カテゴリー別アーカイブ: PBT

2016年小野湖GFFOに参戦。

9月11日

@小野湖

GFFOに参加。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-4-03-19

80艇156名の参加。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-4-06-08

結果はこの1本で終了。

2本リミットの大会(優勝予想は2K×2本で4K)でしたので、水深5mのビッグフィッシュのスポットで回遊待ち。

同じスポットで浮く何艇かビッグフィッシュを抜いていましたが、コチラには来ず。

バンクでキーパーサイズが釣れているのを何度も見かけましたが、粘り続けました。フットボール、メタル、ネコ、スプリットショット、ヘビースピナーベイトなどをローテーションしていきました。

ラスト1時間でゼロ帰着はマズいという事で、キーパーを釣りに行き、バンクでスワンプネコにて1本キャッチして終了。

ハメようとするとハズしますね。

「ここで釣りたい」よりもバスさんのニーズに応えなければいけませんでした。

優勝された方はフットボール+UVSCで2Kオーバー×2本を持ち込んでおられました。九州から参加の方で初小野湖だったそうです(驚)BF賞は2600gオーバー。小野湖のポテンシャルは凄い。

img_0218

運営のPBTの皆様お疲れさまです!悔しい結果に終わりましたが、楽しい大会でした。また来年も楽しみにしています。

 

 

 

2015 GFFO @小野湖【詳細】テキサスリグの有効性

2015年9月13日に行なわれた小野湖バス釣り大会GFFO(PBT主催)の釣行詳細です。

wpid-dsc_2179.jpg

wpid-dsc_2182.jpg

↑前日にリグったルアーです。

大会の4日前にプラに入り、厚東、大田、中流全てをチェック(かなりテンポ早いです)した結果、橋脚から、キーパーサイズではありますが、ポロポロとバスの反応が得られました。

8月のキャスト杯で、自分含め、上位入賞者も、橋脚から魚が獲れていましたので、キーパー場として比較的安定感があるかなと。魚は散っているとの予想の元、コンタクトポイントとしても橋脚が有望だろう。ホームの遠賀川でも橋脚LOVEですので、これを期待して本番にのぞみました。

プラで反応が合ったディーパーレンジ3/4を使い、フォローでハンツ3/8+キッカーバグ3.5のフォール&ステイといった釣りを準備。

 

蛇足ですが、フットボールは3/8クラスはOSPのハンツかFINAのシューティングボールを使う事が多いです。

1/2クラスだと、ハンツかオーバルヘッドのどちらか。オーバルヘッドの方がフットボールらしい形をしています。ハンツはコンパクトなシルエットになります。

5/8〜はオーバルヘッドを使っています。オーバルヘッドは新しいタイプが出ていますが、旧タイプしか使った事が有りません。新タイプ(針が違う)を大会の前に買おうとしましたが、怖くて買えませんでした(笑)本番ではいつもと違う事をしたくないからです。

ハンツとシューティングボールは針が大きめな所が気に入っています。ハンツはヘッド塗装が溶けてグズグズになってくる所が嫌ですが、安くてどこでも売っているが良いです。ワームキーパー部分は、どちらも良い所悪い所が有り、まあ、使うトレーラーによって変えれば良いと思います。

オーバルヘッドは安いから使ってみましたが、普通に釣れるので信頼感も有り、そのまま使っています。

 

話はGFFOに戻ります。

当日、スタートしてすぐに向かったのは、スロープ前の橋です。

先のディーパーレンジ、フットボールを入れますが反応無し。

いれば一発で食ってくるはずですので、移動を決めます。

10分でプラン崩壊(笑)

僅かな期待を持ちつつ、消去の為に、厚東の橋脚に向かう。

厚東の橋脚には船団が出来ていました。

水も止まっていて悪かったし、生命感が感じられませんでしたので、橋脚の手前で引き返しました。
image

大田と中流どちらに向かうか迷いましたが、川以外を見たいという事で中流を選択。そして、そのまま最後まで中流で釣りをしました。

中流へ向かう道中はデスアダーホッグ4の21gテキサスを撃ちながら進みました。今回、このリグで魚を釣る事は出来なかったのですが、厚めのゴミ破れるし、深めの場所でもスピーディに入れ込めるし、ハイバイパスで動きながらサーチする時には、このリグは使えるなあと思いました。

wpid-dsc_1674.jpg

デスアダーホッグにはこだわりが有り、マテリアルが硬いものを使います。カラーによって硬さが全然違います。写真の下の二つは柔らかいカラー、上の二つが硬いカラーです。

■追記
image
10ナチュラルプロブルーも硬いマテリアル

硬いのを使う理由は針持ちが良いからです。テンポ良く撃っていく時に針先がワームを突き破って、交換なんてしてるとリズムが悪くなります。それから、重めのシンカーを使う時は硬いやつの方が動きが良いです。柔らかいとくるくる回ってしまう事が有ります。

 

釣れていないルアーでも語りますよ〜(笑)釣れたルアーでないと語ってはいけないなんて事は無いのです。

 

んで、そのまま中流域を釣りしていると、三連ワンドの岬で他の船がヒットしているのを目撃。

付近の岬やストレッチを、手を変え品を変え釣っていきますが、こちらには反応無し。

三連ワンドの終わりくらいで折り返し、流れの効いていた大田に戻るか、このまま中流を釣るか、相方と相談しながら撃ち直していくと、

先ほどのヒット目撃岬にてエスケープツインの9gテキサスでヒット!

image

Photo by hachimaru san

これが今回唯一の魚で1200ちょいのナイスサイズでした。

目撃した魚も、橋脚で釣れていたようなキーパーサイズでは無かった為、ここは良い魚が回ってくると確信し、そこで粘る事に。

隣で釣りをしていた船にもバスがヒット。

やっぱり魚入ってきてる。

そして最後までその岬で粘るも、その後はまさかのノーバイト(泣)早い時間だけの祭りだったのでしょうか。

小野湖 GFFO PBT

1本でウェインで、34位でした。

今回多用したテキサスリグですが、実は去年まではあまり好きでは無く、使っていませんでした。

相方が良くテキサスで釣るので、影響されて使い始めたのが去年の暮れあたり。今ではマイブーム的な、かなり使用頻度の高いリグになっています。

いや、なんとなく、テキサスは数釣りのリグというか、デカいの釣るならやっぱりジグでしょ(笑)みたいなのがあったんですね。

でも、テキサス使ってみると、当然の事ながら数も釣れるし、大きいのも釣れる。ジグより微調整がし易いという所が凄く良い。

同じワームを使いながら、シンカーでレンジも変えれるし、フックも変えれる。シンカーもストッパー付きかフリーかで釣る魚を変えていける。

何を今更という感じも有りますが、テキサスリグって使い易くてやっぱり王道ですよね。

知らないフィールドに行く事が増えて、テキサスリグの有効性に気づいた今日この頃です。

それから、テキサスリグで釣ったら、小細工無しというか、何かエラい気分になるのは僕だけでしょうか?(笑)image

tyoさんハチマルさん

遠賀川のデカバス有名人と、CBAC主催者のお二人。小野湖初挑戦で3本掛けて2本ウェイン流石です!

 

 

image

78さんはデカバスGETされていました!

九州から参戦の皆さんお疲れさまでした。

image

GFFO来年もまた参加したいです。結果が…悔しすぎる(笑)

 

 

 

2015年GFFO@小野湖 結果は…

image

2015年9月13日GFFO@小野湖に相方と参戦してきました。
(GFFO=Grand Fishing Festa ONO)

image

結果は34位と、目標の優勝には遥か及ばず…。

悔しい~。
帰りに食べた宇部ラーメンは涙の味しかしませんでした。

遠くから来たのに!(笑)

けど、参加して良かったです。

とても楽しい大会でした。主催のPBTの皆様、運営ってきっと大変な仕事だったと思いますが、凄く良い大会をありがとうございました☆

沢山のメーカーが協賛していたり、
熱いバサーが沢山居たり、
何より、宇部市が後援していたり。
それを見れただけで嬉しいです。

バスとバス釣りが大好きなんです。

今回は釣れてくれなかったから、小野湖のバスは嫌い(笑)

あまのじゃくなんですかね?
僕って、みんなに人気の有るものってあんまり好きくない。
バスって悪者にされてるじゃないですか?だから好きなんだと思う。

もっと認めてもらいたい。バスの素晴らしさに気づいてもらいたい。そんな風に思います。

みんなバスが好きだから、こうやって集まったんでしょうね。

それだけで充分過ぎるくらい、GFFOに参加して、感じる事ができて良かったです。

image

image

んで、もっと釣ってきたかった。。。
悔しすぎて仕事が手につきません(笑)

釣りの内容はまた次で。

image

(優勝はブッチギリウェイト!凄いですね)

image

(粗品GET!(笑))

image

そして、宇部ラーメンは豪グサでした…。(おいしかったですよ!)

2015年8月小野湖バス釣り大会PBT【詳細】

さて、何を更新しようかと考えてみたら、まだ2015年8月PBT@小野湖戦の事を書いていませんでした。

ペア戦だったのですが、同船させていただいた田中プロがリミットの3本を釣り(自分も一応1本釣ったが入らなかった)、自分が語るよりもこちら

今回のウイニングリグ
今回のウイニングメソッド

田中プロのブログをご覧いただければと思います(笑)

image

ルアーはこちらの”ブリトロ”がはまっていました。
ウェイトは1/2だったと思うのですが、これを ロードランナーハードベイトスペシャル760LというLパワーのロッドを使っていたのが印象的でした。

それから、ブリトロのブレード。これが有るのと無いのとでは釣れてくるサイズが違いました。有る方がデカいのきてました。

ブレードというファクターを自分の駒でやるとスピナーベイトになるので、ハイピッチャーの5/8でやりましたが、ブリトロの強すぎず弱すぎないパワー、コンパクトにまとまったシルエットがハマっていて、スピナーベイトにはノラないアタリが出るのみでした。

同じくオーバルヘッドジグ1/2にバルビュータをセットしたスイムジグを通すも、こちらもダメ。

リグの差+腕の差が歴然と出ました(汗)

あれから”ブリトロ”考えてみたけど、コンパクトスピナーベイトとも違う、普通のスイムジグとも違う、
ディープクランクやディープマジックとも違う、何ともおいしいとこ取りのリグだなあという気がしています。

前回の弥栄戦同様、他の方、特に知らない方と同船出来るペア戦は毎回とても勉強になり、楽しいです!

もう1つ驚いた事もありました。
三位の方の、前日プラでの2Kフィッシュを仕留めた釣り、大会当日もその釣りで魚を獲られておりましたが、それが全く同じパターンでした。ボトムの岩を感じながらフットボールを巻いてくるというものです。
それから、二位の方のコメント、「朝の短い時間にバイトが集中した」というのも、こちらも9時から9:40で3本リミットメイクしたので、一致しました。エリアはこちらがコトウ川筋、二位の方は大田川筋と別であるにもかかわらずです。特別風が吹き出したとかでは無かったと記憶しています。

バスってやっぱり再現性がある魚なんですね~

image

といった感じで、僕はコトウの橋脚でコンバットクランクの320で600くらいの釣っただけで、優勝にあずかれました。これもペア戦の醍醐味(笑)

以上、小野湖バス釣り大会PBTの詳細でした。

んで、日曜日はキャスト杯@小野湖に参戦です。

他の方のブログを見ると、台風通過後とあって、フィールドコンディションは増水&ゴミだらけだそうで…
(台風の被害に合われた方もおられるそうで、そちらは本当に大変だったと思います)

全く違うレイクになっていると思われますので、その時々の魚を追えるようにやってみます。

前日にプラ入れるかな…どうかな?って感じです。
世捨て人のように、月の半分はボートを出していた昨年~今年頭に比べ、今はなかなか現場に出れていませんが、それも釣り。
もっと行きたいですが、釣りに行けるだけでも感謝しないとですね。有難うございます。

では!

PBT2015.7.12 弥栄ダムバス釣り大会【詳細】

12sun
@弥栄ダム(in山口/広島)
PBT 2015 第三戦

image

中国地方の猛者達が山口県のフィールドをトレイルするPBTというペアトーナメントに初参戦してきました。
例によって、誰も知り合いが居ない、完全飛び込み参加です笑

image

今回の舞台は、山口県と広島県にまたがる弥栄ダムです。
ラージだけでなくロクマル級のフロリダも居て一発が有るビックバスレイク。
大会前の評判では、小バス地獄という地獄と化しているとかいないとか。

image

ロケーションは最高のフィールドです!

image

当日ミーティングでのくじ引きでボーター×ノンボーターの組み合わせが決まります。

image

ペアになったのは河口さんというベテランの方でした!背中から出るオーラが半端無い。
聞くと、暫定年間一位だそうで!
今日はイケる!(笑)と思いました(他力本願)。

普段はどんな釣りをしているのか?とか話をしたり、弥栄ダムの経験は三年前に一度だけという自分に、状況やプランなどを優しく教えて下さいました。
河口さんが大会当日の詳しいレポートを投稿されておられますのでご紹介させていただきます。 河口さんPBTレポート

そんな感じで、当日のポイント選択からゲーム展開まで、全て河口さんにお任せさせていただき、
自分は、好きな釣りをやらせていただきました。
河口さんは、僕の印象では、魚探を駆使して、とても丁寧でテクニカルな釣りをされておられるアングラーのようでして(レポートからも釣りへの真面目さ、マメさが伝わります!!)、
バックシートから、同じような事をしても通用しないなと直ぐに思いましたので(汗)、
地元九州でいつもやっている釣り、表層の釣りやジグの釣り、ミドル~ディープにはフットボールとアノストなどで展開していきました。

大会が始まり、最初に入ったのは、5メートルにギルが溜まるワンド。
河口さんは魚探を見て、とっさにメタルバイブのシューティング!
完全に、僕のこの時期の引き出しに無い釣りでして、興味津々で見ていると、バシャバシャバシャっとものの数分でファーストフィッシュをGET!!しかし、キーパー(30㎝)には届かず…。その後も河口さんは数匹をGETするも、ノンキーが続く。当然、僕にはノーバイツ。

という訳でエリア移動。
インレットが有る、小さなアームへ入ります。

インレットにはゴミ溜まりが有り、さらにその奥にはスペースが。これは正に、CBACの芹川ダム戦でフロッグで50クラスを掛けた時と同じシチュエーション。

image

結構距離があったのですが、ゴミ溜まりの、更に奥、インレットのドンツキ目掛けて、OSP/スピンテールフロッグをキャスト。ドリフト気味に引いて、バンクすれすれ水深30㎝くらいの所に差し掛かった刹那、ゴミ溜まりの下からロケットが飛んで来ました!
ゴボォという音を立てて、スピンテールフロッグが水中に引き込まれる。”頼む”と心の中で唱えて、キスラーヘリウム3 69H+PE54lbでフルフッキング!ズシリとしっかりとした重量感を感じる。「乗った!」
ゴリ巻きし、ボート際でジャンプしそうなバスを二度三度いなし、河口さんがスタンバってくれていたネットへ送り込む。獲った。弥栄ダムの大会ファーストフィッシュは1275gのナイスバス。やったね!と河口さんとガッチリ握手。
(この方相当フロッグをやりこんでます。ランディングするまでの一連の流れはフロッグに慣れた方そのものでした)とレポートではお褒めを頂いておりました。

このアームには生命感が有り、続くと思い、次はミドルレンジにアノスト5.5の3.5gネコを送り込むと、コッ と微かなバイト。半信半疑で送り込み、スウィープで合わせると走るライン。バスだ。と、直後に一気にテンションゼロになる。アノストにはガッツリ歯形が残っていました。

image
(画像は丸山ダムの時のものですが)

もうね、これ、最近、何度も同じミスしています。ガード付キャプテンフックを使って居たのですが、私のアワセ方が悪いのか、ノラない(汗)
丸山の時は、リューギのタリズマンというガード無しのフックに、大会前夜に急遽変更し、このフックではキロ後半×2をノーミスで上顎の固い所にばっちりフッキングさせる事に成功。
只、今回の弥栄ダムは、スタンプ系のストラクチャーが多く、根掛かりが凄いのと、ノンボーターですし、ペア戦ですので、頻繁に根掛かりさせているとリズムが悪くなるという事も有り、ガード付キャプテンフックを選択していました。

これ以降、釣れない時間が続く。
小バス地獄という名の地獄すら味わえず?残り時間は二時間を切っていた。

終盤に差し掛かり、入ったポイントは、
” プラクティスでデカバスをかけたパターンにすがる思いで、レンタルボート事務所裏の大岩が沈んでいるワンドの岬の8~9mのハンプから10mに落ちるエッジをメタルバイブやテキサスで狙ってみます(─Kawaguchi report)”
てな場所です。

私は、初め、トリックワームの3.5TXでやっていたのですが、反応が無いなあ、と思ってピックアップしてきたトリックワームにキーパーサイズのバスがチェイスして来ました。

バス浮いてる?と思い、BOXを開く。。このタイミングで強い雨が降り出しました。
BOX内のガンタレルと目が合う。

image

↑地元のレイクギルで、大荒れした日に、ガンタレルで5fish+10数チェイスした事がフラッシュバックし、コレだ!と思いました。大雨の降り始めはバスがバカになるのです。

ガンタレルをヘラクレス7に結び、バンクから5メートルくらいの所にベッターンと、ガンタレル特有の着水音を出しながら投げ込んでいきます。

スローに、バスにじっくり見せて浮かせるイメージでリトリーブしていると、リトリーブが止まりました。重い。完全にオープンウォーターの中層なので、根掛かりは有り得ません。フルフッキングでズシリと生命的重量感。ノった!
ゴリ巻きでボート際まで寄せて見えた魚体は確実にキッカーサイズ。緊張感が高まる。ボート際で真下に潜り込むような凄いファイトで、ヘラクレス7がバットから絞り込まれますが、耐えていると自然にバスが浮いてきます。曲がらない竿だと、バスが暴れたり、身切れします。リアフックのみ掛かっていましたので、一回だけいなし、河口さんのネットへ送り込みます。入った!
( 「デカイ!ヤッター!ヨーシッ!」喚起の雄叫びが高架にに反響して響き渡ります。─Kawaguchi report )
2キロは有りそうなキッカーフィッシュでした!
「これは、BF賞もらったね!」と河口さん。感動と興奮で手とヒザが震えました。

ラスト一時間半、二人でスロープ周辺を、最後まで諦めずにキャストし続ける。

ベイトは差していたのですが、バスからの反応は得られずにそのまま終了…。

検量です!

image

リミットメイク出来たのは3/12艇。
アベレージは小さめ(小バス地獄はやはりあったらしい)で、キロUPが入るか入らないかで、上位に絡めるかどうかといった様子。

河口/永松艇のウェインはラストツー。

image

2本で3240g
大きい方は1960g有りました。
暫定一位&BF賞!でしたが…

image

田中プロ/村田艇
3本4100gで見事リミットメイク。最後で一位をひっくり返されました。田中プロは2000gを持ち込みBF賞まで持っていきました。
エスケープツインのTX、ラッテリーのネコリグ、チャンクローのTXなどで入れ替えまでされていたようで、流石です!

image

2000gのバスはサワガニを吐き出ていたようです。結構小さいサワガニを食っているのだなと思いました(ツメはドライブクロー3って感じ)。釣れたのは”結構深い”と言っておられまして、浅いとこでサワガニ食う魚が、どうしてそんなに落ちたのか?と不思議がっていたのが印象的でした。本湖にあるその岩盤エリアは、僕達も釣りをしていて、ただ、僕達は浅い所を釣っていたようです。しかし、浅い所にも魚は居た(見えバス)し、深い所でビッグが出たり、魚は広く散っていたのかな?というのが感想です。ヒットルアーはエスケープツインの7gTXだそうです。

image

河口さんお疲れ様でした。ありがとうございました。

image

結果は二位で悔しかったですが、自分の好きなスタイルをやり切って、それで魚も出たので、とても充実した釣りでした。
広島まで来たかいがありました。

image

五時間半かけて帰りました。遠い。
もうちょい近ければ、遊びにでも行くのにな。大会が無ければ行きません(笑)

image

次は2015.7.26のcast杯丸山ダム戦(今月4戦目!)です。前回の借りは返せるのか?

⬛タックルデータ

ガンタレル用:ヘラクレス7/クロナーク151HG/フロロ20lb

スピンテールフロッグ用:キスラーヘリウム3 69H/07メタニウム7/PE54lb/

アノスト5.5(3.5gネコ)用/NFC Jcustom2.0 PSR610ML/レアニウム2500/PE1.5号+ハリス1.75号

 

ガンタレルインプレ記事←こちらもよろしくお願いします。

フロッグとガンタレルで二位入賞

@弥栄ダム PBT2015.7月

image

image

 

image

ガンタレルとスピンテールフロッグで2本3240g。
惜しくも二位でした!
あと1本が獲れなかった。ぶち悔しい!笑

厳しいコンディションでしたが、自分のスタイルをやりきりました…。

とりあえず更新で、詳しくはまた。

image

今からロングドライブ。
安全運転で帰ります。

PBT弥栄ダムバス釣り大会

image

@弥栄ダム バス釣り大会 PBT2015.7月

明日のPBT弥栄ダム戦に、ノンボーターで参戦してきます。

image

山口県と広島県の県境にある弥栄ダム。
三年前くらいに1度行った事があるくらいで、経験値はほぼ0です。
前回は、ノンキー1本で終了でした…。
ウェインを目標に頑張ってきます笑

状況は分からない上に、ノンボーターの為、タックルに迷いますが、

ディトネーター 70X
ヘラクレス7 70H
キスラーヘリウム3 69MH
ブルーマイスター 67MH
フォースグランディス 66M
Jcustom PSR610ML

の6本をセレクト。
大体どこのフィールドでも通用すると思っている、汎用性の高い、お気に入りのロッド達です!

image

コーヒー飲みながら、音楽かけながら、運転するのは好きです。
Go to Wide Island!!