カテゴリー別アーカイブ: 小物

ブルフラット収納。虫除けスプレー。

Pocket

11 sat
@7月の遠賀川支流
朝練おかっぱり

image

今日はスピニングの練習という事で、Jcustom2.0 PSR610ML1本を持って出撃。

この前買ってみたワームをネコリグでセットし、使ってみました。

ネコリグはワーム別でセッティングが異なってきますが、色々試している間が楽しいです。このワームは裏返しの平らな面を上にセットした方がしっくりきました。

支流の上流エリアをメインに、最上流部や

image

こんな水門を回ったりして、ロングキャストで枝にラインかけて誘う、テクニカル風な事もやりましたが、何もなく終了です。

image

スピニングのスプールカバー、この前使い初めてみたのですが、便利ですね。
釣りが終わって、車に積む時に、ラインをガイドに通したままにしとくと、ちっちゃいキズが入るのが嫌で(そういうのがアワセ切れとかに繋がる)、スピニングはラインをスプールに納めてから、積み込むようにしてます。
その時に、スピニングのスプールに付いている”糸止め”ありますよね?あれにラインを挟んでいたのですが、ジャストで止まれば良いのですが、大体、数センチ余分にはみ出てしまう(分かりますかね?)。余分はカットするのですが、PE+リーダーのセッティングなので、出来るだけリーダーを節約したい。
何故ならば、リーダーを作り直すのが面倒だから笑
そんな風に思っていた所、スプールカバーを装着すると、糸止めを利用しなくてもラインがバラけない状態になってくれる。これで数センチが節約できる。精神衛生上よろしいです。

image

虫除けスプレー。
これからの季節は無くてはならないアイテム。
車載用と、おかっぱりバックにインしてる分と、予備で三つもってます笑
キンチョーの”プレシャワー”という商品を愛用しています。
コンビニにも置いてます。
顔周りに吹く時に、ガス式だとブウワーっと一気に出るし広がるしで、成分を吸い込みそうになってしまいます(目にも入りそうになる)。けど、これはちょうど良い量で、シュ、シュとちょっとずつ着けることが出来ます。臭いもらしくない香りがして気にいっております。威力は抜群かどうかは分かりませんが、効果はありますので、数年愛用しています。ガス式よりコンパクトで嵩張らないのもgood!!

image

ブルフラット
元々はチャタートレーラーでの使用をメインで使っていましたが、今年はライトTXで使ってみた所、結構お気に入りになってしまったワーム。
シャローをノーシンカーより早く、テキサスよりナチュラルに攻めるのに、”高比重ワーム+ライトTX”というのがちょうど良い塩梅です。
ぺターン!という着水音と、ピリピリ動くテール、フワッとしたスライドフォールがポイントです。

そんな、ブルフラットですが、パッケージに入れていると、テールがグニャリと曲がってしまいがち。気になっていたのですが、

image

フリップギルのパッケージングを見て、この手があったかと。

自宅でそれっぽいワーム袋を探し…

image

きたコレ。
フリップギル式収納完了。コレの方がテールがズレ難いと思います。
ゲーリーのクリーチャーの袋がベストでした笑

魚の画像が無いので小ネタblogになりましたとさ。

Pocket

フィックスアルアーでワームを蘇生

Pocket

image

image

今年の上半期で使用したワーム達!の残骸笑

使い終わったワームは捨てずに取っておいてます。

image

SPIKE-IT Fix-A-Lure(フィックスアルアー)

ソフトベイト用接着剤。ワーム同士を溶かしてくっつけるタイプの接着剤で、固くならない!

こいつを使って蘇生させています。
環境にもお財布にもエコです。

こいつを知る前は、ボロボロになるギリギリの所までワームを使っていましたが、
そうすると、ワームズレてリズムが崩れる、それでもギリギリまで使っていました。基本、貧乏性なのです。

でも、フィックスアルアーを導入してからは、
裂け始めたら、すぐにワームチェンジ出来るようになりました。
使用済みのワームも、完全にボロボロになる前に補修すれば、新品同様に使えます。むしろ、接着箇所は程よく固く、強くなり針もちが良くなります!

キモは液剤をケチらない事。たっぷり付けましょう。
それから、使用後はフタに付属している筆から、ワーム成分をしっかり拭き取ってから(ティッシュだとカスが付くから、ウェットティッシュがいいと思う)戻すようにして下さい。中の液が硬化して使い物にならなくなってしまいます。

一つ800~1000円くらいで、ワーム5パック分以上は蘇生できます。
フィックスアルアー、おすすめです。

Pocket