カテゴリー別アーカイブ: 遠賀川釣行

朝練強化期間

Pocket

29tue
朝練@遠賀川

サウザージョンボートで出撃。

キャスト杯が終わった事も有り、
時間を作って、朝練に出ていこうかと思い

スタートから帰着まできっちり三時間タイマーをかけて(そうしないと延々釣りを続けてしまうので)釣行スタートです。

たった三時間(実質二時間半くらい)の為に、釣り場までドライブして、カートップの準備&片付けはダルいですが、

ここ最近の大会の内容を考えると…
じっとしてはいられません。戒めとして朝練です!

の前に、グチャグチャなVS3078を簡単に整理♪

image

下段の左上はプラグ(大きめ)スペースにしていますが、

image

コイツらをイン。

image

↑こちらは、サブの外部プラグBOXへ異動の人達。
そういや、今年はあんまりトップで釣ってないなあ…

BOXいじりはこの辺にしといて、

最近、上流スロープから上の、イヌナキや上流ばかりやっていたので、中~下流のリサーチをする事に。

特訓のテーマは「レベルアップ」ですので、
楽しいカバー撃ちは控えて、今まで苦手だったエリアや、いつもと違う攻め方をやっていきます。

うーん、これはこれで新鮮で楽しい(笑)
“いつも”の遠賀も、違って見えてきます。

しかし、中々魚からの反応は貰えず(汗)

下流のインターセクションでスイムジグにワンチェイスで終了!(⬅結局カバーやっとるやん(怒))

image

一応、スイムジグはスイムジグでも、いつもと違うジグを試しました。
針がデカクて良いやんと思いましたが、トレーラーが引っ掛かります。デカけりゃ良いってものでも無かったです。

image

普段、使っているオメガジグは、ロールが出るのですが、コイツは出ない。何気に普段使ってるやつのポテンシャルを垣間見たような気がします。テキトーに安かったから選んだやつなんですけどね。

明日も時間作れれば出ようと思います。

Pocket

2015年9月20.21日遠賀川支流ボート釣行

Pocket

20sun

サウザージョンボート釣行@遠賀川上流スロープエリア

image

14時すぎよりスタート!

連休なのにそんなに人多くないかな?と思ったけど、10艇くらい帰った後らしかった。(Nさん談)

あえて遅く出て人的プレッシャー回避作戦成功。(単に寝たいだけ?笑)

本日のプランは、マンメイドのディープメイン。

そういう所にデカいのが居る。

なんて意気込んで釣りをするも

何も無し(汗)

水も悪いです。ブクブクしてる感じ。

もがき苦しみ、日没寸前まで釣りをして、
image

チャターでめざしが釣れただけでした(笑)

image

久しぶりに行くと知らない流れ込みが出来ていて驚きました。


 

21mon

サウザージョンボート釣行@遠賀川支流

image

3ヶ月ぶりくらいに支流の調査に行きました。支流に出せるのもジョンボートの良い所!

トッパーの大会ですが、遠賀川のボートの大会で、車でスタートして、遠賀川水系であればどこに降ろしてもOK(例えばトーナメントエリアに降ろす人もいれば、直方市役所前から降ろす人もいるみたいな)みたいなフォーマットでやっているらしい。そういうのも面白いですよね。ジョンならではみたいな。

この日の釣行のテーマはクランキングと、スラップショットのテスト。

まずは沖の地形をワイルドハンチで流すもノー感じ。

この日差しじゃカバーかなと、地形変化の絡む鉄板カバーに、スラップショットで送り込むジグはもちろん、フラットバックジグ+ブラッシュホッグ。

”ヌッ”みたいな、アタリ?って分かりにくい違和感が有ったので、竿できいてみるも分からず、、、食い直すかもと思って、竿を倒してテンションフリーにすると、BMSがスーッと入りました。
image

800くらいの魚。

image

食い直したのか、食い上げていただけなのか分かりませんが、意外と丸呑み(汗)

↑の魚の場合もそうですが、自分はBMSの色付きの部分に結んでいる事も多々、、、

wpid-dsc_2355.jpgこれも、

wpid-dsc_0569.jpg

これも。

あまり気にしていません。色付きラインでも普通に食います。どうせクリアでも見えているんですよ。

 

釣れたピンから外れたカバーでは何も起らず移動を決意。

下流は、車から見て水がバッドだったので、上流へ上がると

ヤブの中で、しかもこんな真っ昼間暑い中、釣りしてるおかっぱりの人が!

ハチマルさんでした笑

お誘いさせていただき、同船釣行スタートです!

ハチマルさんのロッドは73remix一本!ボックスにはビックベイト(怪しいブツを含む)とシャトル+スタッガー7しか入っていないという相変わらずな男前スタイル。

それではという事で、こちらも返す刀でガンタレル(笑)

image

石の岬でキロちょいくらいの元気なバスが来ました。岬の先端に入れて、巻き落としながら、3メートルほど引いた所で食ってきました。針の掛かり方を見ると、上流側から横から頭付近を狙ったバイトでした。(↑フロントフックを外して撮影しています)

その後は、

ガンタレルを巻きながら、気になる所はジグやバックスライド系を入れていく。

ガンタレルを橋脚へ入れて、ラインがフックに絡んでしまい、ヨコヨコでシェイクしながら引いてくると、40〜40後半×4匹のバスがチェイスしてくる!も食わず。

でも、それ以外は何も起きません。タフです。

時間も終わりに近づき、二本目が釣れたエリアへ入り直します。より丁寧に細かくきざむイメージでチョイスしたルアーは、Bカスタムチャター3/8+デスアダー5。これを石の岬に角度を変えながら何度も通し直します。すると、

image

image

image

グワシ(笑)

image

ガンタレルfishが釣れた岬で来ました。長いけどガリガリ(泣)

ビックベイトやスピナーベイトだと1投勝負なイメージですが、チャターやスイムジグだとビビらせずに何度も入れる事が出来るのが良いです。

追加フィッシュを期待して頑張りましたが、その後は何も起きませんでした。
image

頑張り過ぎて、帰りはこんな暗さになってしまいました。反省です。危険ですので明るいうちに上がるようにしましょう。

 

Pocket

遠賀川おかっぱり

Pocket

1tue

朝練おかっぱり@遠賀川水系

支流犬鳴川にイン。

image

犬鳴川濁り入ってます。

ボート釣行で言ってるイヌナキと、おかっぱりで言う犬鳴は別々の川です。

ボート釣行:遠賀川(上流スロープエリア)の支流としてのイヌナキ川。堰で区切られていますので、魚は遠賀川の魚です。(魚は堰より上には上がれないようになっている)

おかっぱり:本当の?犬鳴川。犬鳴川は遠賀川と合流する遠賀川水系の支流です。釣りDVDなどで登場する、有名な「イヌナキの堰」より上が犬鳴川。堰より下は遠賀川となります。

ボーターの言うイヌナキと、おかっぱりで言う犬鳴って違うんです。ややこしくて、遠賀川水系で釣りを始めた時に、混乱した部分なので説明させていただきました。

犬鳴上流の水門付近をやりましたが

image

こいつのみ(汗)遠賀川はライギョも釣れるのでエイリアンペンチ必携です。

image

針曲がってます。すごいパワーです。
image

今日のボックス


2wed

おかっぱり朝練@遠賀川

相方と出撃。
image

犬鳴最上流→遠賀川本流上流スロープエリアへと釣り下っていくもNOフィッシュでした。

犬鳴の最上流や、支流の水路でガンタレルやジョイクロに数回チェイス有るも食わせれず。

オンガ様、中々釣らせてくれません。

1日に、遠賀川水系で58cm出たらしいですけど。

image

仲間からラインで送られてきた画像。遠賀川上流スロープにこんな立て札が出来たそうです。

 

Pocket

遠賀川優勝パターン

Pocket

遠賀川 バス釣り 大会

2015年8月18日の遠賀川バス釣り大会CBAC第4戦に参戦し、優勝&BF賞を獲得しました。

リザルトは、主催のハチマルさんBlogをご覧下さい。

さて、当日の釣り方は↓

ジグ BMS ディトネーター

ディトネーター×フラットバックジグ1/2×NEW BMS AZAYAKA20lb

このタックルでほとんどのバイトを獲りました。

エリアはドッグスクールのカバーです。大会中ほとんどの時間をここに費やしました。あまりにバイトが出るので、陣取っていました。

wpid-dsc_1752.jpg

(↑Nさん)

wpid-dsc_1751.jpg

(↑前回優勝者のながれさんもこのエリアで釣っていた)

人気エリアだけに、他の船も、この狭い支流に入ってくるので、釣れてないオーラを出し、ペ○ン師と呼ばれました(笑)

wpid-1439889462667.jpg

ニヤニヤしているからバレバレだとNさんには言われましたが。(↑激写されていました!)

wpid-dsc_1767.jpg

始めはデスアダーホッグ4のテキサスでカバーを撃っていき、2本掛けるもバラしました。

これは良く無いと、バイトの出方を変える為に、フラットバックジグ1/2+でスアダーホッグ4にルアーチェンジすると、これが功を制し、1200弱、1700(BF賞)と立て続けにゲットし、10時頃にリミットメイク。相方が朝イチに犬鳴川で1000を釣っていてくれましたので(シャッドテール系の巻き)。

これで3本で、3900gあったのですが、遠賀川のポテンシャルを考えると、全然安心出来るウェイトでは無かったので、2Kのビッグを求めに他のエリアへ行くも

wpid-dsc_1762.jpg

新幹線橋脚の大場所でこのサイズ(笑)で、ちょいちょい中流域もやるけど無いねと。ドッグスクールに戻りました。

ドッグスクールに戻って、ルアーの違いを試したくなり、ジグのトレーラーをブラッシュホッグに変更。ウェイトは貫通力を高める為に、3/4にウェイトUPしました。それですぐに920を釣るも、続かず。

次に、デスアダーホッグ4のTXにラバーを付けたものを使うも、ジグの方がリズムが合う。フラットバックジグ1/2に戻して(トレーラーはブラッシュホッグに変更。始めデスアダーホッグ4だったのは、テキサスとジグの違いを試したかったから)にするとバイトが出だして、1250をゲットし入れ替え成功となりました。

フラットバックジグ1/2が当たりでしたね。

テキサスで掛けた魚より、ジグに変えて釣れた魚の方がサイズが良かったです。ジグはデカバスが釣れるというのは本当でした。

トレーラーはデスアダーホッグ4とブラッシュホッグでバイトの差はさほど感じませんでしたが、ジグのウェイトは1/2が良かったです。入れば良いやと思ったので、3/4を使ってみましたがバイト数に差が出ました。逆が効く時もありますので、釣れない時はウェイトを変えてみるのも手です。

キモだったのは、カバーの最奥に入れる事と、放置が効きました。

最奥に入れると魚のサイズが大きいのと、バイトの数が違います。

バイトはステイ中に集中しましたので、良い所に入ったら、ひたすら放置していました。居ればすぐ食ってくるのですが、カバー下の岸ギリギリの所を通ってバスがどんどん入ってきていましたので、魚が来るまでジグを置いておくと、見つけて食ってくれるという感じです。良い魚は薄いカバーではなかなか口を使ってくれないのですが、濃いカバーの最奥では比較的簡単に食ってくれます。だから良い所に入れたのにすぐにピックアップしたら勿体ないですよ。

ステイ中のジグの動画です。

【フラットバックジグ1/2+ブラッシュホッグ】

まず、ジグのラバーは、タイイングワイヤーより上の短くカットした部分と、通常の長さのラバー部分を作ることで、ピリピリとモワモワの二つの別々の視覚的効果で誘います。

トレーラーのブラッシュホッグは二枚のハンドが大きく水を受けて、ルアー全体に揺らぎを与えます。長めのテールがグネグネとバスを誘います。

放置が苦手という声を聞くのですが、これを見ると、何もしなくてもジグが艶かしく動いている事が分かります。これめちゃ釣れそうと思いませんか?

でっかい手長エビが足をピリピリさせながらボケっとカバーに隠れているようなイメージです。

これを想像しながら、キャストしたらスマホいじるなり、お菓子を一口たべるなり、コーヒーを飲むなりしていたらBMSがスーッと入る訳です!(笑)

wpid-dsc_1737.jpg

そうそう、サンラインのFCスナイパーBMSを使えば目視の感度が飛躍的に上がります。下手に高級ロッドを買うより、このラインにした方が沢山バイトがとれるのでおすすめです。

wpid-dsc_1742.jpg

新しいBMSは、グリーン、グレーのカラーがプラスされていました。よりオシャレでテンションが上がります(笑)

今回は、一応、6日前にボートプラに入ったのですが、当日とは全く違う状況で、あまり参考になる感じでも無く、自信が無いまま挑んだのですが、逆にそれが良かったように思えます。

前日プラで良い思いとかすると、その思い出巡りで痛い目に合う事は多々経験。。状況が1日でガラッと変わる事も有る”川”ならなおさら。見えていないだけに、特にプランを決めずに、普段の釣りのようにフラットな気持ちで釣りが展開出来ました。ウイニングエリアのドッグスクールも相方の助言で”なんとなく”入っただけですから(笑)それが当たってくれて良かったです。てか、いつも相方の助言で助けられているような。。。

もう一つ、無謀なハイウェイトを目指さず、釣れる場所でコツコツウェイトを積んだ事も良かったです。スーパービッグを獲りにいきたい気持ちもありましたが、一度は動きましたが、釣れているエリアでコツコツ粘る事で、着実にスコアを伸ばせたし、他の人に入られる事も防げた。ドッグスクールには他の船も入ってきていたので、同じ事をされていたらやられていたかもしれない。やりきったし、これで勝てなかったら仕方ないねという気持ちでした。

wpid-1428998660255.jpg

(2015CBAC第1戦優勝)

wpid-1439887679739.jpg

(2015CBAC第4戦優勝)

2015CBAC今期二勝目で最高の気分です。

あまり調子に乗ると良い事有りませんので(笑)この辺にして、次へ向けて練習あるのみです。

皆さんお疲れ様でした。

 

 

Pocket

おかっぱり朝練遠賀川

Pocket

21 Fri

@遠賀川おかっぱり朝練

image(使用ルアー)

菜の花大橋→ドッグスクール→新幹線橋脚と入るもNFで終了。

先日の遠賀川バス釣り大会のウイニングエリアである、ドッグスクールでは、バスの姿を確認できましたが、釣りきれず。

ロッドはキスラー・ヘリウム3 69MH一本で回りました。おかっぱりの時は、コイツが活躍する事が多いです。何でも竿。


22 Sat

@遠賀川支流おかっぱり朝練

image

今日は本流の練習では無く、釣果を求め支流に癒しを求めに。

濁り&増水という事で、カバーをジグ&フロッグのみを持ってテンポ良く回る事に。

ジグロッドはディトネーター。フロッグはキスラーヘリウム3 69H。

image犬鳴川のセブン前〜上流に釣り上がっていきました。なかなか魚っ気のある場所を見つけられません。

宮若市役所のエリアでジグ+ブラッシュホッグにバイトをもらうもノラず。

今日は釣りたかったんだけどなあ。。バス君とのタイミング合わずで上がりました。

 

Pocket

優勝!遠賀川バス釣り大会2015.8月CBAC第四戦

Pocket

image

2015.8.18
遠賀川バス釣り大会CBAC第4戦

相方と参戦し、結果は優勝でした。

3本リミットの4050gで、2位に1140g差をつけてCBAC今季2勝目。1700gでBF賞も獲得しました。

image

ディトネーター×フラットバックジグ×BMS

今日のMVP。
この1本で、下は920~上は1700+αまでバラシもありましたが、10本ほど掛けてリミットメイク&入れ替えをしました。

詳細はまた後日。

Pocket

8月遠賀川バス釣り大会・プラクティス

Pocket

16sun

@遠賀川おかっぱり/ CBACプラ

まずは犬鳴の堰に入る。相変わらず先行者が5名。

でも今日は釣るのが目的じゃないので、これはこれでOK。

先行者に釣れたかを聞けば良いのである。(笑)

聞いてみると、釣れていないとの事。ベイトは見たとの事でしたので、念のためリアクションチェリーリグを投入して探るも無。

移動。新幹線橋脚へ。

この頃から雨が強くなり、レインを持って来ていなかったので橋の下で釣りをする事に。ショップのおかっぱり大会が行われているようで、橋の下は銀座状態。まあ、これも今日はOK。周りを観察させていただきます。

周りは釣れていないようでしたが、エスケープツインの2.7gTXをずる引きしていると、コンとバイトが有り、700くらいのが釣れる。

image

移動。菜の花橋へ。

同じく雨が避けれるので菜の花橋の下で釣りをしようと思いましたが、先行者が。ここは足場が狭いので釣りは断念。

釣れましたか?と聞くと、小さいのが1本釣れたそう。

少し雨足が弱くなったので、ちょい下流にある支流へ移動すると、ここにも先行者が…まあ良い。いざヒアリング!(笑)二本釣れたとの情報を受け、ここも自分が入るスペースは無い為、更に下流のストレッチへ。

おかっぱりでここに入るのは初めてだったので、高い位置から観察しているとボイル発生。ここはイケると判断し、マル秘ルアーをキャストすると炸裂しました!

image

1300くらい。

その後もボイルが起っていたので、ルアーをローテーションしていくも追加する事は出来ませんでした。10時になる前に撤収。

1300がバイトしてきたスポット、一見何も無いように見えるのですが、同じスポットで何度もボイルが起きていて、補食場になっているようでした。再び高い場所に上がり、観察すると、ちょっとした地形の変化になっていました。

明後日の遠賀川バス釣り大会CBACは、ボートの大会となりますが、

おかっぱりから別の視点でエリアを見れて、新たな発見がありました。

image

使用ルアーです。

 

 

Pocket

遠賀川バス釣り大会・プラ 増水→カバー?

Pocket

12 wed
@遠賀川
遠賀川バス釣り大会CBACプラ
サウザージョンボートで出撃。

image

image

image

イヌナキでエスケープツインやデスアダーホッグのTXにくるも、全て700くらいのやつ。

下流~上流までやりましたが、これといったものは掴めませんでした(汗)

今までの考えでは、増水した時は、支流や逆ワンドなどの、流れを避けれるエリアのカバー狙いメインで、良い魚が1本くらいは獲れるような感覚でした。増水や荒れたコンディションは好きでした。
でも、最近外す事が多くなってます。
まあ、みんな同じ事考えるから、叩かれまくってるのも有ると思います。

外す覚悟で、別の事練習していかないと、ダメですね。目先の釣果を求めていたら上手くなりませんね。
沢山釣れる事と上手くなる事は別です。

まあ、今練習しても、大会には(四日後)間に合わないでしょうけど、そんな事を思いました。

大会は、やれる事をやりきるのみです。後は日頃の行い!(笑)ゴミでも拾っておきます。

image

途中物凄い雨と風で、車へ避難しました。どのくらいかってゆーと、二馬力で走ってて、顔に水かぶるくらいです。濡れて寒かったです。
危険を感じて避難して良かったです。
皆さんも無理は禁物で遊んで下さいね。

image

一つ発見。デスアダーホッグはカラーによって固さが違いますが、固いやつの方がスイミング(フォール)させてる時のアクションが良い。柔らかいやつは回転します。柔らかければ良いってものでも無いのですね。※7gTXで使いました。
ちなみに、上の二色がハード。下の二色はソフトです。

Pocket

遠賀川おかっぱり。新幹線橋脚ポイント

Pocket

8 sat
朝練@遠賀川おかっぱり

18日のcbac遠賀川バス釣り大会に向けて、ボートエリア(上流スロープ)のリサーチです。

image

朝5:00すぎに旧堰に着くと、先行者8名(汗)+ボートが1艇。

ガンタレルでサーチするもノーチェイスなので、エスケープツイン2.7TXに変更すると

image

800ちょい
アクションはボトムをスッ、スッと引いてくるとラインが走りました。

付近は10センチくらいのベイトが追われていました。

2回周りも釣れてましたが、サイズが同じくらいのやつだったので移動。

菜の花橋、新幹線橋脚を攻めましたが、その後は何も有りませんでした。

image

【新幹線橋脚】
人気というか人が多いポイントです。
プレッシャーがかかっていますが、タイミング次第で50UPもサス大場所です。

こんなにネガカルか!と久々におかっぱりからここを攻めて思いました。

沖にはブレイクもありますが、おかっぱりから届く範囲は1メートル前後のフラットな地形です。ボトムには石が沢山入っているので根掛かりに注意して下さい。

ルアーは信じられるルアーで、根がからないやつなら何でも良いと思います。僕はエスケープツインの軽めのテキサスリグで、6フィート9インチのMHのロッドに14ポンドのフロロというタックルを使いました。でもルアーより大事なのはタイミングです。

ベイトがいるかを観察したり、流れを意識して下さい。
その状況下で流れの効いている所にバスが居るのか?流れを嫌っているのか?を考えるのが凄く大事です。大まかな基本としてはミクロ(スポット)ではなく、マクロ(エリア)で考えて下さい。

同じポイントでも南風だとカレントが早くなるし、無風や東西風だと普通。北風だとカレントが止まります。けど、北風でカレントが止まっても、その下は流れてたりします。ポイントの性質は常に変化して行きます。(遠賀川上流スロープエリアの話です!)

何気に凄く大事な事を言ったつもりです。ルアーが何かより、気にしてみて下さい。

ウンチクご清聴ありがとうございました!

image

明日は小野湖バス釣り大会・PBT 2015年第4戦に参加してきます。

PBTはノンボーターで参加させていただいてます。パートナー次第でどんな釣りになるかが予測出来ませんので、自分なりに色んな状況に対応出来る準備をしていきます。かつコンパクトにまとめなければいけません。

今回はお守り代わりにタリズマンを購入しました。今のところノーミスの縁起の良いフックです。アノストに使います。
アノスト7→2/0、アノスト5→1/0を使っていましたが、思うところが有り今回はワンサイズ下げてみます。

それでは明日に備えて残りの準備をやっていきます。

Pocket

遠賀川でガンタレルフィッシュ

Pocket

IMG_0599

IMG_0602

ガンタレル 遠賀川 インプレ

Photo by sense

29Wed

@Onga river

昼からサウザージョンボートで出撃。

上流の工事の影響で凄い濁りが入っていました。

水位は唐熊1.84とかなり減水状態。

Nサンが出ていて「イヌナキで釣ったよ」との情報でイヌナキにイン。真ん中でボイルがあっていたので、ガンタレルを投入すると1300のヘルシーフィッシュが遊んでくれました。

パチーンと着水&フラットボディのフラッシングで寄せて、巻き始めでズドン、のイメージ。追われていたのはギル?フナ?タナゴ?体高のあるベイト(ちょっとカラフル)でした。本流の水を嫌ってバックウォーターが異なるイヌナキに入るパターン。250サイズのボラが大量に居ました。

帰りしなに新幹線橋脚でノンキーをエスケープツインTXでゲット。

実釣1時間くらいの釣行でしたが楽しい遠賀川でした。

 

■過去のガンタレルインプレ記事←を紹介しておきます。

 

Pocket