カテゴリー別アーカイブ: 小物

サンライン FCスナイパー インプレ

image

ニューBMS

FCスナイパーBMS AZAYAKAがストアに並び始めたようです。

旧BMSより伸びが少なく、視認性もアップしているとの事。

僕は

カバージグやバックスライド系のカバー撃ち

マンメイドのフットボール

などにBMSを使用しています。
アドバンテージはかなり有ります。

ラインの違和感(アタリ)、特に、
フォールスピードが少し早くなったりする変化は、単色のライン(色付き単色でもダメ)では取れません。BMSなら、急に早く水中に引き込まれるような変化が 赤、黄、オレンジマーカーが有る事で明確に分かるようになります。

バイトが増えるラインです。

後、釣りしてて、特に川では良くありますが(ドリフトの釣りとか)、
「あれ?ラインどこいった?」
みたいな時に、竿でライン引っ張って、ラインの位置を確認したりすると、余計な水切り音で魚をスプークさせたりしてしまいます。
BMSだと、マーカーでラインの位置が分かるので、そんな事をせずに済みます。

水中のどこにラインが有るか?が分かる事で、それに合わせてアワせる角度をシミュレーションし、ロッドの構えかたを変えていきます。

獲れる魚が増えます。

安いなら全部このラインにしたいくらいです。

マーカーのせいでバイト減るんじゃないの?

image

 

こちら、ブラックストリームマジック。同じくサンラインのグレ用のハリスです。

黒と薄い黒の交互の組み合わせにより、
線でなく、点に見せる事で、魚に喰わせる
というコンセプトらしい。

これを見て、BMSも同じような解釈をしてみようと。そんな感じで、冬の遠賀川、低水温のシビアなコンディション&クリアアップの状況でワンシーズンテストしてみました。結果、問題なく喰ってくるし(予想通り)、むしろ取れるバイトが増えたという結論に。

15年ほど前ですが、村上晴彦が東レの黄色のフロロをスピニングに巻いて爆釣しているのを見て、私も真似して釣っていた時期があり、普通に釣れていたので、元々カラードラインに抵抗が有りません。

image

色付きラインでおしゃれ度もUP。

あ、色付きなので、タンデムの時、おまつりしにくくなります。

本当、良いラインなので、皆さん使ってみて下さい。
そして、みんなが使って、買いやすくお求めやすくなれば良いなと思っております(笑)

最後にプロデューサー?の下野さんの言葉↓

「ラインはクリアやないと喰わないって言ってるやつ。ラインの前にお前の頭をクリアにした方が良い」

…!!(笑)

アノストのフック。タリズマン/キャプテンフック

アノストに使用しているキャプテンフックiガードの件。

開発者の長谷川さんのブログにて推奨されていたので、キャプテンフックiガード(アノスト7に♯1)を使用していましたが、ノらない事が多発…

@丸山ダム2015CAST杯プラ【詳細】

調べてみると長谷川さんのブログに、それについての記述が有りました。

image

「キャプテンフック・アイガード」

ネコリグとしてフックをセットすると、ガードが倒れた時に、ワームに早い段階で当たってしまいます。

こうなると、浅い掛かりになったり、すっぽ抜けの原因になると思われます。

そこで、ガードの先を少しニッパーでカット!

すると、このようにガードが倒れてもワームと干渉することはなくなります。

簡単なチューニングですが、きっちりチェックしておきたい部分ですよね!【ー 長谷川さんBlogより】

らしいです。ガードを短くカットしているようです。(Blogでは画像付きで解説有り)結構前のエントリーなので、知ってる人からしたら今更感が有るかもしれませんが(汗)

image

ただこのiガード。この鋭いガード(形状記憶合金)がバスの口の中に「チクッ」って刺さったら、バスが吐き出しそうですよね。これもショートバイトの原因になってるのかも。

スクリーンショット 2015-08-04 0.03.37

こちらの某デプスヘッドロックジグワイヤーガード ジグも同様?

この事は僕が勝手に師匠と崇めている某カリスマ釣り師がおっしゃっていた話になりますが。

そのお方はiガードの先端を曲げているらしい。

image

こちらのジグ(おおのオリジナルジグ)もそうなっています。

ただ、

iガードで何度も悔しい思いをしたので、今はタリズマンに手が伸びる事が多いです。

アノスト フック リューギ

リューギ/タリズマン

アノスト7にはタリズマンの2/0

アノスト5.5にはタリズマンの1/0

をセットしました。

wpid-dsc_1301.jpg

 

丸山ダムの大会の前日に宇部のキャストで、急遽、ガード無しの針を、という事で買ったこのフック。相性が良いのか、今の所ノーミスで、全て良い所に掛かっていました。間に一回キャプテンフックiガード使ったら、それミスりましたから(汗)。(しかも大会中)

image

そして、タリズマンを使ってみて気づいたんだけど、ワームを曲線ですくってホールドしている為か、フックがズレ難い。キャプテンフックは直線ですくってホールドしてくれているのだが、少しワームが裂け出すとすぐズレてますますワームが裂けていく。ような気がする。

ちなみに使用タックルはMLクラスの6フィート10インチの竿(NFC Jcustom2.0 PSR610ML)、PE1号+フロロ7lbのセッティングで、結構しっかり掛けるイメージです。

今のところ、アノストにはこの針でいこうかなと思っています。

他にも良い針あったら教えて下さい。

 

バフ(Buff)のインプレ。バス釣り時の暑さ対策。防寒にも。

最早定番化した感のあるバフ!

image

この顔に巻いてる布ですね。筒状の布です。

日焼け防止に効果的なのはもちろん、暑い時期に特に危険だと感じるのは、首後ろに直射日光を浴びる事、それをガードしてくれます。

科学的な事は分かりませんが、首に日光をあびてしまうと、かなり疲労につながると感じます。急に体が熱くなったり、めまいがしたり…。

バフを装着するなり、フード付きのラッシュガードで守るなり、タオルで首をガードするのも良いと思いますが、必ず首後ろに日光を浴びせないようにした方が良いですよ。僕は熱中症に成った事がありますが、かなりヤヴァイです…。

バフは手軽で効果的なのでおすすめです。暑苦しいんじゃ?装着してもマスクをしているよりは苦しく無いです。

それを聞いても、夏だけの為に買うのもなあ、と躊躇する方もおられるかもしれませんね。

image

バフは冬(寒い時期)にも活躍します。むしろ、僕にとっては冬にこそより有り難い存在になります。

冬のバス釣りが大好きな私ですが、寒い時期の首や顔の防寒ってすごーく大事。んで、ネックウォーマーを使う人も多いと思いますが、あれって息苦しいんですよね。わずわらしくなって外したくなっちゃいます。

それが、冬にバフを装着してみた所、これがとても快適でして、この冬はバフのみで越しました。

という訳で、1年中使えるバフですので、熱中症対策の為にも、是非導入してみてはいかがでしょうか。

新しいウェアを手に入れると、釣りに行くのも楽しくなりますよ♪

スクリーンショット 2015-07-31 11.35.25

最近の愛用は、Buff本家のものでは無く、安く買えて、つかえるポイントのオリジナル商品のやつです。

Buff本家のやつ、ワンシーズン、繰り返し洗って使ったら、結構毛玉とか出てきてる。

テバのスポサン。ボート釣行時おすすめサンダル。

ボート釣行時の足下について。(サウザージョンのカートップ)

image

春〜梅雨の始めは、ゴアテックスで防水&蒸れない、ダナーを経て、

暑くなったらサンダルスタイル。

去年まではクロックスを履いていたのですが、嫌な部分があったんです。それは、足裏に水や砂が溜まる事。

ボート出す時に足まで入水する場合が多いのですが、遠賀川(上流スロープ)とかスロープがあんまり整備されていない場所だと、底が砂地だったりする訳で、その時に砂と水が足裏に溜まるんです。それが気持ち悪かった。

image

そこで水はけの良いビーサンに変更した。

これはこれで気軽だし、それなりに快適だったのですが、、、

image

この恐怖の丸山スロープをドーリー無しで一人でサウザージョンボートを担いで昇り降りした時に、足元はしっかり歩けるやつが欲しいと思いました。ビーサンはもちろん激しい運動には向いていないし、滑るしね(汗)

image

色々吟味した結果、テバのスポサンを導入してみたんだけど、これが調子良いです。これは本当に履き心地が良くて、気持ちいいレベル。斜面とか歩いてもしっかりしています。底がカップ状になっていないので、もちろん水はけも良く快適です。

欠点は、日焼けでお家でもテバサンを履いているように見える所です(笑)写メは野郎の汚い足なので自重しました。

しっかりしたものだから使い続けれると思うし、足元でお悩みの方はテバサンおすすめですよ♪(僕は気に入って普段でも履いてます)

Enjoy Summer Fishing!!

110 122

Teva.女の子が履いてもイケてます。

ブルフラット収納。虫除けスプレー。

11 sat
@7月の遠賀川支流
朝練おかっぱり

image

今日はスピニングの練習という事で、Jcustom2.0 PSR610ML1本を持って出撃。

この前買ってみたワームをネコリグでセットし、使ってみました。

ネコリグはワーム別でセッティングが異なってきますが、色々試している間が楽しいです。このワームは裏返しの平らな面を上にセットした方がしっくりきました。

支流の上流エリアをメインに、最上流部や

image

こんな水門を回ったりして、ロングキャストで枝にラインかけて誘う、テクニカル風な事もやりましたが、何もなく終了です。

image

スピニングのスプールカバー、この前使い初めてみたのですが、便利ですね。
釣りが終わって、車に積む時に、ラインをガイドに通したままにしとくと、ちっちゃいキズが入るのが嫌で(そういうのがアワセ切れとかに繋がる)、スピニングはラインをスプールに納めてから、積み込むようにしてます。
その時に、スピニングのスプールに付いている”糸止め”ありますよね?あれにラインを挟んでいたのですが、ジャストで止まれば良いのですが、大体、数センチ余分にはみ出てしまう(分かりますかね?)。余分はカットするのですが、PE+リーダーのセッティングなので、出来るだけリーダーを節約したい。
何故ならば、リーダーを作り直すのが面倒だから笑
そんな風に思っていた所、スプールカバーを装着すると、糸止めを利用しなくてもラインがバラけない状態になってくれる。これで数センチが節約できる。精神衛生上よろしいです。

image

虫除けスプレー。
これからの季節は無くてはならないアイテム。
車載用と、おかっぱりバックにインしてる分と、予備で三つもってます笑
キンチョーの”プレシャワー”という商品を愛用しています。
コンビニにも置いてます。
顔周りに吹く時に、ガス式だとブウワーっと一気に出るし広がるしで、成分を吸い込みそうになってしまいます(目にも入りそうになる)。けど、これはちょうど良い量で、シュ、シュとちょっとずつ着けることが出来ます。臭いもらしくない香りがして気にいっております。威力は抜群かどうかは分かりませんが、効果はありますので、数年愛用しています。ガス式よりコンパクトで嵩張らないのもgood!!

image

ブルフラット
元々はチャタートレーラーでの使用をメインで使っていましたが、今年はライトTXで使ってみた所、結構お気に入りになってしまったワーム。
シャローをノーシンカーより早く、テキサスよりナチュラルに攻めるのに、”高比重ワーム+ライトTX”というのがちょうど良い塩梅です。
ぺターン!という着水音と、ピリピリ動くテール、フワッとしたスライドフォールがポイントです。

そんな、ブルフラットですが、パッケージに入れていると、テールがグニャリと曲がってしまいがち。気になっていたのですが、

image

フリップギルのパッケージングを見て、この手があったかと。

自宅でそれっぽいワーム袋を探し…

image

きたコレ。
フリップギル式収納完了。コレの方がテールがズレ難いと思います。
ゲーリーのクリーチャーの袋がベストでした笑

魚の画像が無いので小ネタblogになりましたとさ。

フィックスアルアーでワームを蘇生

image

image

今年の上半期で使用したワーム達!の残骸笑

使い終わったワームは捨てずに取っておいてます。

image

SPIKE-IT Fix-A-Lure(フィックスアルアー)

ソフトベイト用接着剤。ワーム同士を溶かしてくっつけるタイプの接着剤で、固くならない!

こいつを使って蘇生させています。
環境にもお財布にもエコです。

こいつを知る前は、ボロボロになるギリギリの所までワームを使っていましたが、
そうすると、ワームズレてリズムが崩れる、それでもギリギリまで使っていました。基本、貧乏性なのです。

でも、フィックスアルアーを導入してからは、
裂け始めたら、すぐにワームチェンジ出来るようになりました。
使用済みのワームも、完全にボロボロになる前に補修すれば、新品同様に使えます。むしろ、接着箇所は程よく固く、強くなり針もちが良くなります!

キモは液剤をケチらない事。たっぷり付けましょう。
それから、使用後はフタに付属している筆から、ワーム成分をしっかり拭き取ってから(ティッシュだとカスが付くから、ウェットティッシュがいいと思う)戻すようにして下さい。中の液が硬化して使い物にならなくなってしまいます。

一つ800~1000円くらいで、ワーム5パック分以上は蘇生できます。
フィックスアルアー、おすすめです。