バス釣り 大会 三連戦

12 Thu

@秋の遠賀川

image

本日午後からヤバイの人と遠賀川へ。

湖上では釣りの話から人生の話etc

大好きなコーヒーを飲みながら遠賀川の秋を感じてきました♪

やはり釣りは良いですね!

え?魚の画像?

察して下さい(笑)

image

写真は昨日のCBACのウイニングスポット。

水はご覧の通りBADです。一見切り捨ててしまいそうな感じです。

でもベイトも居ましたし、バスも居ました。ワサビーで一本バラシ。

その後は下流のインターセクションでバズにワンバイト有るもノラず(汗)

お魚はまたお預けのようです。

明日も遠賀川先輩に稽古つけてもらいに行こうと思います。

次の日曜日は@遠賀川下流のロッドマンボートバス釣り大会RB2に参戦。もちろん11フィート+2馬力(笑)
ちなみに、ボートで遠賀川下流(JBエリア)をやるのは初めて。近くて遠いオンガ下流です。

image

来週火曜日はNK杯@大分県安岐ダムに参戦。

一週間で三つの大会に参戦はハードですが頑張ります。

image

遠賀川 バス釣り大会 CBAC 2015.11月 【詳細】

10 tue は前日プラに入りました。

メインで考えていた上流は触らずに、中〜下流を見ていくと

image

相方にヒット!

image

ジャンボグラブフィッシュ

プラですのでアワせませんがその他バイト数回。

不調だったエリアでの反応が良くなっている事に気づく。これは全体的に釣れるようになっているのか?それとも…


 

11 wed (CBAC遠賀川バス釣り大会当日)

プランは、サイレントキラー、バズ、ジャンボグラブの巻きの3本立てに、カバージグも用意。

※いくつかの画像はハチマルさんブログから拝借しました。

image

スタート!

上流に4〜5艇ほど上がっていったので、中流を選択。

 

バブルトルネード1/2で推定1500クラスのゲーリーの絵のようなメガバイト!けどルアーの5cm横ですけどバスさん…(笑)

上流組が下ってきたタイミングで上流へ侵入。

しかし、水も変わっていて、沈黙。

こりゃ良くなったんじゃ無くて変わったなあ(汗)

そこからはプラでやっていない場所も含め、釣り下りながら、下流のインターセクションにて1200クラスがサイレントキラーに突っ込んできてボート際でUターン(笑)

結果NFでした。

16名中、バスをキャッチしたエラい方は3名!

image

tyoさん

下流のインターセクションでキャッチ。50upをSドライブでバラしたそうです。流石、毎回釣ってこられます。

 

image

初参加のサングラスさんは1500overのキッカーをウェイン!中流の水道橋でキャッチされたそうです。

 

image

優勝は、初参加、WJBT代表の村上さん。おめでとうございます!

BF賞の1920gを頭に3本3770g。

場所はイヌナキで、ビビットテールの5gDSのズル引きで6本のバスをキャッチされたそう。流石です!そして悔しいです(笑)

どんなに厳しいと思っても誰かは必ず釣ってきます。確かに厳しいですが、上手い人は釣ってくる訳です。

上手くなれるように今日は午後から練習行ってきます!

運営のハチマルさん含め、参加された皆様お疲れさまでした☆

image

 

フック タックルバランス カルティバとがまを

大会前になると”フック”について考える機会が多くなります。

image

スライドスイマー用に
カルティバ/スティンガートレブルST46
がま/TREBLE RB HM
を準備しました。

今は沢山の種類のフックが出ています。

よく、カルティバは曲がると言われますが、実際曲がると思います。

反対にかたくて曲がらないフックも有りますが、折れる危険性は曲がるフックの方が低い訳です。
どちらを選ぶかは、その人のタックルやライン、釣るシチュエーション、フッキングの流派によって選べば良いと思います。ただ、曲がらない=正義とは限らないという点は知っておかなくてはなりませんね。

image

昨日のキハママヤさん同船釣行でも、フックとタックルバランスについて考えさせられるシーンが有りました。

彼は初め、メガバスのV9というスピナーベイトをキャストしていました。トレーラーフックを使わなくても良いように割りと大きめのフックが搭載されてあるスピナーベイトです。
トレーラーフックは付けない派の私好みのフックです。線径も比較的しっかりしたフックなので、カケれるロッドがベストです。

ところが、彼の使っていたロッドは割りとノセ重視のものでした。一応、メーカーはスピナーベイト用と謳っているアイテムです。で、デザインしたプロのDVDを観たことが有るのですが、、、、

字ばかりですかついてこれてますか?もう少しお付き合い下さい(笑)

そのロッドは恐らく(間違っていたらスミマセン)、霞のリーズフロントやジャカゴ的な所をボートからショートディスタンスで撃つみたいなシチュエーション(そのDVDのシーン)で使われているのでは無いのかなと思いました。それだとある程度のしなやかさがあっても良いからです。(感度もスピナーベイトだったら、操作感や前アタリが欲しくてある程度必要)

image

実は、そんな話をする前に一本ナイスバスがバレてしまっていたのです。ハートテールのNSで結構距離の有るところでのバイトだったのですが、フッキングが届かなかったのでしょう。ジャンプ二発目でバレてしまいました。

そこで見かねて、小さな親切大きなお世話で、
青木プロが使っているように、その竿に合うように、コンパクトなハイピッチャーにトレーラーフックを付けてやってみては?と提案させていただきました。

すると、見事にバスをキャッチ!

image

トレーラーフックへのフッキングでしたが掛かってくれていた。ちなみに、トレーラーフックは持っていなかったようでしたので僕のものを使ってもらいました。

皆さん、リールの知識はとても詳しかったりするのに、フックやタックルバランスなどは軽視されがちだと感じます。とても大切な事であるにもかかわらずです。

触って掛けれない、掛けても獲れないじゃ、投げる意味が無いようなもの。

触った魚は掛ける、掛けた魚は獲る

釣りの基本で有り、僕も目標にしているところです。

まあ、なかなか、一個一個のルアーに合わせてタックルを持ち込むのが困難な時も有りますよね。僕もジグタックルのフロロでフロッグ投げる時も有りますし…。

まずは好きなルアーを一つ決めて、それにバッチリなタックルを組む練習をするのは良い方法かもしれません。(僕の場合はスピナーベイトがそれでした。いや、その前の常吉リグか)

好きなプロの真似から始めてみて下さい。それから、自分なりにトライ&エラーすると良いと思います。

是非タックルバランスをもっと研究してみて下さい。僕も日々勉強中です。もっと獲れる魚を増やしていきましょう。

image

(↑↑どちらも番手は”1″)

かなり話がそれましたが…
ST46(左)はワイドでシャンクが短い。
MH(右)はシャンクが長くてスリム。
線径はST46の方が若干ですが太いような気がします。

ビックベイトの針は黒よりシルバーが好みです。

image

ティンセルを巻いて替えフックをStandby.
(ごっちゃごちゃ笑)

image

CBACまで後二日…。

CBAC参加者募集中です☆

久々に優しかった?! 秋の遠賀川

8 sun

朝練同船釣行@秋の遠賀川上流

19度〜

image

濁りが入って今日はイケる?!

image

世界のこうへい/キハママヤさん

本日のバックシートはキハママヤさん。僕は彼のブログの読者だったのですが、知り合い(次は行きましょうね)からの紹介で今回同船していただきました。

そして、釣果の方は…

image

キハママヤさんやってくれました。流石釣りウマさんでした!

ここの所、ホント、厳しい遠賀川でバックシートの方4人連続で釣れて居なかったのですが(汗)、価値有る1本!プリプリのナイスバスです。良かった〜☆

釣り方の詳細はキハママヤさんのブログにて紹介されると思います。Check it out!!

自分の方は…

ちゃっかり釣らせていただきました。
(例によってプラなのでルアーとエリアは秘密!)

image

image

一本目
ジグ+ブラッシュホッグ

image

image

image

(必死です笑)

image

二本目
サイレントキラー     こいつは追ってきてから喰うまでが丸見えでエキサイティングでした!

image

三本目
なんとかケープツイン(名前忘れた)のテキサス

image

四本目
なんとかツインのテキサス

五本目はスーパーブイフラットでバラシ(汗)

色んなルアーで反応が有りましたが、やっぱり”ジグ&ビックベイト=デカバス”です。釣れてきた魚の種類が違いました。

4時間半の実釣でしたが久々に遠賀川が優しかったです(泣)いつもこうだと良いのに…

キハママヤさんも釣れて、楽しい朝練になりました。キハママヤさんありがとうございます。

image

PS.
キハママヤさん、おすすめのやーつGETしときました!今度使い方教えて下さい(^o^)

 

 

秋の遠賀川 バズベイトフィッシュ

7 sat

朝練同船釣行@遠賀川上流

18度〜

 

バックシートはヤンハス似男前のOくんです。

image

image

用意してきたタックは24lb,24lb,20lbの3セット。手に握ってきたワームは9,8インチワームを3袋。
ストロングですねえ〜笑

image

本日もバズフィッシュ。V4バズです。エリアは上流。

何とか首の皮一枚繋がった感じですが、相変わらず厳しい秋の遠賀川。Oくんも頑張ってキャストしてもらいましたが、NFで終了でした。
同船釣行は今まで5名参加していただいたのですが、釣果は5名で1本だけという(汗)

同船釣行、CBACに参加される方は、アイアンハートの準備が必須です…。

サイレントキラーにブタバスが口を開けて襲ってきましたが、距離が無さすぎて掛けれずというシーンが有りました。かなり興奮して目に焼き付いてしまったので、フォローを入れてみたりしましたが、バイトには持ち込めずでした。

 

 

 

 

フィナ FPPオフセット フックの話

image

隙間時間を見つけて、エスケープツインを、フィックスアルアーで蘇生させました。今年はエスケープツインの消費量パンパない。

あ、これ、使い終わった筆は拭き取ってから戻さないと、中の液が固まってダメになるので注意です。その為にも僕はある程度溜まってから一気にやってます。

そして、そんなエスケープツインに合わせているフックの話。

image

フィナ・FPPオフセット
僕が現在愛用しているのがコレ。ストレートタイプのオフセットフックです。ツヤ消しマットがGood!!

image

去年の冬の遠賀川で、通常のオフセットフックを使い、↑↑写真のような薄皮一枚とか、バラシが続いた為、
ストレートタイプのオフセットに変えてみた所…

image

image

image

深い所にかかるようになり、ノーミス!でした。
シチュエーションは、マンメイドを3/8チェリーリグのリアクション釣るというものでした。

冬にフックを変えるというのは勇気が要りましたが、ズバリ吉とでました。

image

それ以来、ストレートタイプのオフセットフックを多用するようになりました。

しかし、このタイプ、あまり人気が無いのか、良いなと思ったりしても、廃盤になっていたり…
そして、市販されているものの中で見つけて気に入ったのがFPPでした。

この手のフックの中では、ゲイプが割りと深めでして、少しボリュームのあるワームにも対応するし、通常のオフセットフックに慣れている人でもあまり抵抗が無く使えると思います。

エスケープツインには3/0をメインに、浮力を生かしたい時や、針の存在感が気になる時に気分で2/0を使ったりもします。

image

(これは3/0)

潜って見た訳では無いですが、岸際で観察してみた限りでは、ゲイプが邪魔しない分横倒れし難くて、着底の姿勢も良くなっている気がします。リギングしても見た目がスマートで良いです。

注意点はタックルとフッキングです。

MHでソリッドティップのロッドをテストしていた時、これは、いつも使っているブルーマイスター67MHや、キスラーヘリウム3 69MHよりも柔らかいロッドだったのですが、2回連続でミスフッキング(3回目は成功)というのが有りました。いつもの感覚でアワせてしまっていたというのも原因でしたが、タックルバランスは重要です。これは針の形状からして、フッキングパワーが通常のオフセットより伝わりにくい為です。割としっかりフッキングをする必要が有ります。一般に至近距離に向くフックだとも言われていますね。自分はおかっぱり等で、20〜30m投げる時にも使っていますが。やはり、深くかかるのは魅力です。

これから、喰いがシブくなる時期に試してみてはいかがでしょうか?
おすすめです☆(廃盤にならない為にもおすすめしときます笑)

あ、針先ですが、薄皮一枚に埋め込んで、ワームがダメになってきたら、エンベッド(ストレートフック式に完全に埋め込む)にしています。二度おいしい。

スティックイット インプレ

image

image

image

↑↑ホントはこっちを付けたいが、ジョンに付けたら沈むな(笑)

image

こんなに曲げても折れません。
物干し竿的なもので自作できるのでは?という声も聞きますが、折れると思います。船体重量+人+流れで結構な負荷がかかるものです。

有効な使い方としては、遠賀川など、川で、沖のブレイクにステイしたい時。
周りに何も無いと、気づいたらポイントから外れてたりするものです。川なので流される(風が強い事もある)わけですね。そういう時に釣りに集中できます。

image

image

そんな使い方で、スティックイットデビュー戦@遠賀川ではコロンコロンのキロ後半を連発出来ました。

スティックイットが無かったら、一本目をルアーから外したりしているうちに流されてしまっていたはずです。そうすると一瞬のフィーディングを逃し、連発は無かったかもしれません(狙っていたのは沖のピン)。

エレキを踏まなくて良い事も大きいです。魚が入り続ける。

image

根掛かりを外す時にも、エレキを踏まなくて良いので便利です。

後は、離岸する時にスティックのみを使って、岸を蹴ったりするのにも使いますし、僕はやった事無いですが、マットに穴をあけるという使い方をする方もおられます。

CBACの仲間内でも装着している船が複数居ます。川ではやはり便利ですね。かさばりますので、止水域では持っていかないです。一度、小野湖の大会で、BWで使おうと持ち込みましたが、肝心の魚が居なくて使えず(笑)

長さは8フィートくらいかな?
11フィートのジョンボートに積んで、後ろギリギリに付けて寝かせて(ロッドを並べる風に)、頭がフットコンの横くらいまできます。注意点は8フィートが車に積めるかです。僕は裏技を使っていますが(笑)

結論を言うと、僕は付けて良かったです。無かったら無くても良いかもしれませんが、有ると使えます。下手なロッド一本買うより戦力アップになるかなという感覚で買いました。
おすすめです☆

■追記
Q.どんなに風が吹いても抜けないのか?
A.キチンと刺していれば、二人乗っていてもなかなか抜けません。

Q.簡単にささるものなのか?
A. スティックを上から体重をかけるようにしてやれば、結構簡単にささります。刺す場所は、砂地や、粘土を探して刺します。それっぽい所を目視やスティックでつついて探します。ロックエリアだと、岩と岩の間に刺して止めます。

タトゥーラHLC追加

image

タトゥーラHLC調子良いので、2台追加導入です!

image

やっぱり外せない07メタニウムmg7も一台追加。

~16lbは07メタニウム。
16~20lbにはタトゥーラHLC。
新しい布陣。とりあえずはこのフォーメーションでいってみます。

ギア比は全て7.0classで統一。ハンドルも全て左です。

リールには割と無頓着な自分でしたが、ここの所、色々と試す気になり、右巻き、ローギア〜ノーマルギア、も使ってみましたが、僕にはそれが合う。

リールは、他のタックルに比べると、割とどれでも良いとか思っているくらいですので、僕の意見をあまりアテにしない方が良いと思います(笑)悩むのが嫌なのでリールもなるべく統一したいというのが有ります。とりあえず、壊れない事が一番です!

あ、カバージグのタックルにだけは、タトゥーラHLCの8.1を乗せました。

こちらもよろしくお願いします↓↓

メインは07メタニウムmg

タトゥーラ&タトゥーラHLCゆるいインプレ

秋のバズベイト

4 wed

@遠賀川
水温は少し上昇の16度~

サウザージョンボートで出撃。

image

(今日もtyoさん出てます(笑))

今日は相方と昼から。

image

ずーっとNFで、ラスト15分でバズに出たブラックバス。
めちゃ嬉しかったです。

image

三分後にはバズでもう一本追加!

ルアーはバブルトルネード1/2。こいつは四月の遠賀川でも活躍した大好きなルアー。

image

良く飛び(ツインプロップで羽が小さい)、やかましいバズベイトです。使ったロッドはNFC PCR71MH でしたが、調子良かったです。投げれて、ノセれて、バラさない。リールはもちのろんハイギア。

■追記

秋のこの時期、バズが効く理由が、自分の中でこの動画の内容とリンクしたので、UPしておきます。

自分のオジは、その昔(現在トッパー)、バッグにバズと常吉リグだけを入れて釣りをしていたそう。氏曰く、他がダメな時に効く何かをバズは持っていると。

image

この魚までは、スイムジグにワンバイトあったのみ。
上流に見えバス多数で、翻弄され、時間を浪費。
最後は巻きまくって、あの魚にたどり着きました。場所はイヌナキです。ビックベイトを巻いてダメで、バズに変えて三投目の出来事でした。

他に分かった事は、大会の時間帯に合わせて朝に出るようにしていますが、昼からの方が釣れるだろう(←個人的実績から)と思っていましたが、全然そんな楽じゃ無かった(汗)

さて、遠賀川バス釣り大会CBACまで一週間となりました。
プラに行っておりますが、週末から三日間雨の予報ですので、またガラッと変わるんだろうなあ。温かい雨ですので、水温が下がってくれる事はほとんど期待出来ません。
プラの意味無くなったりして(汗)まあ、そんなものですよね。

どっちみち大会中も、プラするしない関係ないような釣りばかりしてますし。
遠賀はドSだし…
“逃げ”に行こうかなあ~(笑)

テキサスリグ 新しい釣りを覚える

2 mon

朝練同船釣行@11月の遠賀川
水温14.5~

サウザージョンボートで出撃。

image

本日のバックシートはイケメンMくん。バス釣りは今年から始めたという事ですが、すでにセンスを光らせておられました。偉そうな物言いに聞こえるかもしれませんが、凄く素直で、絶対に上手くなると思います。

好きなプロを聞くとキムケンと言う事で、新作のイヴォークシャッドを二ツも持っていました。僕の投げていたエスケープツインもスタッブクローに見えたらしい(笑)

image

ハチマルさん、ながれさんを発見。

んで、釣りをしていると、キムケンが居ました!何という偶然。

釣れて居ないのにテンションが最高潮に達する船内。

サインを貰いに行こうというということで上陸。ロケの邪魔にならない所で待機。

移動の前に気づいてくれて、快くサインをしてくれました。キムケンさんありがとうございました。

image

最高の笑顔のMくん。これが、昨日言ってた凄い事っていう話。いやー、偶然過ぎてびっくりしたけど、本当に嬉しそうで良かったです。

イヴォークシャッドのパッケージにサイン。油性ペンを貸してあげたのが僕の今日一番の仕事かな?(汗)

image

image

僕の方はプチカバーと橋脚で二本。どちらもエスケープツインTXにて。

やはり厳しい遠賀川で、MくんはNF。
懲りずにまた遠賀川に来て下さい。その時はイヴォークシャッドで釣りましょう!

続きを読む テキサスリグ 新しい釣りを覚える

遠賀川バス釣りフルタイムガイド・永松こうへいOFFICIAL SITE