2本キャッチしたのはZOOM/UVSC・9gテキサスリグ

2016年冬の遠賀川戦優勝時のルアーとタックルのお話。

勝ったやつの話なんて聞きたくない!と思われる方も、一生懸命書いたので見て欲しいです(笑)

image

前日に組んだのは5セット。
メインとして11gチェリーリグ。フォローの5gリアクションDS。横を引く駒はソウルシャッド。カバー絡みは9gTX。くわせのスイムベイトです。

朝一のマンメイドでリアクションDS(とワサビー)を15分投げて、エレキで移動時にソウルシャッドを投げました。スイムベイトとチェリーリグは触っていません。

image

残りの95%の時間は9gのテキサスリグ(ペグ有2.5cm)。ワームはZOOM/UVSC。
予想以上に強い濁りに加えて、増水傾向でしたのでシャローカバーをやりました。

9gテキサスの使い方は、ストンと落とすリアクションです。狙っている事は、11gチェリーリグと同じ。単純にカバーの中=重いテキサス、マンメイド=チェリーリグという使い分けです。

(冬に)何故リアクションにこだわるのか?

理由は、釣りが早いというのが一つ。

もう一つは、バイトが強く出易い。というもの。クワセの釣りで「バイトは有るんだけど…」というのを良く聞きますが、リアクションだとフックアップ率が抜群に上がる。バイト数=フックアップ数となります。

低水温期で、バイト数に大きく差が出ないのであれば、僕はクワセよりリアクションを選びます。キャッチ数が上がるからです。

image

3日前、2日前と半日ずつプラに入りましたが、新たなスポット探しの魚探がけをしつつ、3.5gのドロップショットと5gのエスケープツインをずっと投げてました。クワセの釣りでどのくらいバイトが出るかを知りたかったのです。結果はNB。それで当日やる釣りが絞れました。
NBだったのは下手だからでは無いと信じたいです(笑)

image

9gのテキサスにUVSCをチョイスした理由は、コンパクトでいてしっかり波動が出るからです。
これを、例えばストレートワームで同じパワーを出すとなれば、5〜6インチの長さになります。
コンパクトであれば、バスがくわえた時にフックポイントがちゃんと口に入ってくれる。

ボディ目一杯に大きなフックを背負える事もこのワームのメリット。(4/0でも良いかもしれませんが、基本小針志向)

image

使用したフックはFINAのFPPオフセット3/0(左)です。この試合で2bites2fishノーミスで獲れたのは、このストレートタイプのオフセットによる所が大きい。

ウェイトは7gより、カバーに入り易く、ボートディスタンスをとっても投げ易い9g。※当日は風速8m

image

(↑これはオキチョビークロー)

注意点は、UVSC(他のZOOMワームも)はカラーによって全然マテリアルが違う事です。ものによっては水温が低いと動かないカラーも有ります。ZOOMのオキチョビークローは好きなカラーですがボディが硬い為冬は使わない。画像のグリパンブルーフレーク(←これもまた似たカラーが何種類か有るんです)はモチッとしたマテリアルでしっかり動きます。それでいて針モチも良い。困った事に同じグリパン系でもカラーによって全然マテリアルが違う(オキチョビークローのグリパン部分のようにツルッとしたものは硬い)ので、購入時にはチェックが必要です。まあ、豊富なカラーラインナップがZOOMの良さでも有るんですけど。

スクリーンショット 2016-01-20 11.25.45

オオツカの通販がUVSCのカラー在庫半端ないです!見てると楽しい。

とまあ、かなりエラそうに語りましたが、UVSCをまともに投入したの初めてです(笑)あくまで参考程度にお願いします。

image

このリグに使用した、溺愛のキスラー・ヘリウム3/69MH×07メタニウムMg7×FCスナイパーBMS14lbは2戦連続のウイニングタックルとなりました。前回はカバーでは無く、マンメイドのチェリーリグで使用。これでスイムジグやスピナーベイトもやるし、1年中常にデッキに積んでいるセットです。

実は、獲れた2本中、1本は掛けた後、アシに引っかかっていたんです。でも針とライン(前日に全て新品に巻き替え)を信用して、落ち着いてボートで近寄り、キャッチ出来ました。本当にタックルバランスというのは大切です。特に1バイトが貴重なこの時期はなおさら。

触った魚は掛ける、掛けた魚は獲る。とても大事な事です。もっと練習していこうと思います。

 

 

 

 

質問への回答です。暇な方だけ見て下さい。

今回の冬の遠賀川上流戦について、Sさんから、質問をいただきましたのでお答えさせていただきます。

つらつらと僕の考えを書いて有るだけですので、退屈な文だと思います(笑)見たく無い人はここで退室して下さい。(本当は読んで欲しく無い)

今回の作戦は、というよりはいつもですが、作戦が無いのが作戦でした。

作戦を決めても、自分の想像力ごとき、魚を読むのは不可能だと何度も痛感しましたので、当日のフィールドを見て、”勘”で動くようにしています。それから、作戦が有ると、過去の思い出に捕われて、素直に動けませんので。僕は出来るだけ初めて来た人になりきります(笑)!←これが一番難しいのですが…

んで、今回二本とも、釣れたバスは水深50cm〜90cmのシャローカバー(Sさん、ボトムは、多分砂か土で微妙です)なのですが、そこは越冬場なの?という事でしたが、

冬であってもシャローカバーだろうが、激流の中だろうが、サンドバーだろうが、浅瀬の石の上だろうが、バスはどこにでも居ます。

バスは見えなくても居ますから。って頭おかしい人の発言じゃなくて、保護色のようにボトムと同化しているバスや、こっちが見つける前に逃げてるかです。

なので、ごくごくシンプルに、この瞬間良い場所はどこだろう、と考えて動くだけです。冬だから…という決めつけは良く無いです。

なので、質問にあったように、エスケープしていた魚だったのか、というようにロジカルに考えた訳ではなく、

風が当たっていない場所、濁り&増水でカバー

という、バス釣りをやる人なら誰でも知っている事をやってみたというだけでして、本当にそれ以上の事は何も考えていません。後は勘です。勘はめっちゃ大事にしてます。

勘ってテキトーなようで、実は、頭が過去の事象を瞬時に処理して出しているすっげーデータらしい、と、どこかで聞きました。

何か、勘の話みたくなってしまいましたが(汗)、これが本当の事ですのですみません。きっとSさんの方がバスの事に詳しいと思います(笑)

※これらは遠賀川での経験のみで話してます。止水域とかだとまた違うかも知れません。

 

 

 

2016年遠賀川バス釣り大会CBAC優勝しました。

本日(2016年1月19日)行われた2016年遠賀川バス釣り大会CBAC第1戦、優勝しました。先月のWJ杯@遠賀川上流から二連勝です。

image

(怒っているのでは無く、前方から凄い風を受けています)

GoProで撮影していたのですが、肝心な魚の部分が撮れておらず(泣)ハチマルさん撮影の画像を拝借させていただきました!

福岡県(というか日本中?)は寒波到来で、この冬初の積雪&強風の一日。

なんですが、こういうコンディションは嫌いじゃありません。それには自分なりの理由が有るのですが。一つは単純にフィッシングプレッシャーです。

でも、急な濁りが入ってて、思った通りの展開なんて出来なくて、偶然ですが、二本巡り会う事が出来ました。

本音を言うならば、この天気ですので、ビッグを狙っていましたのでそれを獲りたかった。BF賞は主催のハチマルさんが獲得(おめでとうございます&悔しい)。

でも2016年&ステーサーの初陣を勝ちで飾れたのは良かったです。

最後に、当日に6名ほど?不参加が有ったほどのハードコンディションでしたが、その中であっても、参加された皆様お疲れさまでした!

image

ウイニングタックルです。こちらはまた紹介させていただきます。

 

2016年遠賀川バス釣り大会CBAC

image

今日から火曜日の遠賀川バス釣り大会CBACのプラ!
2016年は第一戦が一月スタート。素敵。

プラって、いつも出てるやん。
いやいや、普段は基本0か100かみたいな釣りしてますからね(笑)
試合の釣りは全く別。

かと言って、試合で本気で挑んでも0な事沢山有りますが!

ヘタクソですけど、有り難い事に練習には出れますので、頑張って練習しますよ。

image

前回の反省をふまえ、今日から変なモノは食いません。12月のWJ杯は試合中に薬飲みましたから。大変でした…笑

ちなみに今日は資さんうどん←は世界うまいものランキングTOP5に入ると思っています。何でもイケてます。

でも心配なのは、前日のCBAC新年会。

呑むか呑ませるか。

戦いは前夜から始まっている?(笑)

16-01-10-00-32-25-075_deco.jpg

どなたでも参加OKですので、希望の方はコンタクト下さい。

厳しい季節ですが、釣れても釣れなくても得るもの沢山有りますし、何より楽しい集まりです。

バス釣りに使うライン選び。下巻きはPE。※追記有り

 

スクリーンショット 2016-01-15 20.19.35

スクリーンショット 2016-01-15 20.20.06

スクリーンショット 2016-01-15 20.20.39

スクリーンショット 2016-01-15 20.21.11

 

各ラインの比較(lb/径/価格-巻量)をしてみました。以下データの実売価格はあくまで参考です。比較したのは上のFCスナイパー、R18、T7、デッドオアアライブの4つ。

・FCスナイパー(&AZAYAKA)

7 /0.245/¥1212-100m(¥1212-75m)
14 /0.330/¥1404-100m(¥1404-75m)
16 /0.350/¥1404-100m(¥1404-75m)
18 /0.365/¥1404-100m(¥1404-75m)
20 /0.380/¥1404-100m(¥1404-75m)
価格は14〜20は統一価格。ライトラインはそれより少し安めの設定。AZAYAKAは巻量が-25m。
径が太めなのは、アメリカ市場を意識しているからでしょうか。アメリカ人は太さなんて細かい事気にしてなさそう(笑)同じポンド数なら(根ズレに)強い方が良いねみたく…。アチラのトーナメントシャツにSUNLINEのロゴは良く見ます。

R18 BASS
7 /0.220/¥1860-160m
14 /0.310/¥1980-160m
16 /0.330/¥1980-160m
20 /0.370/¥1980-160m
こちらもライトラインと14〜20で価格が少しですが違います。こちら、安いですし良く使ってます。

・HARDCORE T7
7 /0.220/¥1296-80m
14 /0.310/¥1296-80m
16 /0.330/¥1296-80m
18 /0.350/¥1296-80m
20 /0.370/¥1296-80m
このラインは(多分)最近出たものですが、18lbの設定が有り、しかも18lbの径が細いという事で買ってみました。

デッドオアアライブ-フロロ
7 /0.218/¥1458-150m
14 /0.310/¥1782-150m
16 /0.330/¥1782-150m
18 /0.370/¥1620-100m
20 /0.405/¥1620-100m
太いラインは100m巻き。価格はバラバラ。7lbの径は4コ中一番細い設定。逆に20lbは一番太い。これも安くて良く買ってました。ポンドシールが付いていて便利。

バス釣りに使うライン選びって結構迷ったりしませんか?皆さんはどういう風にラインを選んでいるのでしょうか。お察しの通り、僕は価格面を結構重視しています(笑)ポンド別に使うラインを分けてみようかなあ、なんて考えたりしてて、メモ代わりに更新してみました。

ちなみに、僕は下巻きにPEを20m〜40mほど入れて、その上にロングリーダー的にラインを巻いたりもします。ラインを巻く量はベイトフィネスだと20mとか、普通の14lbとかだったら35m前後。まあ、釣りによっても変わります。巻物や遠投を多用する時にはフロロ75mとかを普通に入れます。

スピニングはずっとPE(0.8号か1号)です。リーダーは2ヒロくらい。釣りの間に切って短くなりますので。PEの接続ノットは普通に電車結びです。これで切れた事はまだ有りません。

下巻きをPEにすると、まず経済的です。80mのラインでも2回使える。

それからスプールが軽くなるので飛びます(別名:PESVスプール)

巻き替えも楽です。PEは巻きっぱなしでもある程度大丈夫ですよ。僕なんか1年くらいPE巻きっぱなしです笑  経済的な分、イトの巻き替えに積極的になれますしね。

デメリットは、結び目を巻き取る時にトップガイドで”カクッ”となるのが気持ち悪かったりします。

僕はほとんど使わないので分かりませんが、超軽量のルアーを投げる時はキャスト時に結び目が抵抗になるかもしれませんね。通常のウェイト帯(5g〜)でしたら気になりません。

いつも奇妙な事をやってますので、我がブログはあまり鵜呑みにはしないで下さい?(笑)

■追記

意外と反響が有り、感想を求められる事も有りましたので追記です。

まず、スプールがPEは空回りするのでは?という事でしたが、

”遠投を多用する時にはフロロ75mとかを普通に入れます。”

と↑に書いて有る通り、そもそも、エマージェンシー的な下巻きとしてのPE使用ですので、PEがほとんど出きってしまうという事を想定していません。

image

それでも出し切ってしまう事も有ります。具体的な例を挙げるとベイトフィネスです。リアクションDSや、小さなメタルをマンメイドにピッチングしたりするのが主な使い方ですが、同じタックルにシャッドを付けて飛ばしたい場面が有ります。その時はPEまで出てしまう事が有りますので、上の画像のようにマスキングテープで止めています。こうすると、結び目がフラットになってくれてひっかかる事が無いですし、空回りも防げます。

”デメリットは、結び目を巻き取る時にトップガイドで”カクッ”となるのが気持ち悪かったりします。”

↑は、スピニングやベイトフィネスのライトライン使用の場合は、結び目があまり大きく有りませんのでほとんど気になりません。

ノットに関しては、現場で早くできる事を重視して電車結びです。家で結んでくる場合はSFノットでやってくる事も有りますが、電車結びで充分だと感じています。4ポンド以下のラインは10年以上使っていないので分かりませんが、いつも使用している6ポンド以上だと、引っ張って切った場合、結び目では無く、リーダー部分が先に切れます。巻き付け回数は、PE部分4回のフロロ側は3回です。

PEのセッティング出しは簡単では有りませんが、色々と遊べます。例えば、アノストやメタルの釣りはPEの浮力を生かしてリーダー短め(手前に来すぎない)とか、ラインを沈めたい場合はフロロのリーダーを長めとか。状況に合わせてこまめにリーダー(太さを含め)を変える楽しさが有る。

image

この号のバサー、とても参考になります。

気になりすぎて、一冊持ってるのに、間違ってもう一冊買ったので二冊持っています(笑)欲しい方は一冊あげます。

 

とまあ、色々書かせていただきましたが、他のラインやノットと同じで、これが最強というのは有りません。有れば世の中にラインもノットの一種類ずつしか存在しないはずですからね。なので、あくまで僕の考えとして捉えていただければ幸いです。

 

福岡で最後の釣り

GoProショートムービーUPしました。※魚の映像は入っていません

2016年1月14日ガイド釣行@遠賀川上流

ポイント八幡本店の永井くんが、一時、広島県勤務になるという事で、福岡で最後の釣りをという事で、遠賀川ガイドへ。

image

ガルプシャワー!

image

エスケープツイン/チェリーリグにて、彼のロッドに重量感の有る重みがのったのですが、触覚が切れ歯形が残るエスケープツインだけ帰ってきました(泣)

一生懸命頑張ってガイドさせてもらいましたが、そのまま終了。永井くんは凄腕なので、ガイドの腕不足でした。が、あれやこれや話しながらの時間は楽しかったです。

また春、帰ってきたら遠賀川にリベンジ行きましょう。広島でも頑張って下さい☆

アルファスSVを1日使ってみて

本日は遠賀川上流に相方と出撃しました。
結果は、相方がチェリーリグでイチバラシ。ネットまで後少しだった(汗)

自分はNBでした。

今日は遠賀で52cmの2750gが出てましたね。凄い魚!

ルアーはビックベイトだったそうで。

個体数が減り、巨大化している遠賀バス。ライトリグでもボコボコに釣れる訳でも無く、ビックベイト系は効率良く、良い魚を引っ張れる。
今にリンクしているルアーの一つだと思います。
何より、使って、釣って楽しい。

遠賀水系で、この手のルアーは今年更に活躍するのでは無いでしょうか?
て、僕が今更言わなくても、良い思いしている人、沢山居ますね。

話は変わって、、

image

アルファスSV、1日+α使ってみての感想。
コンパクトで握り易く(僕は手が大きくない)、トラブルの少ないリールで、思った通り。良いです。
デザインもシンプルでカッコいい。

後は使っていって、良いところも悪いところも見えてくるでしょうから、そこも楽しみです。(また少し経ってからインプレしたいと思います)

用途としては、14lbや7lbを入れる、ライトゲーム用として使ってみます。

夕練

夕方の1時間ちょっとだけフィールドに出ました。

image

昨日仕入れたものを投げて来ましたが魚とはリンク出来ず。

image

がまWORM322の2/0はエスケープツインにセットするとこんな感じです。
後はサカナを掛けてみて、どうかです。

エスケープツインのフックは10種類ほどは試しました。テキサスリグでは、ほぼFPPオフセット(FINA)の2/0を使用しています。
フックはとても大事です。キャッチ率が全然変わってきます。

アルファスSVはキスラーヘリウム3.LMH68に乗せました。11gチェリーリグタックルで使用。

グリーンフィッシュからのハニスポ

本日は初めてグリーンフィッシュへ行きました。

というのも先月のWJ杯で、一本なのに余りにタフ過ぎてまぐれで優勝してしまった時に副賞で商品券をいただいていたのです。グランドラインからはロッド2本+ボイジャーバッテリー+エビス1ケース+ルアー3万分くらい?いただきましたので、ローカル大会なのに豪華です(笑) 良ければ皆さんも参加してみてはどうでしょうか→WJBT

image

コチラを購入させていただきました。ダイワの簡易包装はイケてますね。

オーナーと店長に久々にお会い出来、ちょっと話し込んでしまいました!営業の邪魔してすみません(汗)でも楽しかったです。

image

グリーンフィッシュ

福岡県京都郡苅田町与原2-1

バス用品豊富で見てるだけでも楽しいお店でした☆

次は福岡県の東→西へ移動し、ハニスポへ。

image

今日の仕入れ。こちらとボートオイルを。

憧れの(笑)チェリーリグをGET。

いや、今まで類似品を使っていたのですが、ハチマルさんに本家のチェリーリグをお恵みいただきまして使ってみた所、やっぱり本家は良い。この辺はまた別で書きたいと思います。
エスケープツインに合わせる用で、チェリーリグの赤(ガマカツWORM322)の2/0を。少し小さめフックに見えますが、考案者の荻野さんはこのサイズを使用しているようです。

買い物をUPするのってあんまりしなかったですが、2016年からはたまにやってみよう。気になるアイテムが出てきた時はコメント下さいね。出来る範囲でインプレとかもやってみます。

遠賀川バス釣りフルタイムガイド・永松こうへいOFFICIAL SITE