのがマイクロガイドです。

image

こちらはキスラー社のヘリウム3・69MHというミディアムヘビークラスの竿のガイドなのですが、根元からトップまでマイクロガイドが乗せてあります。以前所有していたキスラー・ヘリウム3のXHクラスの竿も、ほぼ同じ小ささのマイクロガイドが搭載されていました。キスラー社の竿はマイクロガイドが標準なのですね。

えっ?マイクロガイドってベイトフィネスの竿に付いているやつだから、耐久性無いんやないの?とお思いの方、答えはNO!です。マイクロガイドはダブルフットガイドより強いです。これはキスラーの竿で、1年半で200回弱は釣りに行ったでしょうか、それくらい使った上での実感です。

まず、踏んでも曲がる気がしません。実際は怖くて踏めないですが(笑)。指でかなり強めに押してみても曲がる気配が有りません。

■追記(2015.10.14)先日、キスラーロッドのマイクロガイドが少し前後(の後ろの方)に傾いていました。手で戻して修正して、使っています。

ダブルフットガイドで起った足が曲がるというトラブルですが、マイクロガイドは足がめちゃくちゃ小さいので、こちらもほぼ有り得ないでしょう。

実際に釣りをして感じる耐久性ですが、僕がメインとしているカバージグ、フロッグ、ビックベイト&アラバマ、フットボールなどのストロングな釣りで使っていて、今のところ不安に思った事は無いです。

1度だけ、ヘリウム3・69Hのトップガイドのガイドリングが外れたというトラブルが有りました。でもそれはマイクロガイドだから外れたという感じでは無いと思います。

その時は、購入した店舗(ハニースポット)に出して、トップガイドごとの交換になりました。1年未満でしたが保証は効かず、実費で2000円だったかな?それくらいの負担になりました。キスラーのステッカーが付いて返ってきました(笑)アメリカンロッドは実店舗で買った方が、修理の時に安心かなとも思いました。

 

フォアグリップレスをバスロッドのスタンダード化したキスラーが次に提案したのが「マイクロガイド」です。09年夏のICASTでの発表以降、そのあまりの性能に世界中で追従者を生み出しある種今後のバスロッドの形式を位置づけたとも言えます。マイクロガイドは小口径の同一径ガイドをバットからティップまで並べたシステムでその利点として「軽量化」、「感度の向上」、「強度の向上」、そしてブランクの性能をそのまま引き出せる事から「パワーの向上」、さらには一見想像し難いですが、「飛距離の向上」までをも生み出しガイドシステムの新たな転機となる事でしょう。今回キスラーはマグネシウムにてマイクロガイド搭載モデルを発売しテーパーも合わせて特殊なモデルとしました。通常モデルより張りがあり高感度+肉厚ブランクが特徴で大変面白いロッドになっています。

尚、今回マイクロガイドの開発により一部チタンガイドを使用(Z-Boneの一部機種)する事が出来ました。(ガイドフットの面積が少ない為、チタンの反発がブランクに与える影響が少ない。例えばティップまでチタンでダブルフットガイドを装着すると、装着前と全く異なるロッドとなり、粘りが損なわれる。尚、本件唯一の例外はガイド自体がソフトで曲がりに応じてガイドが展開するリコイルガイドのみである。)—キスラーHPより引用

detail_guide_he3-cast_l

キスラー社もHP上で、マイクロガイドの利点の一つとして、「強度の向上」を唱っています。

マイクロガイドの方が、感度が良いだとか、飛距離が上がる(下がる)だとか、色んな事が言われていますが、はっきり言ってしまいましょう…

そんなの僕レベルじゃ分かりません。目隠しされて、「どっちがマイクロガイドでしょう?」なんて言われても、当てれる自信は有りません!(笑)    (←こんなやつが竿を語るなって笑?ただ、僕は、道具としての竿が好きなんです。リールよりロッドにこだわります)

そんなに、実感としての大きな差が無いので有れば耐久性を最重用視したいと思います。必要な時に竿が無いのは困りますから。

■キスラーのロッドについて

キスラーのロッドには、ヘビーラインナップにもマイクロガイドが搭載されていて、良いなあと思うのですが、必ずしもキスラー万歳という訳では無いです。

頻繁に(ほぼ毎年?)マイナーチェンジ&価格改正が行われ、欲しいロッドが廃盤になったりします(汗)気に入ったロッドがもう一本欲しいとかなった時に、ブランクスやガイド、その他の仕様が変わっていたりする訳です。

日本への供給が安定していないので、欲しいロッドが買えないという事もあります。アメリカ本国でも人気が有り、日本まで回ってこない事もあるとかないとか…?

そして、情報が少ないという欠点も有ります。欲しいモデルを一応店頭(ハニースポットは日本一の現品在庫では?)で触って、お願いすれば、リール、ライン、ルアーをセットして試させてもらったりもしたのですが、やはり買ってみて試して初めて分かるという部分も有る。そして、買ってみたけどイメージと違ったという感じで、すぐに売ったモデルもやはり有るのです。

日本のロッドで有れば、特に大手のメーカーのロッドなどは、ネット、雑誌、DVD、周りの人など、情報が多く有ります。そのロッドの使い方、良いところ、悪いところ、買う前に手に入る情報が沢山有ります。つまり、外す事が少なくなります。 国産の高いロッドというのは、トッププロが使い方を教えてくれます。上手い人が自分で使った生の声です(全てがありのまま100%を伝えれる訳では無いと思いますが)。情報料(人によっては広告料、プロモーション料とも言う)としてそれを払う価値は、多少なりとも有ると僕は思っています。外して買い替えれば結局高くつきますから。

日本のロッドのその他のメリットとしては、供給やアフターサービスに有る程度の安定が見込まれているという部分も有ります。

キスラーのロッドが気になっている方は、その辺の事情も考慮してみてはいかがでしょうか。ちなみに今の僕の愛用ロッドは日本のメーカー(エバーグリーン、NFC Jcustom)8本 : キスラー2本の割合です。日本のメーカーの割合が増えつつある今日この頃です(笑)。

とまあ、最後に話が逸れましたが、マイクロガイドは意外と耐久性有るよというお話でした。

ガンタレルのインプレ。使う理由。チューニング、タックルについて。

■追記(2015.12.17):旧吉野川遠征で2500overをGETしました。

(※ガンタレルのインプレ、チューニング等については、ページの下の方に書いています)

・ガンタレルのロッドについて

前回の弥栄ダム戦では、ガンタレルに、普段使用しているコンバットスティック・ディトネーター70Xでは無く、ヘラクレス7 70Hを使用していました。
何故かと言うと、ディトネーターにはジグを結んでいて、ヘラクレス7が空いていたからです!(笑)

オープンウォーターの遠投メインの使い方であれば、ヘラクレス7でも問題ないと思います。
キャスト時、ガンタレル(70g/160mm)には若干パワー不足かなと感じる (178mm/2oz classのジョイクロにはベスト)ヘラクレス7ですが、 投げた後ですね、引く分には、S字系というのは、引き抵抗はかなり弱いですので、ノセ重視でヘラクレス7を選ぶというのは有りだと思います。ディトネーターの前に使用していた、キスラーヘリウム3 69XHでノラなかったので、ヘラクレス7に変えて連発させたという事も有りました。

カバーへのピッチングも多用する場合は、ディトネーター70Xを使用します。遠投もピッチングもどちらもいけるというのがディトネーターです。

image

私の竿選びのキーワードに″汎用性″というものが有り、ビックベイトピッチング用とかビックベイト遠投用とか両方の竿を用意する事は出来るだけしたくない(ジョンボートなので竿を沢山積めない)のです。

ディトネーターの前に、ガンタレル用で使っていたキスラーヘリウム3 69XHは手放しました。ピッチングやミドルレンジのキャストには良いのですが、遠投メインの使い方の時は、もう少しレングスが有った方が、投げやすいと思ったからです。これは、長いから飛ぶとかいう話では無くて、手(特に手首)への負担が半端無いからです。ずっとやっていると痛くなります。そうすると、結果、楽な(腕への負担が無いという意味での)釣りで筆休めしようとかなって、″続けれない″という話です。※怪力では有りませんが、日々フィジカルトレーニングはしています。 カバーへのピッチング&ジャークとかには良さそうでしたが、ジャークとかあんましきらん(苦手)ので。(笑) ビックベイトも色んな使い方がありますが、やってみた結果今の所、自分のビックベイティングはほぼ″巻き(もしくはデットスティッキング)″オンリーです。それで釣れる時に、ビックベイトを出します。巻きのビックベイティングで一番気持ちいいのがガンタレルなので、好きで使っています。

ガンタレルの気に入っている所

S字系の中では動きにトルクが有ります。これは何が良いかと言うと以下の3つの点。

1.多少ゴミを拾っても動き続ける。せっかく良い所に入ったのに、ゴミが引っ掛かってキャストが無駄になっちゃった…なんて時に″もう一投!″が無いのがビックベイトですからね。

2.20lbを入れれる。
20lbでも問題無く動きます。ジョイクロは14じゃないと、16じゃないと、みたく、僕には繊細すぎる女です(笑) 余談ですが、ジョイクロのオリカラを開発中の某ショップスタッフ(ジョイクロでいつも魚釣っておられます)に質問した所、そのお方はジョイクロに20lbを入れているようです。泳がなくなるけど、結局、″個体差″の方がデカいからと言っていました。
自分的には、ジョイクロに20lbを入れて使うと、前に来すぎるのが嫌で、ブレーキが弱すぎるように感じてしまいます。もちろん、ジョイクロというルアーはそういう造りにしてあるルアーなので、それが良い時も有ると思います。僕は、もっとゆっくり引いて、止めてをやりたい時に、14とか16を出来れば選びたく無い(使う時も有ります!)。ガンタレルは20lbでそれが気持ち良く出来るルアー。
何故20lbにこだわるのか?よっぽど飲まれたりしない限りは、14や16でも切られないと思います。バスに切られるのが怖いのでは無く、キャスト切れが怖くて20lbにしたい。それから20lbだと、カバーを釣っていく時に、結び替えの頻度を下げれるという事も有りますね。

3.フェザーフックを背負える。
ガンタレルには標準でフェザーフックが搭載されています。

image

私はフェザー好きです。ラバージグのラバーもそうですが、フェザーとかラバーの″ワサワサ系″は凄く釣れそうな気がしてならないのです。ただの自分の思い込みなのかもしれませんが。釣りなんて所詮思い込みの世界。
むき出しのフックに抵抗が有るのも事実です。フックの刺々しいあのビジュアルを魚が好むとは思えない。出来れば隠したい。ラバージグやスピナーベイトは針が隠されているから釣れるとも思っています。ビックベイトは見せる釣りなので、尚更、むき出しのフックというのは気になります。

これら3点は、ガンタレルのトルクの有る動きによって実現するという訳です。
ガンタレルは神のアクションだ‼とか、バスを引き付ける力を持っている‼とか、そういう事を言いたいのでは無く(気に入っているのでそう思えなくも無いようになってきていますが笑)、

使い易さや効率

の部分で選んでいるというのが大きいです。

あ、それ以外にも良い部分は有ります!

・良心的な価格。買いやすい。
実売で3890円(Amazon)というのは、ビックベイトにしては安いのではないでしょうか。しかも、アイやヒートンがスイベル式になっていたり、フェザーも質が良く、造りは結構凝っている中でのこの価格ですから、メーカーはとても努力をされているのだと思います。ジャッカル好きくないけど(笑)。
それから、これはとても大切な点なのですが、何処にでも売っていて買いやすい。  以前、50upを釣って気に入っていたオチアユミノー(nishine lure works)を、橋桁にぶつけて破損させてしまうという悲しい出来事が有りました。で、釣具屋に探しに行ってもこれがなかなか売っていない訳です。せっかくコンフィデンスを積み重ねていっても、売っていなきゃ使えない。   そんな事も有り、例え釣れるものであっても、安定供給されていない・高すぎるルアーというのは僕の中では無しになっています。使うのに躊躇するようなのはダメです。

・アイやヒートンがスイベル式

image

ビックベイトのような重いルアーを使っていると、ジャンプ一発バレ!で泣いた方は多いのではないでしょうか。
ガンタレルはアイとフックが付いているヒートンがスイベル式になっていて、ファイト中の魚の″ひねり″に追従してくれ(すみません、仮説です。確信までは往って無いです)て、バレないようになっていると思います。耐久性は今の所問題に感じた事は有りません。

・ウェイトをぶら下げる事が出来る

アゴに空のヒートンが付いているので、そこにDS用のシンカーをぶら下げて使っています。ウェイトシールを貼るより手軽です。別に他のビックベイトであっても、フックのヒートンやアイにぶら下げる事が出来ますが、こちらの方がスマートですよね。

image

ガンタレルのウェイトチューニング
についてですが適当!!です(笑)
でも一応、愛用している現物の画像をUPしておきます。フックシステムは、前に研究していたものなので、気にしないで下さい。

ガンタレルのフロントフックをトリプルに交換。
五本釣った時、五本ともリアのトリプルのみに掛かった状態で上がってきました。
ボディの形状と大きさからして、フロントダブルはきついかな。。という事でデフォルトのトリプルに戻す事に。

ホントはウッドカバーをホバリングさせたり、タイトに引いてきたいから、フロントダブルでいきたいとこなんだけどね。リア一本掛かりはきつい。

↑と、昔の自分のblogに書いてありました。ふむふむ…そんな事あったっけ?(笑)忘れていたので備忘録的な意味も含めてUP!
ちなみにガンタレルのフックはST36BC#1が標準だそうです(ジャッカルHPより)。

image

↑と、自分の昔のblogに有りましたので、ジョイクロのフロントフックと同じだと思います。間違っていたらごめんなさい。

んで、話は戻りますが、張り付けてある鉛のシールを剥がすことはほぼ無いです。アゴには1/16oz(多分)←3/64ozでした!のDSシンカーをぶら下げて使うか、外して使うか、という二択がほとんどです。元々はフローティングのルアーです。ウェイトチューニングは、結構気にされている方が多い?と思います。僕も、ジョイクロの時は色々調べたりして、凄く気にしていました。でも、ガンタレルは、動きにトルクが有るからそんなに細かい事気にしなくても良いし、それで釣れます。それよりも、ウェイトチューニングやラインの太さなんかよりもっと大事な事(アプローチetc.)を気にしたほうが良いと思います。あ、さりげなく良い事言いました(笑)

ガンタレル嫌な部分もお伝えしておきますね。

image

【泳ぎの安定性を高め、ジャーク時のひっくり返りを制御。またやや角度を付けることでリップの役割をし、最大1mほどの潜行深度を実現。(―ジャッカルHP)】

とある、この胸ビレですが、ルアーをぶつけた時にここを破損した事があります。ソフト素材にしてくれたら壊れないのにな…。

カラーは、ビックベイトのカラーは特に気にしない方針なのですが、この

image

【RT野池ギル】
というカラーよりも、

image

【HLブルーギル】
という、結構ギラギラしたフラッシング系のカラーなのですが、こちらの方が、良いサイズがよく釣れる、ような気がします。

image

弥栄ダムバス釣り大会で1960gを釣った時も【HLブルーギル】でした。
この二色しか持っていないので、カラーに関しては、好きなのを使って下さいとしか言えません(苦笑) 参考程度までに。

ガンタレルの使い方は、ズバリ投げて巻くだけ!見えるか見えないかの所をゆっくり目(浮いてこない、ちょっとずつ沈んでいってるかな、的なスピード)に巻いて使う事が多いです。
ウッドカバーを、ホバリングさせて止めておく、ラインの重みで前に来た分ラインスラッグをリールで巻く、みたいな使い方もします。
″ベッターン″と平べったいボディが水面を叩く着水音は、バスが気になる音であるような気がするので、キャストして着水する瞬間、少し大きめにその音が出るように、そこは意識しています。
さっきも言ったように、難しいテクみたいなのは有りません。僕は、どちらかというと、そういう釣りは苦手なのかもしれません。「ルアーの力じゃないか、誰でも釣れる魚を釣っているだけの事」と言われればそうかもしれませんし、そこは、「じゃあやってみろよ」と言いたいのもの本音ですね。

とても良いルアーだと思いますので、皆さんも、使って色々と研究されてみてはいかがでしょうか。くる~りくる~り巻いてきて、ガツーン!とくるバイトは病み付きになります。

image

追記
文中にラインのlbの話が出てきますが、全てフロロが前提の話となります。言ってなかったですね。すみません。

NFC Jcustom2.0 PSR610ML ざっくりインプレ

 

 

 

Jcustom PSR NFC

最近導入したNFC Jcustom2.0 PSR610ML。

 

■NFCって?

ノースフォークコンポジット社という米国のブランクメーカー。創業者はあのGルーミス創業者でもあるゲーリールーミス。

■J custom2.0ってどんなロッド?

自ら世界中を釣り歩き、40年にわたりカーボン・ブランクとは何か?この命題に取り組み続けているゲイリー・ルーミス。そのゲイリーがデザインし、今もアメリカ国内で作られているブランクがノース・フォーク・コンポジット。この卓越したブランクを日本の釣りに最適化する、これがJ Custom 2.0です。

と、販売元のブルーピークス社(日本の会社。NFC輸入総代理店)のHPにありました。

■J custom2.0のSPINモデル特徴

魚に近づくための安易な選択肢としてのスピニングロッドではなく、スピニングリールならではのアドバンテージをフルに引き出し、フィールドでの攻めをより多彩なものとすることをコンセプトにしたロッド。昨今のフィールド事情に連動し、繊細さを追求するあまり、投げる、掛ける、寄せると言ったバスフィッシングの基本が軽視される傾向にある中、ロッドとして基本性能を今一度、実釣から見つめ直し、スピニングリールならではのアドバンテージを再定義。質実剛健な基本性能に優れたメイド・イン・USAのブランクをベースに、日本の釣りに合わせ最適化したスピニングロッドです。(—メーカーHPより)

スクリーンショット 2015-06-28 11.27.00

 

 

当方、普段はベイトタックルがメインでして、ベイトロッドは9本所有しています。対して、あまりやらないスピニングの竿は1本のみ!その唯一のSPINがコレです。

私がやるスピニングの釣りは、

アノストのネコリグ

カットテール6.5のJHWやWNS

スモラバ(2.7g〜)

などの、パワー?スピニングスタイル。

以前はエバーグリーンのブラックレギウスを使用していまして、なかなかお気に入りだったのですが、コンクリにヒットさせてしまい、破損(泣)。

その引き継ぎとして導入したのが、キスラーヘリウム3 69MLだったのですが、イメージより柔く(キスラーヘリウム3はMH以上の番手はそうでも有りませんが、M以下の番手は日本のロッドより柔らかめの使用感)、アノスト7の3.5gネコクラスのリグだとティップが入りすぎて(柔らかい)使い辛かった。キスラーは売却し、JcustomのPSRを導入した。PSRはPower Spin Rodの略ね。

これが、結構、気に入っている。

特別大きな魚はまだ掛けていないが、昨日の丸山ダムの46/1250の魚なんかは、当たり前のように悠々リフト。早くこいつのポテンシャルを量れるサイズを掛けてみたい。

上記のリグの操作性は問題無し。アノスト7+7gネコも使ってみたが、もたれずに普通に使えた。

ロッドのレングスが610有るのもあってか、アノストネコのミドストは少し疲れる。長谷川さんはこれを63の竿でやっているんだっけかな。

後は大事な見た目と雰囲気も問題無し!ローカーボンフィニッシュが渋い(キスラーもですね)。

ガイドは、個人的にはノーマルガイドより強度が強いと思っている、マイクロガイドが乗せてある。

J custom PSR NFC

ミドストなどの時に、フロントグリップを握り、リールシートに指をかけずに操作する事があります。こっちの方が軽快に扱えるんですね。このロッドは、制作者がこれを想定したのかどうかは分かりませんが(多分してない笑)、このニギリがやり易いグリップ形状になっています。

グリップエンドはハードコルクになっており、国産高級ロッドのように、無駄に傷の入り易いエンブレムメタルパーツなんか付いていません。ボート乗ってる時、グリップエンドで岸をプッシュして離岸したりするから、あれ邪魔なんですよね…。

 

以上。まだあんまり使い込んでいないけど、ざっくりインプレでした。