カテゴリー別アーカイブ: 考え

かゆい所に手が届く

Pocket

image

大会に向けて、お守り代わりにエスケープツインを購入しておきました。

image

ベトベトして気持ち悪いので乾燥させます。フォーミュラーいらない(汗)

エスケープツインは、色は強めを使いたいので、ライトグリーンパンプキンブルーフレークを。

ラメを嫌う場合はキャステークチョイスを。といった感じのセレクト。

ワームのカラーはグリパン系を選ぶ事が多いです。

目からウロコだったのは、グリパン=ワカサギカラーだという話。

ワカサギをバケツに入れて上からみたら(背中が)完全グリパンだから。

ダウンショットにセットしたグリパンワームはワカサギなり。

どんなワームのラインナップにもありますし、クリアな水でも濁った水でも使える、万能にして王道のカラーですね。この辺は無難です(笑)


スイムジグのトレーラーのお話。

詳しくは一軍ジグトレーラー【スイムジグ編】で書きましたが、メインで使うのはバルビュータと、デスアダーグラブツインテールなのですが、

ちょうどこの二つの間の強さを持ったトレーラーが欲しい。それくらいのやつが一番使い易いのような気がする。。。
image

写真に写っているものも含め、写っていないものも色々試しているのですが、これといったものが見つかりません。

カラーで調整するしか無いかなあ。

ゲーリーのツインテールグラブはサイズ的に丁度良さそうなのですが、ノンソルトモデルとか無いんですかね?

このワームがもう少しだけ大きかったらor小さかったらなあ、みたいなのってありませんか?

デスアダーホッグの4.5インチとか、BMホッグの3.75インチとか、エスケープツインの4.5インチ(セミハードマテリアルver.)とか超欲しいんですけど!

力、力が欲しい。。。(笑)

 

 

Pocket

ゲーリーのワームは釣れない

Pocket

ゲーリーヤマモトのワームは釣れない

どんな釣具屋に行ってもあの黄色い壁が有りますね。ゲーリーは非常に人気のワームです。

ゲーリーマテリアルは釣れる
みたいに言われますが
あんなの宗教みたいなもの(笑)

ハリモチ悪いし、針錆びるし、ボックスが塩ふくし…。

ハリモチ悪いとリズムも悪いから釣れなくなります。

釣具屋はゲーリーが流行ると、良く売れるから嬉しいでしょうね。ワームがすぐダメになりますからね。

ゲーリーを流行らせた人は釣り業界に大きく貢献しているのではないでしょうか。そういった部分では歓迎すべき事でもあります。

沢山売れていて、沢山の人が使っているから、沢山釣れるという事も言えると思います。

image

ズームのブラッシュホッグというワームが有る。

これはふざけたワームです。

ぺちゃんこなってたり、クセがついてたりしますし、ノーシンカーで泳がせてみても艶かしく動く訳でも無く、何にも釣れそうに見えない。

でも、これでも釣れる。

むしろ、ハリモチも良く、針先が出てきたり、ワームが千切れたりしません。釣りに集中出来、リズムが出てきます。

でも使っている人の数はゲーリーとは比べ物にならないほど少ないです。オリジナルサイズのブラッシュホッグは売っていないお店も多いです。

ゲーリーは本当に釣れる?釣れない?
何を信じるかはアナタ次第。

Pocket

09アルデバラン ゆるいインプレ 右ハンドル?左?

Pocket

ゆるいインプレ

アルデバランMg7

アルデバランMg7

これももう旧モデルとなりました。

aldebaran

シンプルでミニマルなデザインは中々良いですね。

aldebaran

SVSの開閉は07メタニウムMgより、こっちの方が、開けるときのクリッて回す感覚が良い。

wpid-dsc_2174.jpg

高級なハンドルが付いております。

ハンドルとは関係無いですが、シマノの純正グリップってずっと使ってるとネトネトしだして嫌です。

んで、ウォーリアーツアーに装着して、試投してみました。

ブリッツ、阿修羅、TDバイブ(11g?)、ハイピッチャーの9gと7gを投げました。全て良い感じに飛びます。

やはり、愛用の07メタニウム同様、旧SVSのフィーリングはキマった時は気持ちいいです。

キャスコンは、スプールがガタつくかどうか、より少し緩めた所に設定。SVSのブロックは二個オンにしました。少し重めのTDバイブを投げる時は一個にしてかっ飛びを味わいました。メタニウムより、ブロック二個→一個での変化が小さいような気がしました。たぶん。

コンパクトで軽い所も高評価。軽いロッドに合いそう。

コイツで投げるようなルアーをあまり使わないので、導入はしないと思いますが、良かリールだと思いました。

そうそう、こいつにはナイロンラインが乗せてあったんだけど、柔らかめのナイロンは久しぶりに使った(アルミーロは使ってる)んだけれども、スムーズにルアーが飛んでいく気がしました。

普段はフロロで統一しています。

右ハンドルのリールも普段使わない(右利きのオール左ハンドルです)のですが、オーバーヘッドキャストがやり易かったです。左ハンドルでオーバーヘッドキャストする時(あまり無いですが)は、ハンドルが横、スプールが上の”当たり前リールの向き”で投げます。左ハンドルの人はサイドハンドキャストや、スクリューウォーターだっけ?が多いのでは無いでしょうか。オーバーヘッドキャストがやり辛いから自然とそうなるのでしょうね。

巻きは、左ハンドルに慣れているので、右ハンドルの方が巻き易いとかは感じません。一時期右ハンドルも導入してみたのですが、フッキングミスが多発した為、やはり、利き手でロッドを持っていたいという事で、左ハンドルオンリーです。

それで、ずっと右腕でロッドを持っている事になるので、疲れるので、左手でのキャストをマスターするのが今年のテーマになっています。

 

Pocket

Don’t think.move.

Pocket

78さんBlog

↑78さんのボートでのゴミ攻略の記事、個人的に参考になりました。

こういうネタ好きなので、もっと書いて欲しいです。

image

↑78さんは、九州から、山口県の大会にも積極的に参加されているストイックな実力派アングラーです。

自分も山口県の大会に九州から参戦させていただいていますが、実は、78さんのとある一言によって火が付いた部分もあります。

遠賀川バス釣り大会のグループライン内で

”小野湖はエレキ二機がけ、24V当たり前ですよ”的なコメントが有り(78さんがアドバイスとして善意で発言されたコメントで有り、それはもっともな事だと思います)、

12V54lb一機がけのサウザージョンボートで小野湖の大会に参加しようと思っていた僕は(今でもそうしています)、「装備が弱くても勝てたらカッコいいぞ」なんて勝手に燃え上がってしまった訳です。

でも、ホームの遠賀川(上流)では、2馬力の船が、40馬力や90馬力の船に釣り勝つ事も有る訳でして、小野湖や丸山ダムに行くと、54lbと82lb〜109lbのハンディなんて、それに比べたらマシに感じる事も有る。

何が言いたいかと言いますと、船や道具を言い訳にするのではなく、今の自分の装備でどう戦えば有利かを考えよう、って事。

大きい船も欲しいけど、

54lb、2馬力のジョンボートのメリットって意外とあると思いますよ。

色々考える前に、まずはチャレンジが大事だと信じたい。

僕の場合は、その考えが足りなさすぎて、大失敗する事も多いですが…。考える前に身体が先に動いてしまうんですよね(汗)

wpid-dsc_1030.jpg

山口でコイツで勝つのを目標に頑張りますよ!

 

wpid-1e9dee1376fbc52781598f0c1c64d37c.png

 

次の大会はGFFO@小野湖に相方と参戦です。

優勝商品はサウザージョンの新艇!参加者は154名です。

image

GFFOには僕の大好きな菊元さんも来るらしくてテンションあがります♪

明日は小野湖にプラに出撃予定です。

 

 

Pocket

遠賀川おかっぱり。新幹線橋脚ポイント

Pocket

8 sat
朝練@遠賀川おかっぱり

18日のcbac遠賀川バス釣り大会に向けて、ボートエリア(上流スロープ)のリサーチです。

image

朝5:00すぎに旧堰に着くと、先行者8名(汗)+ボートが1艇。

ガンタレルでサーチするもノーチェイスなので、エスケープツイン2.7TXに変更すると

image

800ちょい
アクションはボトムをスッ、スッと引いてくるとラインが走りました。

付近は10センチくらいのベイトが追われていました。

2回周りも釣れてましたが、サイズが同じくらいのやつだったので移動。

菜の花橋、新幹線橋脚を攻めましたが、その後は何も有りませんでした。

image

【新幹線橋脚】
人気というか人が多いポイントです。
プレッシャーがかかっていますが、タイミング次第で50UPもサス大場所です。

こんなにネガカルか!と久々におかっぱりからここを攻めて思いました。

沖にはブレイクもありますが、おかっぱりから届く範囲は1メートル前後のフラットな地形です。ボトムには石が沢山入っているので根掛かりに注意して下さい。

ルアーは信じられるルアーで、根がからないやつなら何でも良いと思います。僕はエスケープツインの軽めのテキサスリグで、6フィート9インチのMHのロッドに14ポンドのフロロというタックルを使いました。でもルアーより大事なのはタイミングです。

ベイトがいるかを観察したり、流れを意識して下さい。
その状況下で流れの効いている所にバスが居るのか?流れを嫌っているのか?を考えるのが凄く大事です。大まかな基本としてはミクロ(スポット)ではなく、マクロ(エリア)で考えて下さい。

同じポイントでも南風だとカレントが早くなるし、無風や東西風だと普通。北風だとカレントが止まります。けど、北風でカレントが止まっても、その下は流れてたりします。ポイントの性質は常に変化して行きます。(遠賀川上流スロープエリアの話です!)

何気に凄く大事な事を言ったつもりです。ルアーが何かより、気にしてみて下さい。

ウンチクご清聴ありがとうございました!

image

明日は小野湖バス釣り大会・PBT 2015年第4戦に参加してきます。

PBTはノンボーターで参加させていただいてます。パートナー次第でどんな釣りになるかが予測出来ませんので、自分なりに色んな状況に対応出来る準備をしていきます。かつコンパクトにまとめなければいけません。

今回はお守り代わりにタリズマンを購入しました。今のところノーミスの縁起の良いフックです。アノストに使います。
アノスト7→2/0、アノスト5→1/0を使っていましたが、思うところが有り今回はワンサイズ下げてみます。

それでは明日に備えて残りの準備をやっていきます。

Pocket

デカバスを釣る為に大切な事とは?ルアーなんて何でも良い?! part.2

Pocket

(この記事は2018年7月3日に更新しました)

 

前回の続きです。

「ルアー何て何でも良い」「針さえ付いてれば何でも良い?!」

多少?乱暴な表現かもしれません。

 

 

今まで他の記事を読んでくれた事のある方なら分かると思いますが、普段使っているルアーには個人的なコダワリを持ってセレクトしています。

 

しかし釣れる時は何でも釣れる。

 

じゃあ、どのルアーで、という前に、釣れる場所タイミングを探そうよ。という事です。ルアーで悩む時間よりどんどん動こうという訳です。

 

そこで、ベースとして選んだルアーがラバージグです。

何故ラバージグなのかは以下3つを挙げさせていただきます↓↓↓

①何処でも入れれて通せる

根ガカリが少なく、色んなシチュエーション(撃ったり時には巻いたり!)で使えます。

②魚に見つけてもらえる

ラバージグって、毛がモジャモジャしてて、トレーラーのボリュームもあって、着底したらブワッ!ユラユラ~って感じで、物凄い存在感が有ると思うんです。
小さいルアーだと、場所をチェックするのに時間がかかり過ぎます。
デカい魚がイージーに口を使う場所へ早くたどり着く為には(毎日何処かに有る!!)、大きいルアーの方が効率が良い訳です。
それから、一つのスポットに沢山キャストしたく無い、というのが有ります。何度もラインでビシビシ水を切る事で、魚が逃げる、もしくは、入ってくるはずだった魚を逃がしてると思うんですね。特にデカいヤツほど!なので、大きいルアーで魚に一発で見つけてもらって、一撃で仕留める、というのが理想です。食わなかったら、ずっとそのスポットに置いて(放置)おけば”一投”ですからね。ラバージグはその放置が出来るのも強み!
ちなみに、ラバージグのアクションについてですが、ラバージグは”落ちてる時”と”放置”が一番釣れます。釣れるアクションのさせ方とか無いです。アクションさせるのは移動させる為だけですので、ズル引きか、ヌーッと動かして、なるべくラインで水を動かさないように注意します。

③強いタックルが使える

ルアーが何でも良いならデカバスを安心してキャッチ出来る強いタックルを使いたいというのが個人的な考えです。

以上の三つがラバージグをベースとして使う主な理由です。

 

(名作フラットバック!おすすめのラバージグです)

 

もっとアピールを上げたい場合はスピナーベイトになるし、弱くしたい場合はテキサスやノーシンカーにしたりと臨機応変に。ポイントやレンジに合ったルアーセレクトは大事です。でもどのルアーで、どんなテクニックで、というのは二の次の話です。何度も言いますが釣りは場所ですよ!

 

(こちらも名作スピナーベイト ハイピッチャー)

 

(テキサスリグでおすすめのワームです)

 

 

 

 



Pocket

デカバスを釣る為に大切な事とは?ルアーなんて何でも良い?!part.1

Pocket

image

誤解を恐れずに言えば、

釣れる時は何(のルアー)でも釣れる。

と思っています。
そんな事よりも、一番大事な事は

場所

です。釣りは場所が9割です。なので、

その日、その時に一番強い場所を探して釣る

という事を、私は目指しています。
このポイントを、どういうルアーで、どういうテクニックで釣るか?などという事は二の次です。
この強い場所をいかに効率よく探せて、リズム良く釣れるかがキーです。

釣れる場所さえ見つければ、後はタイミングを合わせれば、どんなルアーでも釣れる(針さえ付いてれば良い?!笑)と思っています。
(釣れる場所で、タイミングが合わなかった場合でも、無理矢理口を使わせる、という作法も有りますが、あくまでベースの考えは前述の通り)

僕の釣りは全て、そこを基準に始まります。

何でも良いと思っているので、ルアー選択で優先させる事柄は…
・しっかり入れれて、引ける
・魚に見つけてもらえる
・掛けて獲れる
です。
そして、それをクリアしてくれるのが、僕のベースとなるルアー
ラバージグ
です。

次は、そのラバージグについて。
続く

(注)書いた事はあくまで僕個人の考えです。バス釣りには色んな流派が有り、それがまた強い魅力なのだと思います。その数ある流派の中で、自分はこれを選び、実践していますという話であって、他を否定するものでは有りません。なので批判は受け付けておりません笑 悪しからず。

image

それなのに、次から次に、ルアーが増えていくのは何故ですか?(苦笑)

Pocket